「気分の波」のある体質

気持ちや気分に波がある


| はじめに |


「気分の波」を持つ体質、
というものがあります。

そして、この体質を持つ方たちが
いらっしゃいます。

カウンセリングでお会いする機会は
意外に多いように思います。

この体質で問題となるのが

カウンセラーや精神科医にさえ、基盤に
ある気分の波が見落とされることが多い。

      神田橋條治 精神科医

・・・ということです。

「気分の波」のある体質とは、
何かのきっかけで

高揚感を伴う
ハイテンションな状態だったり、
ネガティブな感情を伴う
気分の低下という状態を、

生じやすい体質のことを指します。


気分の波が高く動いた時には
高揚感が生じて、

拍車がかかって止まらなくなる。
やり過ぎてしまう。

・・・ということが起きてきます。


| 気分の波とは |


掲載は了解を得たものです。

気分に波のある体質かどうか、自分では
よく分からないです。
職場でハイテンションだけれど、家に帰
って一人になると落ち込んで、繰り返し
職場のベランダから飛び降りるイメージ
が出てくる、ということはよくあります。

あと「やり過ぎてしまう」というのは、
とてもよく分かります。

先生がおっしゃっていた「人懐っこい」
ということとも関係があるのかも知れま
せんが、私が「面白キャラ」として何か
をしたことで、職場の人たちが喜んだと
して、その時に私の中に、抗い難い嬉し
い気持ちが湧いてきて、もっともっと、
と自分を駆り立ててしまうことはあるよ
うに思います。

そして、自分がすっかり必要以上に「面
白キャラ」になってしまったことに、
後からひどく後悔して落ち込んだり。

誰でも気分の波があると思うので、私が
特別に気分の波がある体質なのか、とい
うことが自分では判断が出来ないところ
ではあります。

ただ、確実に言えるのは、私の母は恐ろ
しく気分の波がある人だ、ということで
す。
私が小さいころ、ふいに不機嫌になった
り落ち込んだりして、私はそれが自分の
せいだと思って、母の機嫌がよくなるま
で一緒に落ち込んで、顔色をうかがって
いました。



このように語ってくださった方が
いらっしゃいます。

カウンセリングでお会いする
すべての方が、

自分自身でも
自分の体質に存在する
「気分の波」というもの、

そして、その現れが
分かずにいるのが普通です。

そのために、
自分の内にある気分の動きに

結果的に、翻弄されている場合が
たくさん存在しています。

| 「気分」が意味するもの |


上の女性が仰っているように、
誰にでも、気分の波があるのでは?

そう云われることがあります。

しかし、
この「気分の波」のある体質では、

気分としか呼びようがないので
「気分」と呼んでいるだけであって、

この場合の「気分」とは、

本人の気持ちだとか、感情だとか、
自覚的な意識とは

別のところで動いてゆく
〝何ものか〟のことを、意味しています。

この〝何ものか〟は、
体質に根ざしたものであることは
確かです。

そして、この〝何ものか〟の動きに
強く引っ張られて

気持ちや感情が、一緒になって
そちらへ動いてゆくことになります。


ですので、その時の
本人の(自分の)気持ちや感情だけを
見ているだけでは

ここで云う「気分の動き」を
まったく理解できないことになります。

ご本人にしても、

カウンセリングの中で
ご一緒に考えてゆくことで

ここで云う「気分の動き」を
少しずつ、理解されてゆきます。



しかも、難しいことには

上に記した、日常の中で起こる
体質としての「気分の動き」は、

実際には
この体質を持つ者でなくては、

具体的に実感として理解できないのが
本当のところです。


そのため、何かのきっかけで

カウンセリングに行ったり、
心療内科・精神科を受診しても

たいていは、根本に在るこの体質が
見落とされたままに、なってしまいます。

「ADHD」とされることもあります。

| 個性的な魅力と能力 |


この体質を持つ人たちの中には、
個性的な魅力を備えていたり、

特異な才能を発揮する人もいます。

軽い躁的な面が
クリエイティブな創造性として
発揮されることも珍しくありません。


あるいは、人によっては
感覚的なものに秀でていて
臨機応変の能力に長けていたり、

接客的なものに
能力を発揮する人たちがいます。

仲間の飲み会などで
場の盛り上げ役になったり、
まとめ役になる人などがいます。

たとえば、

専門学校を卒業後、23歳で結婚。主婦業
のかたわらスタイリスト、ファッション
アドバイザーの仕事をし、34歳から54歳
まで、某大学の講師もつとめた。

元気印の人間で通っており、クラス会の
幹事を毎年引き受け、友人たちからは、
人の10倍は働くなどと言われていた。
車の運転を好み、高速道路を飛ばして走
るのが何よりのストレス解消法であった。
(ある症例報告から)

