神経症でのカウンセリングをお考えの方へ


神経症とカウンセリング

| はじめに |

ここでは神経症の一般的な解説ではなく
神経症でのカウンセリングをお考えの方に向けて、お伝えしています。

少し長くなりますが
お読みいただけると幸いです。

ノイローゼと神経症

「神経症」と呼ばれている状態があります。

昔は「ノイローゼ」という言い方が
よくされていました。

たとえば
夏目漱石が倫敦でノイローゼになっている
・・・というように。

中井久夫 精神科医
一般に神経症と言うよりもノイローゼのほうが通りがよいであろう。
しかしこのドイツ語は、もともと神経症を指す言葉だったが、日本では意味がぼやけてしまった。

  

| 人の数だけ存在する |

神経症には様々な症状や状態があり
「人の数だけ症状がある」とも云われます。

精神的・心理的なものとして現れるもの。

身体症状として体に現れるもの。

行動(言動)として出てくるもの。

身体・肉体感覚の違和感。

・・・そうした様々な状態が見られます。

しかし最近では「神経症」という言葉は
一般の方(患者さん)たちには
余り使われなくなっています。

使われなくなったのは
神経症というものがなくなったから、
ではありません。

神田橋條治 精神科医
神経症と呼ばれる分野は、あまりにいろいろな症状があり、
「最近の出来事や抱えている悩み」が原因となっているもの。「心のクセ」が強く関わっているもの。「生まれつきの体質や気質」が要因として大きなものなど、さまざまです。
ですから、神経症という大雑把な呼び名を廃止して、症状ごとのたくさんの診断名に分けた方がよい、と考える傾向になっています。

そういう訳で、
病名や診断名に細かくこだわっていても
余り意味がありません。

ちなみに
1980年代くらい迄は
道に落ちている犬の糞を踏んでしまった事をきっかけに、外を歩けなくなってしまう状態・症状の人が、時々いらっしゃいました。
(恐怖症あるいは不安神経症)


       

病院やクリニックに通院し
服薬とカウンセリングを受けていたけど
そこが合わないなどして
森のこかげにお越しの患者さんなども
いらっしゃいます。

病院でのカウンセリングでは、症状のことばっかりだったけど、ここだと、いろいろな話ができて、それをじっくり聴いてもらえるので助かる
そうした言葉をお聞きすることがあります。

臨床で大切なこと

カウンセリングも
「臨床」と云われる行為に属しています。

小倉 清 児童精神科医
症状の羅列をもってして、その人を理解するなどはありえない。
症状には、それなりの意味があり、歴史があり、必然性があってあらわれてきているのであろう。
そういった背景を無視することは、臨床家のなすべきことではないのである。

カウンセリングで
ご一緒に考えてゆく時に大切と思うことは

症状を取り除くこと」
直接の目的・目標にしたり。

症状がなくなること」にしか
両者(カウンセラーとご相談者)の目が
向かずにいると

深い森の中に入り込んで
道を踏み迷うような事になりかねない
・・・ということがあります。

| 症状の意味ということ |

神経症に限らないことですが
〝症状〟とは

何か大切な意味があって現れ出ている・・・
ものかも知れない。

臨床や治療には
そうした大切な考え方があります。

下坂幸三 精神科医・心理療法家
症状の意味を大切にするということは、治療的方法の違いを越えて、これまでは臨床の場での基本的な姿勢でした。
しかし薬物治療が全盛になった今日、精神科医療の世界では、このことが失われつつあることが心配です。

