フラッシュバックについて

フラッシュバックとトラウマ感情

| フラッシュバックとは? |

フラッシュバックとは

「過去の体験」を連想させるような
何か(状況・言葉等)に遭遇した時に

(これをトリガー/引き金と云います)

「あの時」と同じ感情や感覚が
不意に蘇ってきて

様々な心身の反応を
引き起こす状態をいいます。

あるときテレビで
住宅街での爆発火災のニュースが流れ、

現場の近所に住む老人が
爆発音を聞いて、太平洋戦争の時の東京大空襲の情景を思い出して、とってもこわかった」と

震えながら
カメラの前で語っている姿を
見たことがあります。

| 二つのフラッシュバック |

フラッシュバックには
例えば、上に記した老人のように

「あの時」の情景や記憶も
共に蘇ってくるものがあります。

多くの人が持つ
フラッシュバックのイメージとは
そのようなものかも知れません。

しかし、実を云うと
そのようなフラッシュバックは
少数派になります。

それと云うのも、
カウンセリングで出会う
フラッシュバックの多くは

感情(情動)や感覚だけが反復想起
される形のために、

フラッシュバックが起きている(いた)
と気づくことは、困難になります。

| 〝些細なこと〟 |

しかも、トリガーとなるものも、
他人や相手からしてみると

「どうしてそんな事くらいで・・・?」
と思われるような〝些細なこと〟が
多いかも知れません。

たとえば、
ある女性のご相談者が

自分が陥る状態が
フラッシュバックであることを知り、

そういう時には皆んな、自分と同じようになるんだと思ってた。でも他の人たちは、それを表に出さずに普通に振る舞えてる。わたしはそれが出来ずに混乱して、周りの人に迷惑をかけてしまう。
だから自分はダメで劣っている、と思って来たんです。


そうおっしゃったことがあります。


神田橋條治 精神科医
パニックや衝動的反応がみられたときには、フラッシュバックではないかと、まず考えてみてください。
フラッシュバックという言葉が映画に由来するので、視覚イメージだとみんな思っているでしょ。そうじゃないんですよ。

| 情動反応ゆえに |

つまりフラッシュバックとは、
過去の体験感情が反復想起されることで

様々な心身の反応が引き起こされる
「情動反応」のことです。

情動とは
感情のエネルギーのより強いものを云い、
発生する情動が強いほど

自律神経系を通して
様々な心身の反応を
瞬時に引き起こすことになります。

 

たとえば
頭が真っ白になったり。
混乱してパニックになってしまったり。

不安に襲われて動揺したり。

衝動的な怒りが湧いてきて、
感情的な言動を示したり。

ひどく辛くなったり苦しくなって、
逃げ出したくなったり、

(立ち去れるような場合には)
突然その場から立ち去ったり。

自分が全否定された様な思いになって
絶望感に襲われて
死にたくなってしまったり。

・・・というような、様々な反応が
引き起こされることになります。

数年前に夫の浮気があり、フラッシュバックのような当時の記憶、感情の蘇りなるものに悩まされてます。
自分では意識してないのに感情が湧き上がってきて、動悸や震え、頭が真っ白になったりと、日常生活に支障が出てきていますし、平常心を保とうとすることにも疲れました。

先日フラッシュバックでご相談させていただいた○○です。
その後、お陰様でだいぶ落ち着いてきて、今もたまに動悸はありますが、いろいろと自分で先のことを考えられるようになり、夫婦関係を客観的に見れるようにもなりました。

ご相談者の言葉・感想から

ご相談者の言葉・感想

| トラウマとトラウマ感情 |

フラッシュバックを生むような
過去の体験感情は

実際には「トラウマ感情」として
脳裏に刻まれています。

トラウマ感情とは、

○ 怒りや恨み・恐怖感

○ 自己嫌悪・悲しさ・くやしさ

○ 不安感・絶望感・ひどい無力感

・・・などの感情を云います。

たとえば
発達障害を持っている人の中には

過去に受けた叱責だとか
心ない言葉などを
繰り返し蘇らせてしまうことがあります。

そのため妄想と誤診されて
薬物投与を受けているケースがあります。

| 背後にあるもの |

フラッシュバックの背後には、

傷つき体験からくるトラウマ感情が
反復想起されています。

傷つき体験・トラウマ体験というと

幼児期だとか子ども時代を
連想するかも知れませんが

しかし、フラッシュバックを生むような
トラウマ体験は

ちいさい頃ばかりではなく、
思春期や成人してからでも
経験するものです。

そして、それらは生活の営みの中で・
普段の人間関係の中で
作られているものです。

しかも
「養老孟司さんのケース」にもある通り

トラウマ感情は
一瞬の無意識のうちに刻み込まれために、
本人にも分かりません。

| 三島由紀夫の話 |

作家の三島由紀夫が
あるインタビューの中で
このようなことを語っています。

体験ていうのは誰でもあるんですけども、それじゃあ、たとえば死にそうな体験をしたとか、エベレストに登って落っこちそうになったとか、そういうのばかりが体験ではないんですよね。

〝体験〟というのは分からないところに隠れていて。

たとえば道を歩いている時に、ちょこっと小石につまずいて・・・
その小石というものが、人生で大きな意味を持っちゃうことがある。
小さな石がね。

| 奥で生き続けるもの |

例えばですが・・・

頭ごなしの言動や態度に対して、

ひどく過敏・過剰に反応する人が
いらしたりします。

もちろん
そうした言動や態度に対して
不愉快に感じない人は
いないはずです。

しかし中には、
そうした言動や態度を見せる人に対して

非常な嫌悪感や拒否感
あるいは、ひどく怒りや反発心を
示す人がいます。

しかもそれは、
実際に頭ごなしの言動を
行なう人に対してだけでなく、

ただそんな印象を受けるだけの人にさえ、

一方的に嫌悪感や反発心を
抑えられません。

もしかすると、 過去に誰かから
そうした扱いを受けて、

ひどく傷ついたり恨んだり、
不安や脅えたりした体験の記憶が

底の奥に隠れているのかもしれません。

それが、いま目の前にいる人に、
オーバーラップされてしまう ・ ・ ・。

| 回復のために |

フラッシュバックからの回復には、

それがフラッシュバックであると
知ることが、大切な第一歩です。

そして
フラツシュバックからの回復とは
思い出さなくなる事
ではありません。

少しずつ、一歩ずつ
その体験を
ご一緒に振り返りながら

トラウマ感情を
整理・消化(昇華)してゆく・・・。

細かなことは色々ありますが、

そうした思を大切にしながら
カウンセリングでは
ご一緒にお話しをしています。

カテゴリー心と身体