誤解される「心理的要因」の意味

カウンセリングと言葉

 | 心理的要因とは | 


カウンセリングや臨床では

「心理的要因」だとか
「精神的な要因」という言葉が
よく使われたりします。

どちらも同じような意味で
使われています。

しかし、もしかすると
「心理的要因」という云い方が
一般の方たちの中では

少し違った意味やイメージで、
受け取られているかも知れません。

| 心で起こる体の病気 | 


たとえば、
心身症は、以前には
「心で起こる体の病気」と
呼ばれていました。

厚生省(当時)が正式に認める前から、
「心療内科」を独自に設置して
治療に取り組んでいた病院があります。

その出発点にある言葉が
「心で起こる体の病気」という言葉でした。

この言葉も、おそらく
「心理的要因」と同じように
誤解して受け取られるかも知れません。

 | 違う意味がある | 


もしかすると、
「心理的要因」とか
「心で起こる・・・」

という云われ方をした時に

多くの方たちは
(少し理屈っぽい表現をすると)

その人本人(あるいは自分自身)が、
 その症状や病気に対して
 主体的に関わっている

・・・と云われているような、
気がするのではないでしょうか。

でも、これらの表現は、
そうした(主体的に関わっている)ことを
云っているのではありません。

むしろ、それとはかなり違う意味で
使われています。

 | こころのメカニズ | 


わたしたちには、わたしたち自身でも
自覚したり・
意識したり出来ない心の働きというものが、
存在しています。

それを
ウインドウズのパソコンに例えると、

モニターに映し出される
ウインドウズの姿の奥で

目には見えない、別のものが
システムを動かすために働いている・・・。

そうした
心の働き・心のメカニズムがあることを
最初に発見したのは、フロイトでした。

しかしそれは、
たとえば「気質」というもの
考えてみても、
よく分かるのでは、ないでしょうか。

「心理的要因」だとか
「精神的な要因」という言葉は

そのような「こころ全体」を指し示して
云っているものなのです。

ですから、
本人自身(本人の自覚的な意識)では
分からないことがあります。

「どうしてなんだろう」
「何故なんだろう」

「心理的と云われても、
 自分では少しも思っていないのに」

・・・ということが起きてきます。


| 心の裏側で強く働くとき | 


そのような〝心の働き〟
〝心のメカニズム〟そのものは、

おかしなことでもなければ、
異常なことでもありません。

わたしたちの意思とは関係なく、
「心」があらかじめ備えている
働きだからです。

そして、こうも云えるかも知れません。

その人にとって

ひどく葛藤を抱えるようなとき・・・

追い詰められた気持ちに
なっているようなとき・・・

ひどく苦しい状況に置かれたとき・・・

自分を見失うようなとき・・・

そうした状態のときに、

心の奥で働いているものの力が、
とても強くなることが起きてきます
・・・と。

こうした〝心の働き・メカニズム〟が
強く働くようになると、

時として、それが
いろいろな症状や行動として、
心・身の上に現れてくることが
起きてきます。

たとえば、むかしから
「神経症」と呼ばれている症状群などは、
そのひとつの例です。

このようなときには、
たとえばカウンセリングの場で

少しずつ、気持ちや問題を
ご一緒に整理しながら、考えてゆくことで

心の裏側で働いているものに、
寄り添ってゆくことが可能となります。

わたしたちは、
それ(心の働き)を直接みたり、
直接触れたりすることは出来ません。

でも、それに気づいて
一緒に考えてゆくことは出来るからです。


カテゴリーカウンセンリグの話

【カウンセリングの話】
▷ 記事はこちら
【 こころの物語 】
▷ 記事はこちら


お読みいいただけると幸いです
・・・・・・・・・・・・・・・・


初めての方へ

森のこかげ・カウンセリングルーム

面談へいらっしゃる方へ 

ご質問にお答えして/ 目次

カウンセンリグを経験して