こんな症状に、自分にとって意味があるなんて、少しも思えない
そう云われることがあります。
おっしゃる通りかも知れません。

ただ、この場合の意味とは
雨が降りそうなので傘を持っている
・・・というような

整合的で目に見えて分かりやすいもの
・・・ではないところに
その深い特徴がありそうです。

身体に現れる症状

上でも記したように
神経症として現れる症状には
さまざまなものがありますが

身体の〝機能障害〟としての神経症も
よく知られています。

機能障害というのは
肉体や体には疾患や病変は
確認できないにもかかわらず

何故か、その動きや働きの面で
失調がみられる状態です。

身体生理的に言い換えると
随意筋による不随意運動として
表される症状のことです。

ちなみに、これが不随意筋に現れると
自律神経失調症と呼ばれることになります。

| ジストニア |

たとえば、役者さんの中には
セリフを喋っている時に
口が思うように動かなくなる症状に
苦しむ方がいらっしゃいます。

ジストニアと呼ばれます。
カウンセリングにもお越しになります。

| 書痙(しょけい) |

昔から知られている症状に
「書痙(しょけい)」があります。

字を書こうとすると
腕や手がこわばり震えて
字を書けなくなる症状です。

「書痙(しょけい)」と似ていますが
音楽大学の在学生だとか
音楽教室の先生の中には

楽器演奏にかかわる指や手が
思うように動かなくなる
という症状に悩むケースがあります。

手や指に身体上の異常は見られません。

スポーツ選手に見られるイップスも
このカテゴリーに入ります。

「神経性頻尿」といって、
わずかな量の尿でも耐え難い尿意を感じる。

こうした頻尿感が
精神的な要因によって起こることを
「神経性頻尿」と云います。

神経性頻尿は
一時的なストレス症状としても
よく見られます。

膀胱は、心臓や消化器と同じように情動の影響を受けやすく,その結果として排尿の異常が起こり得る。
たとえば、試験の前には、排尿後であっても、わずかな尿量で強い尿意を感じることは、誰しも経験することであろう。
精神的な緊張が、膀胱刺激を容易に変動させる。

神経性頻尿の心身医学的研究

〝身体の機能障害〟としての神経症を
「転換型」と呼んできました。

ちなみに、
著名な精神科医の中井氏が
次のような皮肉を投げかけています。

今は昔のような転換型の神経症が見られなくなった、とも言いますが、この病名が避けられ、心身症と命名する傾向があります。
その方が治療者にとって安心できるからかも知れません。

中井久夫 精神科医

| 田辺靖雄さんのケース |

歌手の田辺靖男さんのケースも、
こうした病態だったかも知れません。



ある朝、仕事に行くために玄関を出て、歩こうとしたとき、両足の付け根に激しい痛みが走って、そのまま一歩も歩けなくなってしまった。足を踏み出そうとすると激しい痛みが襲ってくる。
すぐに病院へ連れていってもらい、その日から車イス生活。

通院しながら、病院でありとあらゆる検査をしたけれど、どこにも異常が見当たらない。「原因不明」と告げられた。
そこで、すぐに入院するよう云われた時、奥さんで歌手の九重佑三子さんは、「原因が分からず、治療法もないというなら、入院させる意味がありません」と云って、自宅に連れて帰って来たといいます。

その日から、自宅で夫婦二人三脚で養生をしていく中で、また元気に歩けるようになり、1年後に仕事に復帰したということです。

玄関から出ようとして歩けなくなる暫く前から、体調の変調があったと云います。
たとえば、あくびが出て仕方がない。とにかくあくびが出る。
それから歌詞が覚えられなくなっていた。ぜんぜん歌詞が頭に入ってこなくて、ステージに出てもうまく歌えなくなっていたけど、忙しかったので、とにかく仕事をこなし続けていた、と云います。

もしかすると、発症のしばらく前から
疲労とストレスによって、なんらかの葛藤状態にいらしたのかも知れません。

奥さんの九重佑三子さんは、
「絶対に治る、良くなると信じていた」
と語ります。

もしかすると奥さんは、
ご主人を見ていて
何かを感じていたのでしょうか。

ただし、一見神経症ではないかと
見まかうような機能障害が
中枢神経の疾患による場合もあるため、
まず検査が必要です。

            

気持ちを整理しながら

治りたいと思っている筈なのに(症状が)なくなってしまったり、良くなってしまうのが、とっても不安なんです。

ここで良くなってしまったり解決してしまったら、いま迄の時間がすべてムダだったようで、虚しくなりそうです。

落着いてきて、(症状が)気にならなくなってきたら、自分の中がカラッポになってしまったような、ひとりぼっちで暗闇に落ち込んでしまったような、そんな気持ちになってしまいました。

もうこれ以上良くなりたくない。

・・・これらの言葉は
ご相談者の方たちが
自ら語ってくださったものです。

意外に思われるでしょうか?

しかし人の心に添うていけば
けっして意外な言葉ではありません。

そして、カウンセリングを続けてゆく中で
ご自分の中の別の気持ちと出会い

それを少しずつ
消化していった方のほうが
むしろ、結果が良いように思います。


| 寄り道をしながら |

神経症に限らず
回復に一直線は禁物です。

寄り道をしながら、時々休憩して
道端の草花を眺めながら
歩いてゆきます。

遠回りに思われるでしょうか。

でも、遠回りに見えて
結局は一番の近道、ということは
案外多いかもしれません。

カテゴリー心と身体