「症状の捉え方」について

自覚症状と徴候について



カウンセラーやセラピストであれば、
ご相談者の方と
お会いしている時には

いつも、
次のような意識を置いて
お話を伺い、そして
面談を行なっていることでしょう。

「どんな接し方・対話のやりとりが、
 いまのこの方にとって
 治療的あるいは援助的なものに
 なるだろうか・・・」と。

もちろん、残念なことに
上手にやれることばかりではありませんが、

この意識や思いは、
初回はもちろんのことですが、
3回目であろうと10回目であろうと、

面談でお会いしている間は
常に働いているものです。

そうした時に、
大切な手掛かりのひとつに
「症状」と呼ばれるものがあります。


| 症状と徴候(ちょうこう) |


臨床的な観点からは、
「症状」には二つのものがあります。

一つは、 本人自身が感じ訴える「症状」。

これを「症状」
正確には「自覚症状」と呼びます。

もう一つは、
本人以外の人
(家族や友人・医者やカウンセーなど)が

本人の様子や雰囲気・
言動などを外から見て、
感じたり認知する「症状」。

こちらを「徴候(ちょうこう)」と呼びます。

徴候のことを
「他覚症状」とも云います。

他者によって感じ取られる症状、
という意味です。

しかし普段は
あまり言い換えたりせずに、
どちらも「症状」と呼んだりします。


たとえば普段の生活の中でも
人から

「あなたは○○のように見える」と云われて、
「自分はそんなんじゃない」と憤慨する、
みたいなことがあります。

それは「症状」と「徴候」の
日常版のようなものかも知れません。

そして、
訴えられる自覚症状と徴候とを
併せて理解してゆくことで、

お医者さんならお医者さんなりに、
カウンセラーならカウンセラーなりに、
その人の状態を理解してゆく手がかりに
してゆきます。

これを「状態像」と云います。

「症状(自覚症状)」と「徴候」とは、

どちらを欠いても
ご相談者(患者さん)との
より良い援助関係を見出してはゆけません。


| 内と外とで全体を成す |


中安信夫氏(精神科医)が
このように述べています。

私は長い間大学病院におりまして、多くの研
修医を指導してきましたが、研修医が行なう
最大のミスは、患者の表出(外側から捉えら
れ得るもの)は〝見えても見えず〟。患者が
語り訴える症状や体験は〝聞いても聞こえず〟
で、徴候と症状を、把握できないことに起因
する。


あらかじめ申し上げておきたいのは、

カウンセンリグと精神科診療とは
そもそも異なるものです。

その目的とするものも、
面談の中身・方法論も異質です。

そしてカウンセリングでは、
「徴候」とか「状態像」という言葉も
余り使われません。

ただし、
カウンセリングでいうと

ご相談される方がお話しされたり
訴えて下さるものと、

一緒に対話をしている中で、

こちらが自ずから
感じられてくるものとを併せて
〝何か〟を見出してゆく

・・・ということに
変わりはありません。

ですので、
実際にお会いすることなく

オンラインやお手紙・メールだけで
関わってゆくことは、

片方が欠けた状態であることを、
自覚しておく必要が出てきます。

カウンセラーとしての仕事
       【臨床のはなし】
「心因」について
       【臨床のはなし】
刺激とストレス
    【ストレスをめぐって】
誤解される「心理的要因」の意味
    【カウンセリングの話】

カテゴリー臨床のはなし


臨床のはなし

目次・記事一覧
カウンセリングの話
 ▷目次・記事一覧








お読みいただけると幸いで
・・・・・・・・・・・








カウンセリング案内

森のこかげ トップページ

カウンセリングをお考えの方へ

ご質問にお答えして/ 目次

カウンセンリグの前に

ご相談者からの感想・言葉

カウンセンリグを経験して