「どうしたらいいか」の前に大切な事とは?


カウンセリングでお話をしていく意味

| はじめに |

誤った認識をもとにして、正しく考えてゆくと、必ず間違ったことにしかならない。

神田橋條治氏の言葉です。

カウンセリングをしていると
なにかアドバイスをもらいたい」として
面談を申し込まれる方も
いらっしゃいます。

あるいは、話しをしている中で
・・・だとしたら
 どうしたらいいでしょう

そう訊かれる場面が、時折あったりします。

どうしたらいいか、の前に

でも、「どうしたらいいか」の前に
とても大事なことがある、というのが
カウンセリングの考え方としてあります。

それは
(ご相談者の語るエピソードや問題が)
〝それはどういうことなのか〟
〝どういう意味なのか〟を
ご一緒に整理しながら
改めて理解し直してゆく

・・・ということです。

この事はカウンセリングにおいて

「どうしたらいいか」を考えてゆく上での
必要不可欠な
とても大事な前提となるものです。

| 暗闇に明かりをともす |

そして
カウンセリングにおける
〝理解しよう〟とする行為とは

あたかも既製服を当てはめるようにして
何かのレッテルや名札を張って
分かったつもりになること、ではありません。

たとえば、土居 健郎氏は
臨床家・治療者への警句として、ですが
次のように語っています。

もっとも大切なことは、患者・クライエントを理解しようとすることである。
しかし、もちろん他者の心は容易にわかるものではない。そのため、何か専門的な概念を持ってきて、それでもってクライエントの言動を分かったつもり、になることが行われている。
典型的な例は、精神分析の概念や用語を借りてきて、それでもって分かったつもりになることである。
その他にも、心理学や精神医学などの種々の概念が、この目的に乱用されることがきわめて多い。
しかし、このような浅薄
(せんぱく)な行為は、クライエントを理解するということとは、まったく無縁なことである。
土居 健郎 精神科医・精神分析

先日も男性(Aさん)との面談で

Aさんの中で
「それは、こういうことだ」
「こういう意味だ」というふうに
既に理解されていた夫婦関係でしたが

ご一緒に振り返りながら考えていく中で
まったく違った風景が見えてきた
・・・ということがあります。

「そういうふうに考えてみると
 むしろ、いろいろな事が腑に落ちてくる」

・・・そう述懐されていました。

しかし実は、このようなことは
夫婦関係のご相談に限らず
カウンセリングでは珍しい事ではありません。

それはどういう事なのか
・・・ということを
よく理解されていない中で
「どうしたらいいか」を考えることは

何も見えない暗闇のなかで
「どっちへ行けば出口に出られるか」と
問うている姿に似ています。

私のカウンセリング経験から申し上げると
整理や理解の深さに応じて、自ずから

それはどういうことか・・・
どんな事が起きているのか・・・
あるいは
どうすればいいか、が見えてくるものです。

上に記したことは
〝自分自身〟について考える時にも
少しも変わらないと思います。

関連ページ
▷▷ ご相談者の体験手記

カテゴリーコラム