フラッシュバックとトラウマ体験


フラッシュバックについて

フラッシュバック
そして、トラウマと云われるものは

普段の生活の中に存在している。

このことを理解していただくことが
大切になります。

ご自分の行動や反応が
「フラッシュバックだったんだ」
と分かることによって、

大袈裟かも知れませんが、

その後の人生が変わる方が
いらっしゃると思うからです。

| フラッシュバックとは |


心の領域で云う
〝フラッシュバック〟とは、

過去の体験を連想させるような・
過去の体験と結びつくような

なんらかの刺激に出会った時。

あるいはそうした体験記憶と
よく似た状況に置かれた時に、

(これをトリガー/引き金と云います)

〝あのとき〟の感情や感覚が
不意に蘇ってきて、

さまざまな反応を引き起こす状態、
を云います。


あるときテレビで、
住宅街で爆発があったニュースが流れ、
現場の近所に住む老人が

爆発音を聞いて、太平洋戦争の時の東
 京大空襲の情景を思い出して、とって
 もこわかった


と震えながら、カメラの前で語る姿を
見たことがあります。

| 一般のイメージ |


フラッシュバックでは
上の老人のように

〝あのとき〟の情景や記憶も
一緒に蘇ってくるケースがあります。


もしかすると、多くの人が持つ
フラッシュバックに対するイメージとは、

そのようなものかも知れません。

つまり、事件や事故・
災害などに巻き込まれた方たちが

そうした記憶から抜け出せずに、

パニックになったり
なにかの精神症状を現したり

・・・というものとして。


しかし、そのようなフラッシュバックは

フラッシュバックの中でも
実は、少数派になります。

フラッシュバックを生むような
トラウマ記憶の多くが、

実は、普段の生活や出来事の中・
日常の人間関係の中で
作られているからです。


カウンセリングで出会う
フラッシュバックのほとんどが

そうしたものになります。

| 感情だけが反復想起する |



多くのフラッシュバックでは、
トリガーに接した時に

無意識のうちに
感情や感覚だけが反復想起されるため

本人自身でも
フラッシュバックが起きている(いた)、
と気づくことは

とても難しくなります。

しかしそれは、
カウンセラーや治療者と呼ばれる側も
同じような状態です。


パニックや衝動行為・行動がみられたと
きには、フラッシュバックではないかと、
まず考えてみてください。

フラッシュバックという言葉が映画に由
来するので、視覚イメージだとみんな思
っているでしょ。そうじゃないんですよ。

       神田橋條治・精神科医

| フラッシュバックは情動反応 |


フラッシュバックに結びつく
トラウマ記憶は、


実際には
〝トラウマ感情〟として
脳裏に刻み込まれています。

トラウマ感情とは、

○ 恐怖心・怒りや恨み

○ くやしさ・みじめさ・悲しさ

○ 不安感・絶望感

などの感情を云います。

そして、感情のエネルギーの
より強いものを「情動」と云います。

強い感情や情動は
自律神経系を通して

心身の反応を
瞬時に引き起こすことになります。


発生する感情や情動が
強ければ強いほど、

たとえば、
頭が真っ白になって
パニックになってしまったり。

動悸が激しくなって手足が震えて来たり。

動揺し混乱してしまったり。

突発的な怒りが湧いてきて
怒鳴り声をあげたり。

辛くなって苦しくなって
(立ち去れるような場合には)
突然そこから立ち去ったり。

自分が全否定された思いになって
怒りや絶望感に襲われたり。

こうした反応が引き起こされます。

| 引き起こされる問題 |


つまりフラッシュバックとは、

過去のトラウマ体験による感情が
刺激されて、突然蘇ることで

なんらかの心身の反応が引き起される
情動反応」がその本質です。

情動反応ですので、
単なる考え方や気の持ちようなどで

解決や克服できるものではありません。


更には、トリガーとなるものも
いわゆる
〝些細なこと〟が多く、

ご本人はもちろんのこと
周囲の人・身近な人たちも

その反応や行動が
フラッシュバックによるもだとは、
まったく分かりません。

多くの患者さんでは、フラッシュバック
のトリガーになったものがごく些細なこ
とのために、気づいていないことが殆ど
です。

      神田橋條治・精神科医


そのため、その反応や行動が
フラッシュバックによるものなのに、

そんなふうになるのは、
自分がダメだから
自分の性格が弱いから」と

悩んだり苦しんでいる方たちが
いらっしゃいます。

あるいは、
フラッシュバックによって誘発される
つらい気持ちや感情によって

大切な人との関係を壊してしまったり。

