カウンセラー紹介


二つとも開設時のものです。
似顔絵はご相談者の方が下さいました。
ちなみに、今は坊主頭です。


お気軽にお越しください。

はぎわら ひさし(萩原久慈)

品川区の大井町で開設して
約15年(2021)になります。

・・・・・・・・・・・・

不登校の子ども達に関わる中で、宗像恒次・筑波大学教授(当時)の行動科学や保健学・カウンセリングと出会い、学ぶようになったのが、カウンセリングや心理療法へ入るきっかけです。

その後、宗像教授が主宰する事務局で、しばらくカウンセリングを行っていました。

不登校の子どもたちに引かれたのは、もしかすると、わたし自身が小学生の頃に、不登校気味の子どもだったからかも知れません。

中井久夫 先生
神田橋條治 先生
星野 弘 先生
  ・
石井哲夫 先生

これらの先生方は
臨床家そして精神科医として
わたしが真に尊敬し、事例検討会・スーパーヴィジョン・著作・論文等々を通して、多くのものを学ばせていただいている方々です。

神田橋先生の臨床家や治療者を対象とする勉強会の録音の起こしも、長くやらせていただきました。

石井哲夫先生は、発達心理学の専門家であると共に、自閉症や発達障害の子ども・人たちの療育と福祉に生涯を投じた方です。

     ● ●

自白や供述調書の現実を通して
取調べや刑事裁判の問題を知り、
浜田寿見男氏(奈良女子大学・当時)を都内に招いて、冤罪事件や刑事裁判についての講演会を幾度か開催しています。

平凡社新書から出ている『取調室の心理学』は、これら一連の講演会の内容をまとめたものです。

産業カウンセラー協会所属
北海道出身。

独立した個人のカウンセリング室のため、
組織の方針や
雇用先の都合に左右されることなく、
ご相談者との「カウンセリング関係」を大切にしながら、カウンセリングをおこなっていける環境だと思っています。