こうした方も、いらっしゃいます。


職場などでは
コミュニケーション能力が高い、と
評価される人もいます。

しかし、そのような人でも、
自分では、むしろ
苦手だと思っている場合があります。


コミュニケーション能力があるとか、
初対面の人とでも、上手に会話が出来て
すごい、とか云われるけど、自分では精
一杯でやっているので、むしろ苦手だと
思っているんです。


そんな心境を
お聞きすることがあります。



たとえば、人によっては

仕事の面接に行くと
面接者との対話が盛り上がって

その場で
「明日から、すぐ来て欲しい」
と云われたりします。

しかし面接を終えて帰ると
気分の低下による
不安と後悔とが迫ってきて、

その日の内に断りの電話を入れる、
ということが、あります。


| ハイテンションと気分の低下 |


「気分の波」のある体質のことを、
躁うつ体質、と云うことがあります。

しかし、むしろ

体質の基盤に、気分の波・気分の動き
 を持っている人

という表現のほうが、

この体質の本質を
よく表しているように思います。

そして、繰り返すようですが
ここで云う「気分」とは、

上に記した意味になります。


| 軽い躁と躁状態 |


気分の波が高く動いて
ハイテンションな状態になることを、

「軽い躁・軽躁」とも云います。

躁には、周囲の人を巻き込みながら
生活や人間関係が壊れてゆくような
明らかに病的な状態と

一方で
気分の波を持つ体質の人が、
普段の生活の中で
生じるものとがあります。

前者を、躁状態と呼び
後者を、軽い躁・軽躁と呼んで、
区別されています。


| イライラ感と怒り |


一方、「気分の低下」の場合には、

典型的な状態としては
抑うつ症状〟があります。

この体質の人の中には、
原因や理由がハッキリとしない中で

深い抑うつ症状を
人生の中で、幾度か繰り返す人も
いらっしゃいます。


しかし、日常的には
不機嫌さ・イライラ感・怒りっぽさ

・・・などとして 現れることが
多いかも知れません。

そうしたこともあって、
ご自分のことを
不機嫌うつ病なんだと思ってた

そう打ち明けてくださる人もいます。

ですから「気分の低下」を
抑うつ感としか見ていないと、

気分の低下の現れ方を
うまく掴めないことになります。

| 拍車がかかってゆく |


この体質を持つ方の場合に
本人自身がつらく苦しく感じるのは、

気分が低下している時だとか
抑うつ感にある時なのですが

現実生活で
実際に問題が生じるのは、

実は、気分が高くなって
ハイテンションにある時です。


たとえば

人のちょっとした失敗や
面白ミスを見つけた時に
愉快になってそれを指摘しているうちに

次第に高揚した気分状態になって
止まらなくなり、
何度も何度も繰り返し云い続けて

相手をひどく傷つけ落ち込ませるか、
相手を怒らせてしまう。


このような事も
実際に存在します。



たとえば、
誰かと話している時などに、

何かのきっかけで
次第に高揚した気分になっていくと、
話し相手の人だけでなく

(無関係な)周囲の人たち皆んなに
聞かせたい気持ちが
抗い難く湧き上がってきて

声が、どんどん大きくなっていく。

その結果、相手の人が
戸惑い、ひどく困惑してゆく。

あるいは、何かのきっかけで
気分が高く動き始めると

喋っているうちに高揚感が生じて、
相手が聞いていようが、聞いていまいが
喋り続けて止まらなくなる。

・・・みたいなことがあります。

あるいは、
云わなくてもいいような事・
やらなくていいような余計な事を、

高揚する気分に任せて
口走ってしまう、やってしまう。

そして、その後に
高揚した気分が静まる共に、
ひどい後悔や自己嫌悪に襲われてゆく。

事柄によっては、
云ったり、やったりした事のツケを

後で払わなければならないことが
起きて来ることもあります。

せっかく近づきになった人が
離れてしまうことも、起こり得ます。



上の例は
現れ方の例の一部ですが、
これらのように

何かのきっかけ、何かの拍子に
気分の波が高く動き出すと

抗い難い高揚感に
気持ちや感情が引っ張られて、

拍車がかかって止まらなくなる
やり過ぎてゆく

そうしたことが起きてきます。

そのことを理解する事が
まずは、とても大切になります。



このことは
気分の低下の動きの時にも
同じことが云えます。

気分の低下の動きが強くなると、

沈んでゆく動きに
