「整理する」とは

カウンセリングにおける「整理する」とは


カウンセンリグのことを説明するときに
「整理する」という表現を
よく使います。

「ご一緒に整理ながら、考えてゆく」
・・・というように。

そして、「整理する」という言葉に
どのような意味を託しているかを、
ここでは、記しています。

| 目に見えないものを共有する | 


ご存知のように
カウンセリングは解剖学などとは違って

目には見えず・
手で触れることの出来ないものを、
ご相談される方とカウンセラーとが
言葉によって、
共有していくものです。

まずそれが。カウンセンリグを成り立たせる
大切な出発点としてあります。

そして、そうした場であることの
大切な前提として、

ご相談される方の〝心のペース〟が
大事なこととされています。

カウンセリングの世界では
そのことを、
クライエント・センタード
という言葉で表現しています。


| クライエント・センタード | 


「クライエント・センタード」とは、
カウンセリングの世界では
神様的な存在である
カール・ロジャーズの言葉です。

クライエント=ご相談される方の
心のペースが〝中心〟であること・
センターであること。

カウンセラーやセラピスト側が、
 自分中心で、やりたいようにやるもの、
 押し付けてゆくものでは
 ありませんよ
・・・という意味の言葉です。


 | 共に相触れ合うために | 


カウンセンリグでは
目には見えず、
手では触れることの出来ないものを
共有しながら、
感じ取り、そして考えてゆくものです。

そのため、
ご相談される方が体験されていること・
体験されて来たこと・
あるいは、感じていることを

カウンセラーが
共に相触れ合おうとするときには、

言葉で、出来うる限り
確かなものを拵え(こしらえ)ながら、
一歩ずつ進んでゆくことが、
大切なことになります。

具体的には、
ご相談される方のお話をお聴きしていて、

もしかすると
大切な部分かもしれない・・・

もう少し細かくお話しいただくことが
必要かもしれない・・・

もしかすると
理解してゆくときの
大切な糸口になるかもしれない・・・

そう思うようなときには、

あたかも
手に触れて、目に見えるが如く〟に
言葉で、一緒に描き直してゆく。

白いキャンバスに、言葉で
もう一度、絵を描き直してゆく・・・

そのための対話を通してのお手伝いは
カウンセラーの大切な役目になります。

こういったことを
「整理する」という言葉に託しています。


 | ありのままであること | 


このようにお伝えすると

なにか難しいことのように
思われてしまうかもしれませんが
そうではありません。

ご相談される方は
思っていること・感じていることを
ご自分のペースで
自由にお話しいただくことが大切になります。

その中で、
ご相談される方ご自身でも
改めて気づくことがあったり・・・
自分の気持ちを再確認できたり・・・

あるいは、
ご自分が考えていることを
改めて自分で知ることが出来たり・・・

ということが生まれてきます。

クライエント・センタード」。
それが大切なことになります。
       【カウンセリングの話】
       【カウンセンリグ の話】
          【こころの物語】
          【こころの物語】

カテゴリーカウンセンリグの話
カウンセリングの話
▷ 記事はこちら
こころの物語
▷ 記事はこちら

お読みいいただけると幸いです
・・・・・・・・・・・・・・・・


カウンセリング案内