誤解される「心理的要因」の意味

心理的要因の意味

| 〝心理的要因〟とは |


カウンセンリグだとか
心に関わる領域では、

「心理的要因」とか、
「精神的な要因」という言葉が
よく使われます。

どちらも同じような意味で使われます。

しかし、もしかすると
「心理的要因」という言葉が、

世間一般からは、
少し違う意味やイメージで
受け取られているかも知れません。


| 心で起こる体の病気 |


〝心身症〟とされる病態は、
以前には
「心で起こる体の病気」と呼ばれていました。

よくご存知の心療内科は、
元々の理念では
心身症の治療を行なう科目として
考えられていました。

そして、
厚生省(当時)が正式な科目として認める
そのずっと以前から、

独自に心療内科を設けて
治療に取り組んでいた病院があります

その出発点にあったのが
「心で起こる体の病気」という言葉です。

しかしこの言葉も、おそらく
「心理的要因」と同じように、
誤解して受け取られるかも知れません。

| 一般のイメージでは |


「心理的要因」だとか、
「心で起こる体の・・・」という
言われ方をされたときに、

おそらく、多くの人たちは
こう受け取ることでしょう。

本人(あるいは自分自身)が、
その病気や症状に対して
 主体的・自覚的に関わっているもの


・・・という意味として。

しかし、これらの言葉が
表そうとしているものは、
そのようなものではありません。

むしろ、
かなり違った意味合いがあります。


| 心のメカニズム |


たとえば
わたしたちには、

わたしたち自身でも
意識することの出来ない〝心の働き〟
というものが存在しています。

〝心的メカニズム〟とも云います。

それを
ウインドウズのパソコンに例えるなら、

モニターに映し出される
ウインドウズの姿の奥で、
目には見えない別のものが
システムを動かすために働いている・・・。

こうした〝心の働き・心的メカニズム〟が
存在することを
最初に発見したのは、フロイトでした。


「心理的要因」とか
「心で起こる体の病気」という言葉が
表そうとしているものは、

そのような
〝こころ全体〟のあり様を思い描いた上で
語られているものなのです。


ですから、
本人自身(自覚的な意識)でも
分からないことは少なくありません。

心理的要因と言われても、
 こんなこと、少しも思ってないのに
」と。

| 心の裏側で強く働くとき |


フロイトが見出した
〝心の働き・心のメカニズム〟そのものは、
特異なものではありません。

わたし達の意思とは関係なく、
「心」があらかじめ備えている
働きだからです。

人間であれば
誰にも存在するものです。


そして、
こうも云えるかも知れません。

その人にとって、
たとえば

ひどく葛藤に直面しているようなとき。

追い詰められた心境に陥っているとき。

ひどく苦しい状態・状況に置かれるとき。

耐え難い思いに置かれたとき。

・・・そうした状態に置かれると、

時にとして、心の奥で働くものの力が
とても強くなることが起きてきます
・・・・と。

| たとえば神経症など |


心の働き・心のメカニズムが
強く働くようになると、

それが、さまざまな症状や行動して
現れてくる場合があります。

たとえば、
昔から「神経症」と呼ばれる症状群などは
その一つの例です。


このようなときには、
たとえば
対話によるカウンセリングの中で

気持ちや問題などを
少しずつ、ご一緒に整理しながら
考えてゆくことで、

少し時間はかかるかも知れませんが、

心の奥で働いているものに、
寄り添ってゆくことが可能となります。


わたしたちは、
それ(心の働き)を、直接見たり
直接触れたりすることは出来ません。

でも、心の働きに寄り添いながら、
少しずつですが
考えてゆくことは出来るからです。

神経症とカウンセンリグ
     【臨床のはなし】
ストレスとストレス行動
  【ストレスをめぐって】
養老孟司さんのケース
     【こころの物語】
自律神経失調症について
      【 心と身体 】


カテゴリーカウンセリングの話



お読みいただけると幸いで
・・・・・・・・・・・








カウンセリング案内

森のこかげ トップページ

カウンセリングをお考えの方へ

ご質問にお答えして/ 目次

カウンセンリグの前に

ご相談者からの感想・言葉

カウンセンリグを経験して