【心のパターン】について


自分のパターンに気づく時

| はじめに |

わたし達は、誰もが
何らかの「心のパターン」というものを
抱えて生きています。

たとえば
これは自分の性格」と思っていたり、

他人からも
あれは、あの人の性格だから・・・
と思われているものの中に、

実は、生きてくる中で
無意識のうちに身に付けた
〝心のパターン〟というものがあります。

心のパターンと性格とは
別のものです。

しかし、心のパターンは
自分自身の一部になっているので、

それが心のパターンだと気付くのは
とても難しくなります。


| パターンの反映 |

改めて、振り返ってみると
たとえば、

ある共通した場面に置かれると、
いつも同じような気持ちになる。


似たような場面や状況になると
いつも同じ行動をとっている。


心のパターンとは、
こうした事を通して
少しずつ見えてくるものです。

もちろん、
どうしてそうするのか
理屈や理由はつけられますが、

よくよく考えてみると

本当は、
自分でもよく分からなかったりします。

むしろ「反応」に
よく似ているかも知れません。


| 生きづらさとの同居 |

こうした心のパターンは

現われ方の違いはあっても、
誰にも存在するものです。

なにも珍しい事ではありません。

ただし、
抱えているパターンによっては

物事が上手くいかなくなる場面とか、
生きづらさを感じるような場面に

心のパターンが
関わっている場合があります。


| カウンセリングの場から |

掲載は了解をいただいたものです。

次のようになお話をされた方が
いらっしゃいます。

先生とカウンセリングをやってきて最近、「優しくされたり大事にされることに拒否感があって、落ち着かなくなるんだ」ということに、気がつきました。

優しくされない、大事にされない環境を、自分で選んできたのかも知れない。

頑張る自分も嫌いではないけど、つらい気持ちを頑張るエネルギーにしているのは、余りいいことではないな、と思うようになりました。


あるいは、

いつも自分自身でなければいけない。

いつも正直な自分でありたい。

そうした大切な思いを、
胸の奥にお持ちの方がいらっしゃいます。

でも、ご自分自身では

そうした思いが胸の奥にあることを、
意識してはいません。

しかし、
いつも自分自身でなければ・
いつも正直な自分でありたい。

・・・という思いや行動によって

かえって、仕事の場や人との関係で
損をしてしまったり。

時によっては、

不本意な立場に立たされる事が
起きてくることがあります。


     ●●●

そうした経験をする度に
理不尽に思う気持ちを味わい、

自分なりに頑張っているのに
どうして、わたしばかりが

・・・という思いに苦しめられます。

しかし、自分の中に根付いていた
心のパターンに気づいてゆくことで、

大切な思いは
そのまま大切にしながらも、

少しずつ、
折り合いをつけられる生き方へと

変わっていかれる方が
いらっしゃいます。

そういう要領のいい生き方は、ずる賢いように思えて、すごくキライだったけど、最近そういう生き方の良さみたいなものも、少しだけ認められるようになってきた。

| 大切な心の歴史 |

心のパターンとは、
生きてくる中で

何かやむを得ない理由があって、
あるいは
何かどうしても必要があって

身に付けてきたものです。

必要だったからこそ
身に付けてきた、という歴史が、
必ず存在するものです。


  

ただ、確かに
以前までは・あの頃までは

必要なものだったのかも知れない。

けれども、
いまのあなたには
もう必要のないものかも知れない。

本当は
もう大丈夫なのかも知れません。


     ● ●

カウンセリングでは、
ご一緒に整理をしていきながら

良い方向へ歩んでゆくために、
ご一緒に考えていけたら・・・

そう思っています。

カテゴリーこころの物語