心療内科とカウンセリング

心療内科について

カウンセリングにいらした方から

心療内科がいいのか、それともカウンセリングがいいのか、迷っていた。

心療内科に行くべきか、カウンセリングがいいのか迷っていましたが、薬でわたしの問題が解決するんだろうかと考えて、カウンセリングに申し込みました。

こうした声をお聞きします。

そこで、ここでは
何かの参考にしていただく意味で、

心療内科の成り立ちなどに
簡単に触れています。


| 心療内科のイメージ |


心療内科や精神科を受診されたり、
通院されている方も

カウンセリングにお越しです。

お話をうかがうと、特に
心療内科を受診される方の中には

なんとなく
じっくり話や悩みを
聞いてもらえるようなイメージを抱いて

受診される方も、多いようです。

つまり、
カウンセンリグ的なものを期待して
受診されている事になります。



しかし、心療内科も
耳鼻科や内科・眼科などと同じ

病院やクリニックの診察科目の一つです。

(クリニックとは、入院設備のない
  小規模な診療所のことです)

症状を聞いて薬を出し終わり・・・
という診察が多くなります。

患者さんが多いので診察時間が短くなる、
ということもありますが

基本的には、そのようなところです。

     ●●●

女性のご相談者から、
こんな話をお聞きしたことがあります。

メンタルクリニックを受診して、いま話したような事を(診察の時に)少し話したら、ここでは不安を緩和する薬を出せるだけなので、そういうことは、ご主人と直接話し合ってください、と云われた。

むしろ、良心的なお医者さん、
・・・かも知れません。

| 心療内科の成り立ち |


心療内科という診療科目は、

1995年に起きた
阪神・淡路大震災を契機に

厚生省(当時)から
正式に認可される形になりました。


しかし、それ以前から

独自に心療内科を設置して
治療に取り組んでいた病院があります。

その出発点にあった言葉が、
心で起きる体の病気」でした。

つまり元々の理念では、
心療内科とは

病気の発症の背景に、
心理的な問題が
大きく関わっている身体の病気。

・・・つまり
「心身症」を診るところとして
考えられていました。


| 現実の心療内科 |


身体病には心身症が多いことは
昔から知られていた、と云われます。

つまり精神的・心理的問題をまったくほんものの身体病として現すということであるから、患者は身体病の診察を受けることになる。
中井久夫 精神科医

心身症は体の病気・体の症状として
発症するので、

患者さんは、皆さん
内科や婦人科、耳鼻咽喉科など

体の診察科を受診し、通院されます。

心療内科を受診する人は
現実には、いらっしゃいません。


したがって実際の心療内科は、

精神科よりも、イメージ的に
受診や通院の敷居が低いために

プチ精神科のようになっています。

このような現実があるため、
精神科医が独立開業する場合にも
「心療内科」を掲げることになります。




精神科医の診断・治療の劣化が
危惧されるようになってから、
もう久しくなります。

例外は、もちろんありますが
全体を俯瞰した時に

その観はさらに
深くなっているかも知れません。


わたしの尊敬する先生で
著名な精神科医の神田橋條治氏は、

このように語っています。

医師免許を取りたての人は治療はできないですね。大学には治療学という講義がないのを医師はみんな知っているけど、世の中の人は知らないからね。
みんな医学部で治療を教えているだろうと思っているけど、治療学はありません。

一般には知られていないが、医科大学では治療学の授業は行われていない。
卒業し、国家試験に合格して医師免許を得たのち、先輩に指導され、自身で経験から学びながら治療法を身につけてゆくのが、医師の職業人生である。
したがって筆者のような老医のほうが、八割がたの病気の治療については、大学の先生より上手なのである。

神田橋條治



神田橋先生は、
ご自分を謙遜して書かれていますが

この二つの文で指摘されていることは、

なにも精神科医だけに
限ったものではありません。

たとえばカウンセラーについても、
まったく同じことが云えます。

つまり臨床行為とは
そういうものだからです。

そのため、行なう人による違いが
とても大きくなります。

| 荻野目慶子さんの体験 |


たとえば、
女優の荻野目慶子さんが

自身の体験を雑誌に書いています。

荻野目さんは
ご自分のマンションの部屋で、
恋人が自殺しているのを発見します。

スキャンダルとして扱われ、生きる上で窮地に立たされた。しかし仕事は難しくなり、八方塞がりだった。

当時、病院を何軒回ったことだろう。精神科医にも何人逢ったことか。
私の場合、本名と芸名とが同一のため、その度に好奇の目を感じ、およそ心の内を話せる状態に至らず、「こんな人が精神科医に?」という疑問、裏切られたような哀しみ、やり場のない絶望感に打ちのめされ、薬だけを手にして逃げるように去った日々。

ぶ厚いアンケート。見るだけでうんざりする、あるいは気恥ずかしくなるようなアンケートをさせる病院もあった。自律神経症に関する本で探した、その道では有名な病院だったが。

おきまりのアンケートで人間を図面化し、それを入り口にして何が見えるのか。
どうしてまず最初にその人間の印象、眼光や挙動、そのとき発信している空気を感じようとはしてくれないのか。


荻野目慶子
新潮45 自殺で残された側は 



カテゴリー心と身体