【気分の波】を生じやすい体質

気分や気持ちに波がある


〝体質〟あるいは〝気質〟とは、
後天的な性格などとは違って

生まれた時には、既に
その人の内に在るものを云います。

生まれた時には
既に与えられているものです。


体質や気質というものは
各人各様で様々ですが、

そうした中に、

「気分の波」を生じやすい体質を
持つ人たちが、いらっしゃいます。

| 見落とされてしまう |


この体質を持つ方と
カウンセリングでお会いする機会は

わたしの場合には
意外に多いと感じていますが、

一般的には、

この体質を持つ人が
何かのきっかけで

カウンセリングに行ったり、
クリニックを受診したとしても

カウンセラーや精神科医にさえ、基盤にある気分の波が見落とされることが多い。
    神田橋條治 精神科医

・・・という現実があります。

| 〝気分の波〟とは |


次のように
打ち明けてくださる方もいます。

掲載は了解を得たものです。

気分に波のある気質かどうか、自分ではよく分からないです。

職場でハイテンションだけれど、家に帰って一人になると落ち込んで、繰り返し職場のベランダから飛び降りるイメージが出てくる、ということはよくあります。

あと「やり過ぎてしまう」というのは、とてもよく分かります。

先生がおっしゃっていた「人懐っこい」
ということとも関係があるのかも知れませんが、私が「面白キャラ」として何かをしたことで、職場の人たちが喜んだとして、その時に私の中に、抗い難い嬉しい気持ちが湧いてきて、もっともっと、と自分を駆り立ててしまうことは、あるように思います。

そして、自分がすっかり必要以上に「面白キャラ」になってしまったことに、後からひどく後悔して落ち込んだり。

誰でも気分の波があると思うので、私が特別に気分の波がある気質なのか、ということが自分では判断が出来ないところではあります

ただ、確実に言えるのは、私の母は恐ろしく気分の波がある人だ、ということです。

私が小さいころ、ふいに不機嫌になったり落ち込んだりして、私はそれが自分のせいだと思って、母の機嫌がよくなるまで一緒に落ち込んで、顔色をうかがっていました。


     ●●●

同じ体質を持つ人であっても、

普段の人柄だとか
〝気分の波〟の現れ方には

皆さんそれぞれに、
微妙な違いがあります。

普段から、活発で活動的な面が
表に現れているタイプの方も
いらっしゃいます。

「じっとしているのが苦手」などと
評されたりします。

専門学校を卒業後、23歳で結婚。主婦業のかたわらスタイリ スト、ファッションアドバイザーの仕事をし、34歳から54歳まで、某大学の講師もつとめた。

元気印の人間で通っており、クラス会の幹事を毎年引き受け、友人たちからは、人の10倍は働くなどと言われていた。
車の運転を好み、高速道路を飛ばして走るのが何よりのストレス解消法であった。

    (ある報告からの引用)

生涯を活動的な軽躁状態でおくったように見える人にも、ひそかに一室に閉じこもって、うつに苦しんでいる時があるのを、まわりが気づいていない。
    中井久夫 精神科医

| 〝気分〟が意味するもの |


上の女性が語っているように、
誰にでも、気分の波があるのでは?

そう云われることがあります。


しかし、
この「気分の波を生じやすい体質」では、

「気分」としか呼びようがないので
「気分」と呼んでいるだけで、

この場合の「気分」とは、

本人の気持ちだとか、感情だとか、
自覚的な意識とは

別のところで動き出す
〝何ものか〟のことを、意味しています。


そして、この〝何ものか〟の動きに
強く引っ張られて

気持ちや感情も、一体になって
そちらへ動いてゆくことになります。


これは高く動いてゆく時も、
低く落ちてゆく時にも
同じことが云えます。


ですので、その時の
本人の(自分の)気持ちや感情だけを
見ているだけでは

ここで云う〝気分の動き〟を
よく把握できません。



| 抗いがたい高揚感 |


何かのきっかけで
〝気分の波〟が高く動いてゆくと、

抗い難い高揚感に
気持ちや感情が引っ張られて

拍車がかかって止まらなくなる。

やり過ぎてゆく。


・・・という事が起きて来ます。


上の女性が語っていたように、

抗い難い嬉しい気持ちが湧いてくると、
もっともっと、と
自分を駆り立ててしまう・・・。

     ●●●

あるいは
何かの拍子に不意に動いた時には、

唐突だったり、
突飛(とっぴ)に見える言動として
現れる場合があります。

たとえば
この体質を持つと思われる
四十代のある男性が、

中学時代の同窓会を前に
突然、髪を金髪に染めて
現れたことがありました。

ご本人曰く、
これで気分転換できて、
  同窓会が楽しめると思って


そう語っていらっしゃいました。

もちろん、髪を金髪に染める人が
皆、この体質の方だと云うことでは
ありません。

| 不安定になってゆくとき |


そして、この体質を持つ方にとって
注意しなくてはならないことは、

窮屈な状態や環境を強いられたり。

窮屈な枠の中に
押し込められたようになったり。

あるいは、
自ら自分を窮屈な枠にはめるような
生活をしていると、

かえって〝気分の波〟が
ひどく不安定になることが
起きてくることです。


そうなると、
不安定な〝気分の波〟に翻弄されて

ひどく苦しい気分状態に追い込まれ、
精神的に不安定になっていきます。

人によっては、それが
ひどい気難しさ〟の外見をとって
現れることもあります。

(この体質の人は)
伸び伸びした環境や人生を求めており、窮屈な環境の下に置かれると苦しくなり、情緒が不安定となって種々の問題行動が出てくる、などの特徴がある
      神田橋條治 精神科医

