誤解される「心理的要因」の意味


心理的要因と心のメカニズムについて

| はじめに |

カウンセリングも含め
心が関わる事柄や領域では

心理的要因」「精神的な要因
という言葉がよく使われます。

どちらも同じような意味としてあります。

しかし、もしかすると
この「心理的要因」という言葉が
世間では少し違う意味として
受け取られているかも知れません。

| 心で起こる体の病 |

〝心身(しんしん)症〟という
病態があります。

以前には「心で起こる体の病
と呼ばれていました。

よくご存じの心療内科ですが
元々の理念では
実は、心身症の治療を行なう科目として
設立されたものでした。

そして、厚生省(当時)が
正式な科目として認めるずっと以前から
独自に「心療内科」を設けて
治療に取り組んでいた病院があります。

その出発点にあったのが
心で起こる体の病」という言葉です。

しかしこの言葉も
おそらく「心理的要因」と同じように
誤解して受け取られるかも知れません。

| 世間のイメージでは |

「心理的要因」だとか
「心で起こる体の病」
などの云われ方をされた時に

おそらく、多くの人たちは
次のように受け取ることでしょう。

本人(あるいは自分自身)が
その病気や症状に対して
自覚的・主体的に関わっているもの
・・・という意味として。

しかし、これらの言葉が示すものは
そのような意味とは
かなり違った意味合いを持っています。


| 心的メカニズム |

たとえば、わたしたちには
自分でも意識することのない〝心の働き〟
というものが備わっています。

心的メカニズム〟とも云います。

それをwindowsのPCに喩えるなら

モニターに映し出される
ウインドウズの姿の奥で
目には見えない別のものが
システムを動かすために働いている。

こうした〝心の働き〟
(心的メカニズム)の存在を
最初に認識したのはフロイトでした。

心理的要因」だとか
心で起こる体の病」という言葉は

そのような「心の働き」
〝心的メカニズム〟の存在を認識した上で
語られているものです。

ですから
「心理的」要因と云うからといって

本人が「自覚的な意識」の上で
思考しているものとは
少し違う次元での物語になります。

       

| 反応性という言葉 |

たとえば、
分かりやすい例で申し上げると

彼女に振られて落ち込んでいる
・・・という事だけでしたら
それは「反応性」とされます。

心理的要因という言葉は
あまり使いません。

就職の面接で失敗して
後悔して自己嫌悪になった。
・・・というのでも反応性の状態です。

その原因と結果自体には
なんら不可知なものはないからです。

しかし、面接に失敗して
後悔して自己嫌悪に落ち込み

たとえば、部屋に閉じこもって
誰とも会わなくなってしまった
・・・としたら、
〝心理的要因〟が想定されます。

| 強く働くとき |

フロイトが認識した
〝心のメカニズム〟そのものは
特異なものではありません。

わたし達の意思とは関係なく
「心」があらかじめ備えている働きです。

人間であれば誰にも存在するものです。

そして、こうした〝心的メカニズム〟が
時として、
強く働くような事が起きてきます。

生きることは、誰にとっても
大変なことだからです。

| 神経症など |

心的メカニズム(心の奥で働くもの)
の力が大きくなると
それが様々な症状や行動として
現れて来るようになります。

たとえば、昔から
「神経症」と呼ばれる症状群などは
その中の一つの例です。

関連ページ
神経症とカウンセリング

神経症のカテゴリーに入りますが、
解離症状(解離性障害)なども

症状の奥に
〝心のメカニズム〟の働きを
想定しているからこそ
「解離」という名前になっています。

| 寄り添ってゆくこと |

このようなとき、たとえば
対話によるカウンセリングの中で

心や頭の中にあることを
ご一緒に少しずつ整理しながら
考えてゆくことで

少し時間はかかるかも知れませんが

心の奥で働いているものに
寄り添ってゆくことが、可能となります。

わたしたちは、
それ(心的メカニズムの働き)を
直接見たり・直接触れたりすることは
残念なから出来ません。

でも、その代わりに
心の働きに寄り添いながら、
一緒に考えることは出来るからです。

カテゴリー臨床のはなし