転職を繰り返すようになったり。


しかも、上に記したように
感情だけが反復想起されるケースでは

残念なことに
カウンセリングや治療の場でも、

フラッシュバックであることを
見落とされていることが、殆どです。


| フラッシュバック反応 |


たとえば、
このようなケースがあります。

仕事でも
普段の人付き合いの中でも、

自分がした事を
キツイ口調で注意されたり、

強い口調で何か云われた時に、

恐怖の感情が
不意に迫ってきて、

狼狽し混乱して
パニック状態に陥ってゆく

・・・という人が、いらっしゃいます。

ある女性のご相談者が、

そういう自分の状態が
フラッシュバックであることを知り、

そういう時には皆んな、自分と同じよ
 うになるんだと思ってた。でも他の人
 たちは、それを表に出さずに普通に振
 る舞えてる。わたしはそれが出来ずに、
 混乱して、周りの人に迷惑をかけてし
 まう。
 だから自分はダメで劣っている、と思
 って来たんです


そうおっしゃったことがあります。



(ある症例報告から)
有名大学を出た二十代のある女性は、
従来のうつ病のように、頑張り続けた結
果うつ病になったわけでなく、

上司に「キミ、それくらいのことも出来
ないのかね」と、言われたことで、うつ
病にまでなってしまった。

もう1年以上も精神科クリニックに通院
し、薬を飲み続けてるいるが、一向に治
らないということでカウンセンリグを続
けたところ、
この女性は、この上司の言動が、幼い頃
の親への恐怖心を、無意識のうちに再燃
させていたことが、分かってきたのであ
る。


トラウマ体験・トラウマ感情


フラッシュバックを生じさせる
感情記憶のことを、

トラウマ記憶」と呼んでいます。

そして、トラウマ記憶の多くは、
すでに記したように

実は、普段の生活の中・
日常での出来事や体験の中で
作られているものです。


作家の三島由紀夫が
あるインタビューの中で、
このようなことを語っていました。

体験ていうのは誰でもあるんですけども、
それじゃあ、たとえば死にそうな体験を
したとか、エベレストに登って落っこち
そうになったとか、そういうのばかりが
体験ではないんですよね。

〝体験〟というのは分からないところに
隠れていて。

たとえば道を歩いている時に、ちょこっ
と小石につまずいて・・・
その小石というものが、人生で大きな意
味を持っちゃうことがある。
小さな石がね。



フラッシュバックの背後にある
トラウマ記憶の多くが

三島由紀夫の語る〝体験〟の話と
通じるものがあるように思います。

しかも、
「養老孟司さんのケース」にも
あるように

トラウマ感情は、その場・その瞬間に
無意識のうちに
脳裏に刻み込まれるため、

自分自身でも分かりません。


| 現在と過去との交わり |


例えばですが・・・

頭ごなしの言動や態度に対して、

ひどく過敏・過剰に反応する人が
いらしたりします。

もちろん、そうした言動や態度に対して、
不愉快に感じない人は
いないはずです。

しかし中には、
そうした言動や態度を見せる人に対して

非常な嫌悪感や拒否感
あるいは、ひどく怒りや反発心を
示す人がいます。

しかもそれは、
実際に頭ごなしの言動を
行なう人に対してだけでなく、

そんな印象を受けるだけの人にさえ、
一方的に嫌悪感や反発心を
抑えられません。

もしかすると、 過去に誰かから
そうした扱いを受けて、

ひどく傷ついたり恨んだり、
不安や脅えたりした体験の記憶が

底の奥に隠れているのかもしれません。

それが、いま目の前にいる人に、
オーバーラップされてしまう ・ ・ ・。

| フラッシュバックからの回復 |


フラッシュバックからの回復とは、

「思い出さなくなること」
ではありません。

他の記憶や思い出の中に
混じり合ってゆくことです。

思い出や記憶には、
楽しい思い出、嬉しい思い出もあれば、

つらかった記憶
悲しかった思い出もあります。

それらのひとつに、なってゆくことです。



落ち着いた場で、
少しずつ少しずつ、一歩ずつ、

その体験を
整理・消化してゆく中で、

少し時間はかかるかも知れませんが

一歩だけ・その分だけ
ご自分自身が成長してゆくこと。

それが本来の意味での
〝回復〟なのだと思います。


細かなことは色々ありますが、

そうした思いで
お話しをうかがっています。



カテゴリー心と身体



お読みいただけると幸いで
・・・・・・・・・・・









カウンセリング案内



ご相談内容

カウンセリングをお考えの方へ

カウンセリングの前に

ご質問にお答えして/ 目次

ご相談者からの言葉・感想

カウンセンリグを経験してみて


Copyright(c) カウンセリング森のこかげ.