| 育児・子育ての家庭生活 |


この体質を持つ女性にとっては、

特に、育児・子育ての生活が

ここで述べている
〝窮屈要因〟として
強く働く場合を見てきています。

そうなると、もちろん

ご本人自身が辛く苦しい気分状態に
追い込まれていきますが、

それが種々の
不安定な言動として現れることで、

その結果、パートナーが
奥さんのことを理解できなくなって

夫婦関係に亀裂が生じてくる可能性も
起こり得ます。

ですので、ご自分の体質への理解が
最も大切になります。


| 気分の低下と抑うつ |


〝気分の低下〟というと

典型的な状態としては
抑うつ症状があります。

ダウンの時期」と表現された方も
いらっしゃいます。


しかし、日常的には

不機嫌さ・イライラ感・怒りっぽさ

・・・などとして 現れることが
多いかも知れません。

(低調な気分は)イライラ感に引き続い
 てやって来ます。



こうしたこともあって、
ご自分のことを
不機嫌うつ病なんだと思ってた

そう打ち明けてくださる人もいます。


そして、高揚した
ハイテンションな状態の後には、

多くの場合、気分の低下が訪れます。

たとえば、
飲み会などが終わって
高揚した状態が消えた後に、

グルグル堂々巡りの
後悔や自己嫌悪に陥ってゆく

・・・みたいな事があります。


| 気分の低下の動き |


気分の低下の動きが強くなると、

沈んでゆく動きに
気持ちや感情が引っ張られて

悲観的な思い・ネガティブな感情が
連鎖していきます。


過去や将来について、ちょっとした不
 安が浮かぶと、それがグルグル連鎖反
 応を起こして、悪循環の思考に入って
 しまうことがある


細かいこと・小さなことが
ひどく気になって、

心配や不安が頭から離れなくなる。


ご本人自身が、ひどく辛くなるのは
このような時なので、

こうした状態になって、

クリニックを受診したり
カウンセリングに行かれる方も
少なくないように思います。

しかし、上にも記したように
多くの場合

カウンセラーや精神科医にさえ、基盤にある気分の波が見落とされることが多い。
      神田橋條治 精神科医

| 個性的な魅力と能力 |


この体質を持つ人たちの中には
個性的な魅力を備えていたり、

特異な才能や能力を発揮する人がいます。

この体質が
クリエイティブな創造性として
発揮されることも珍しくありません。


あるいは、
感覚的なものに秀でていて
臨機応変の能力に長けていたり。

(この体質の人には)
言葉では表現できない微妙な〝こころの綾〟を感知する能力があり、人と接する職業で成功することが多い。
      神田橋條治 精神科医

職場などでは
コミュニケーション能力が高い、と
評価される場合もあります。

しかし自分では、むしろ
苦手だと思っている場合があります。

コミュニケーション能力があるとか、
初対面の人とでも、上手に会話が出来て
すごい、とか云われるけど、自分では精
一杯でやっているので、むしろ苦手だと
思っているんです。




たとえば、人によっては

仕事の面接に行くと
面接者との対話が盛り上がって

その場で
「明日から、すぐ来て欲しい」
と云われたりします。

しかし面接を終えて帰ると、

気分の低下による
不安と後悔とが迫ってきて、

その日の内に断りの電話を入れる、
ということを
繰り返す人もいらしたりします。


| 徹底性として発揮される |


この体質の〝拍車がかかる〟という面が

物事をやり始めると
やり通さなくてはいられなくなる

・・・という「徹底性」として
発揮されることがあります。

特に、自分の興味と関心の向かう物では
そうした事が
しばしば起きて来ます。

そのため、
「完璧主義」と間違えられます。


それが仕事や職業で発揮された場合には
成功や独特の存在感につながります。

ただし、
ひとりで突っ走りやすい面があります。


カテゴリーこころの物語





お読みいただけると幸いで
・・・・・・・・・・・










カウンセリング案内

ご相談内容

カウンセリングの前に

カウンセリングをお考えの方へ

・・・・・・・・・・・

ご質問にお答えして/ 目次

ご相談者からの言葉・感想

カウンセリングを経験してみて

▶︎ カウンセラー紹介





Copyright(c) カウンセリング森のこかげ.