【症状の捉え方】について


自覚症状と徴候(ちょうこう)

| ふたつの症状 |

臨床の観点からは、
「症状」には二つの捉え方があります。

その二つは、どちらを欠いても

病院やクリニックであれば
適切な治療にはなりませんし、

カウンセリングであれば
ご相談者への支持的な関わりが
難しくなります。

その二つとは、
一つは、
本人自身が感じ訴える「症状」。

これを「症状」・・・
正確には「自覚症状」と呼びます。

もう一つは、

本人以外の他者・たとえば
医者やカウンセラー、家族や友人などが

本人の様子や雰囲気・言動などから
感じたり認知する「症状」。

こちらを
徴候(ちょうこう)」と云います。

徴候のことを
他覚症状」とも云います。

他覚症状とは、
他者によって感じ取られる症状。
という意味です。

たとえば普段の生活の中でも、

あなたは○○のように見える
と人から云われて、
自分はそんなんじゃない
と憤慨する

・・・みたいなことがあります。

それは「自覚症状」と「徴候」の
日常版のようなものかも知れません。

| 症状・徴候・状態像 |

そして、訴えられる自覚症状と
他者が感じとる徴候とを
併せて捉えることで、

医師であれば
その患者さんの病態を、

また、カウンセリングであれば、
そのご相談者の状態を

理解するための
大切な手掛かりとなってゆきます。

これを「状態像」と呼びます。

ですので、
「症状/自覚症状」と「徴候」とは

どちらも欠くことの出来ない
大切なものになります。

| 内と外とで一つになる |

中安信夫氏(精神科医)は
このように述べています。

私は長い間大学病院におりまして、多くの研修医を指導してきましたが、研修医が行なう最大のミスは、患者の表出(外に表しているもの)は〝見えても見えず〟。
患者が語り訴える症状や体験は〝聞いても聞こえず〟で、徴候と症状を、把握できないことに起因する。

| カウンセリングでは |

念の為に申し上げたいことは、

カウンセンリグと病院の診療とは
そもそも異なる、ということです。

目的とするものも違いますし、

面談・面接の方法論にしても、
そこで扱われる事柄や内容なども
まったく違ってきます。

そして、カウンセリングでは

「徴候」とか「状態像」という言葉も
余り使われません。


カウンセリングで云うと

ご相談者がお話しをされたり、
語り訴えられるもの。

そして、ご一緒しながら
対話をしてゆく中で、

こちらが
自ずから感じられてくるもの。

これらのものを併せて
理解を深めてゆく

・・・ということに
変わりはありません。

ですので、
実際にお会いすることなく

オンラインやお手紙・メールだけで
関わってゆくことは、

片方が欠けた状態であることを、
よく自覚しておく必要があります。

カテゴリー臨床のはなし