「心のパターン」について

心のパターンとはどういうものか

 

| 心のパターンを理解する | 


いろいろな物事を
ご一緒に整理してゆく中で
気づいてゆくものの一つに、

心のパターン」というものがあります。

たとえば、
「これは自分の性格だから」と
思っていたり、

「あれは、あの人の性格」と
他人から思われているものの中に、

実は、生きてくる中で身に付けてきた
「心のパターン」というものがあります。


たとえば、振り返って考えてみると・・・

○○◯のような場面になると、
 いつも同じような言動をしてしまう

似たような状況になると、
 いつも同じような振る舞いや行動を
 とっている自分がいる

心のパターンとは、
このような行動や振る舞いを糸口に
見えてくるものです。 

よくよく考えてみると、
どうしてそうしてしまうのか、
そうなってしまうのか、

自分でも理由がよく分からなかったします。
もちろん、
理屈や理由はいろいろ付けられますが、

その行動や行為が
「反応」に似ている場合には、
特に、その可能性が高いかも知れません。


| 生きづらさの奥にあるもの | 


こうした「心のパターン」は、
現われ方の違いはあっても
誰にもあるものです。


けっして特別なものではありません。

ただ、困ったことになるのは、

時と場合によっては
心のパターンによる行動や行為のために
大切な人との関係が
壊れてしまったり。

あるいは、
生きづらさを感じるような場面・
物事が上手くいかなくなるような場面に

心のパターンによるものが
関わっていることがあることです。

そうした事が繰り返されることで、
生き方や人生を
狭めてしまうことに、なってしまいます。

心のパターンと性格とは、別のもです。

| 必要があって身に付けたもの | 


「心のパターン」は
生きてくる中で、その人にとって
なにか必要があって
身に付けるようになったものです。

そしてそれは
無意識の内に行なわれているものです。

ですから、自分自身でも
それが心のパターンによるものだとは
分かりません。

それは、何か必要があって
身に付けるようになったもの。

ですから、
心のパターンをただ邪魔者扱いするだけでは、
余り上手くはいきません。

必要だったからこそ
身に付けてきた歴史が、あるはずです。

ただ確かに以前までは、
あなたにとって
必要なものだったのかも知れない。

けれども、いまのあなたには
それはもう
必要ではないものかも知れない。

本当は、
もう大丈夫なのかも知れません。


| カウンセンリグの場から | 

掲載は了解をいただいたものです。

たとえば、カウンセリングを続けてきて
こんなふうに語って下さる方も
いらっしゃいます。

カウンセリングをやってきて、
 最近、私は“優しくされたり大事にされる
 ことに拒否感があって、落ち着かなくな
 るんだ”ということに気がつきました

優しくされない、大事にされない環境を
 自分で選んできたのかもしれない、と

頑張る自分も嫌いではないけど、
 つらい気持ちを頑張るエネルギーにしてい
 るのは余りいいことではないな、と

たとえば、
いつも自分自身でありたい・
いつも正直な自分でありたい

・・・という一貫した大切な思いを、
胸の奥にお持ちの方がいらっしゃいます。

でもご自分自身では、
そうした強い大切な思いがあることを
意識してはいらっしゃいません。

しかし一方で、
いつも自分自身でありたい・
いつも正直な自分でありたい、
という思いによって、

かえって仕事や人との関係で
損をしたり、時によっては
不本意な立場に立たされるようなことが
起きてくることがあります。

そうした経験をする度に、
「自分なりに頑張っているのに」
「どうして、わたしばかりが」という
理不尽な思いに苦しめられます。

しかし、自分自身の中にある
心のパターンに気づきいてゆくことで、

大切な思いは、そのまま大切にしつつ、

少しずつ、折り合いをつけられる自分に
成っていかれる方も、いらっしゃいます。

そういう要領のいい生き方は、
 ずる賢いように思えて、
 すごくキライだったけど、
 最近そういう生き方の良さみたいなものも、
 少しだけ認められるようになってきた



       【 こころの物語 】
       【 こころの物語 】
      【カウンセリングの話】
      【こころ ストレス 身体】

 カテゴリー こころの物語

こころの物語
▷ 記事はこちら
男女関係・恋愛関係
▷ 記事はこちら


お読みいいただけると幸いです
・・・・・・・・・・・・・・・・


カウンセリング案内