「心因」について

| 内因性・外因性・心因性 |


伝統的な(臨床)精神医学では
むかしから
様々な病態について、

その病態の元にある発病要因を

内因性・外因性・心因性という
三つの領域に捉えてきました。


精神医学では以前から、内因性・外因性・
心因性の三つの原因領域を、区別して考
えていました。

心因性とは、心理的な要因が元になって
生じた病態について云われる言葉です。
昔から「抑うつ神経症」とか「神経性う
つ病」と云われてきた病像なども、もち
ろん「心因性」のカテゴリーに入ります。
というよりもむしろ、そういった神経症
性の病像こそ、心因性の病態の代表的な
ものなのです。

外因性というのは「器質性」というもの
と、だいたい同じ意味です。
身体あるいは脳に、具体的に確認できる
ような形で生じている疾患や病変によっ
て、二次的に心の症状や精神的な異常を
引き起しているものを指します。

そして、こうした心因性、外因性を除い
たものを「内因性の精神疾患」と呼んで
きました。
精神医学の中心的な病気、つまり統合失
調症、本格的なうつ病や躁うつ病、パラ
ノイアと呼ばれる妄想病、いわゆる非定
型精神病などは、すべて「内因性」に分
類されています。

精神医学という専門領域が、内科学から
分離して存在している理由。単なる心療
内科ではない精神科というものの存在意
味。それが内因性の疾患なのです。
もしそれが、「心因性」や「外因性」に
すべて解消してしまえるものならば、
精神医学の存在理由なんか、どこにもな
くなってしまうはずのものなのです。

  木村 敏 精神科医・精神病理学

| 心因性と心理的要因 |


心因あるいは心因性という言葉は、
上の説明にもあるように

心理的要因、という言葉と
同じ意味と考えられます。

心理系の領域では
心理的要因」という言葉が使われ、

精神医学の領域では
心因・心因性」が使われることが
多くなります。


| 心因性とは |


心因性について、
たんなる概念説明ではなく

臨床に即して語っているのが
神田橋條治氏(精神科医)です。

『神田橋條治 医学部講義』創元社から。



「心因」というのはどういうことか。
 たとえば、大阪の池田小学校で、たくさ
んの子どもさんが傷つけられたり、殺さ
れたりしたけれども、死んだ人は心因反
応を起こしません。
生きている人だけが起こすものです。

あの事件のとき、ケガをした人がいます。
そばにいて免れた人がいます。見ていた
だけの人がいます。話を聞いた人がいま
す。一つの事件だけど、関わり方によっ
て人それぞれ条件が違う。

やっぱり刺された人、ケガをした人がい
ちばんショックが大きかろう。見ていた
人はその次だろう。話を聞いた人、テレ
ビで見た小学生なんかも、何かのショッ
クを受けただろう。
人に現れる精神症状は、だいたいショッ
クの大きい人が重くて、小さい方が軽い
だろうと思うね。これはその通りです。

だけども、たくさん傷を受けた人がいち
ばん重い心理的な症状が出てくるかとい
うと、そうではないの。
いろいろあるんです。話を聞いただけで、
ひどい反応を起こす人もいます。そうす
ると、ケガをしたとか、現場を見たとか、
話を聞いたというのは、それぞれの人の
状況因であって、状況因が、そのまま
イコール心因ではない、ということなん
です。

状況因と、プラスそれを受け取る個体の
資質との組み合わせによるものなんです。
状況因を受け止めるその人の性質によっ
て、心因というものが作られてくる。

別の言い方をすれば、状況因と個体との
関係で、ひとりの人の中に、ある体験が
作られてくる。
だから心因とは、言い方を換えると、
その個体(その人)がどのような体験と
して受け止めたかという「体験因」で
もあるわけです。

そして、すべての事柄・体験の意味は、
それを見る人・体験した人によって、
それぞれ違ってくるものなんです。
したがって、科学的ではないということ
で、「心因反応」という言葉は曖昧だか
ら使われないことになったの。

「体験」なんてものは数値化できるもの
ではなくて、しかも受けとめる人によっ
て様々に変わってくるという曖昧なもの
で、要するに本人しか分らんわけでしょ?
多くは言語表現によってしか他人からは
捉えられない。

だから「科学的な概念」としては曖昧だ
ということで、「心因」という言葉は診
断学のいろんな体系からは排除されたの。
なのに、なぜ精神科では「心因反応」と
いう言葉を使うのか。

それは臨床の現場で「心因」という言葉
が、いつも頭にあるといいからなんです。
そして「心因」というものは何によって
捉えられるかと言うと、「察する」こと
によって捉えられるんです。

心因の存在は、診断されるわけではない
の。そうじゃなくて、心因というのは、
「そうじゃないだろうか?」と想像して、
察してあげるわけです。

さっき話に出た八十四歳のおじいさんだ
ったら、「この人がウツになられたのは、
いろんな検査をしても何も出ないから、
やはり歳を取って、いろんなものから離
れてしまったために、憂うつなられた
のだろうなあ」と察する作業がある。

それがなくて「症状評価尺度でやったら
『うつ』だから抗ウツ薬を出す」となる
と、それは〝科学〟です。ハッキリした
ものだけを取って、それで薬を出すとい
う形になると、命はメチャクチャになっ
てしまう。

医学だけで治療をするとムチャクチャに
なるの。
治療や臨床には、うんと曖昧な領域がた
くさんあって、お天気とか、食べ物とか、
周りの人と何を話したかとか、本人がど
う感じてどんな気持ちになったかという
ような、〝科学〟に則らない因子がたく
さんある。
そのときに、医療従事者に「察する」力
があれば、道具としての医学を間違った
使い方で患者に用いることがないように
できる。
そういう察する力を残すために「心因」
という言葉は、まだ残しておいた方がい
いんだと思います。




カテゴリー臨床のはなし



お読みいただけると幸いで
・・・・・・・・・・・








カウンセリング案内

森のこかげ トップページ

ご相談内容

カウンセリングをお考えの方へ

ご質問にお答えして/ 目次

ご相談者からの言葉・感想

カウンセンリグを経験してみて