気持ちや感情が引っ張られて

悲観的な思い・ネガティブな感情が
深まってゆきます。


しかも、
高揚したハイテンションな状態の後には、

たいてい、気分の低下が訪れます。


ひどい感情のたかぶりは、往々にして
 低調の前にやってきます。
 云いかえると、高調は低調に転化する
 のです


「(低調な気分は)イライラ感に引き続い
 てやって来ます。
 ボ〜っとして、何もする気になれない


そんなふうに、
自分自身の気分の動きを
語る方がいらっしゃいます。


山の頂上に達した後には、

次に、下山が待っているのと
似ているかも知れません。

そして
山が低ければ、谷も浅く、
山が高ければ、谷も深くなりがちです。

ただし、
気分の低下や抑うつ感が
強く現れやすいタイプの人もいれば、

一方では、
気分の下への動きが

浅かったり、目立ちにくい人も
いらっしゃいます。



気分の低下が深くなって
「抑うつ気分」が強くなると、

後悔や不安がひどく湧いてきて、
ぐるぐる堂々めぐりに
陥ってゆくことがあります。

自分自身をダメだと責め、
後悔や自己嫌悪に苦しみます。

(ある症例報告から)

人のちょっとした態度がきっかけにな
 って、ガッカリし、皆から距離を置か
 れてしまったような、除け者にされて
 しまったような気分になって、自分は
 ダメだという気持ちが起こってくる


過去や将来について、ちょっとした不
 安が浮かぶと、それがグルグル連鎖反
 応を起こして、悪循環の思考に入って
 しまうことがある


細かいこと・小さなことが
ひどく気になって、

心配や不安が頭から離れなくなる、
そして苦しい悪循環に陥ってゆく。

このような状態の時に
つらく苦しくなって、
クリニックを受診することも多く、

〝不安〟を主な症状として訴えるために、
抗不安薬が処方されて

常用した結果、

不安に耐える力を
ますます失ってしまう人たちも
いらっしゃることが、

指摘されています。


| 大切になること |


この体質を持つ人たちの中には、
個性的な魅力や才能を持つ人たちも
多く見かけます。

そのような持ち味や個性を
十分に発揮し、生かしてゆくためにも

ご自分自身の体質を
理解してゆくことが

とても大切になります。



カウンセリングでは、
そのようなことを
ご一緒に整理しながら、考えてゆきます。

そして少しずつ、ですが
ご自分の「気分の波」の体質と

以前よりも上手に
付き合ってゆけるようになる方たちが
いらっしゃいます。

| 体質は同じでも人柄はさまざま |


同じ体質を持つ場合であっても、
普段の人柄や性格は、さまざまです。

周囲の人からは
落ち着いた印象を持たれている人も
いらっしゃいます。

気分の波のある体質を持っていると、
 身近な人に話しても、驚かれて信じ
 て貰えないことが多い


そういう方も、いらっしゃいます。


一方で、普段から
人柄や行動に、活動的で軽躁的なものが
そのまま現れている方がいます。

ズドーンと落ち込む、ワ〜ッとハッピー
になるっていのうは、始終あって。
ボクの父と母は●●地方出身の人間で、
でもボク自身が生まれ育ったのは関東な
んですけどね。

高校生くらいまでは、自分のこの感じと、
東京の人の感じが合わないことの違和感
を、感じることが多かったですね。
でも大学に入って、地方出身者なんかと
出会うようになると、なんかこの波が合
うヤツがいて。それがだいたい間違いな
く●●地方の人間なんですよ。だから、
そういうことってあるんですかね。

ポンポンポンと即断即決の感じとか。
カーっと怒って、ボロクソ云い合って、
わんわん泣いて肩抱き合って仲良くなる
みたいな事の方に、居心地の良さを感じ
るんですよね。


そんなふうに
自らを語ってくださった方も
いらっしゃいます。
(掲載は了解を得たものです)

このような方は、
ご自分自身でも周囲の人たちから

明るくハイテンションな性格、
と思われています。

生涯を活動的な軽躁状態でおくったよう
に見える人にも、ひそかに一室に閉じこ
もって、うつに苦しんでいるときがある
のを、まわりは気づいていない。

       中井久夫 精神科医



ADHDとされる人たちの中に、
この「気分の波」を持つ人たちが

かなりの割合で含まれている、と
考えられています。


人間は複雑な存在ですので、
同じ体質を持ってはいても

普段の人柄だとか、
気分の波の現れ方などは
タイプに違いがあります。