フラッシュバックとは


フラッシュバックとトラウマ


心の領域で云う〝フラッシュバック〟とは、
次のようなものを云います。

心の内側に、
その人にとって、ひどく強い感情体験として
刻み込まれた過去の体験記憶

その中でも特に、
「傷つき体験」だったり・
「不安に怯える体験」だったり・
「こわかった体験」記憶など

・・・を連想させるような
なんらかの刺激に出会ったとき、

あるいは、
そうした体験記憶と
よく似た状態・状況に置かれた時に、

(これを〝トリガー/引き金〟と云います)

〝あのとき〟の感情や感覚が
突然的に蘇ってきて、

様々な〝心身の反応〟や〝行動化〟を
引き起す状態を云います。

たとえば
いきなり怒り出したり。
突然感情的になって怒鳴り出したり。

あるいは、
(その場にいられなくなって)
突然そこから立ち去ったり。

・・・などのような行動化が
引き起こされることもあります。

こうした行動のために
大事な人間関係(夫婦関係・恋愛関係)が
壊れてしまうケースがあります。

一方、心身の反応としては
発生する情動が強ければ強いほど、

たとえば、
突然頭が真っ白になったり。
動悸が激しくなって手足が震えたり。

どうしていいのか分からなくなって
フリーズしてしまったり。

息が詰まりそうになったり。
ワッと叫びそうになったり。

・ ・ ・ などの心身の反応を
引き起すことになります。

|| フラッシュバックは情動反応 ||


ここで云う感情とは、

怒りや恨み・恐怖感
絶望感・悲しみ・
くやしさ・惨めさ、などのことです。

そして身体の反応を引き起こすような
強い感情のことを、
「情動(じょうどう) 」と云います。

強い感情や情動は、
主に自律神経系を通して
心身の反応を瞬時に引き起すことになります。


つまりフラッシュバックとは、

過去の体験と繋がる強い感情や情動が
突然に反復想起されることで、

〝心身の反応や行動化〟が引き起される
情動反応」がその本質です。

情動反応ですので、
単なる考え方や理屈・気の持ちようなどで、
解決や克服できるものではありません。


|| 一般的なイメージでは ||


フラッシュバックを生じさせる体験記憶を
「トラウマ体験」と呼んでいます。

そして、
「トラウマによるフラッシュバック」
と聞いたとき、

多くの人たちが想像されるのは、

事件や事故・
災害などに巻き込まれた方たちが
そうした記憶から抜け出せずに、

パニックになったり
なにかの精神症状を現したり

・・・という姿かもしれません。


あるときテレビで
住宅街で爆発火災があったニュースが流れ、
現場の近所に住む老人が

爆発音を聞いて、太平洋戦争のときの東京
 大空襲の情景を思い出して、とってもこわ
 かった」と震えながら、
カメラの前で語る姿を見たことがあります。

フラッシュバックでは
このように「あのとき」の情景や記憶も、
一緒に甦る場合があります。


しかし、このようなフラッシュバックは、
フラッシュバックの中でも
実は、少数派になります。

フラッシュバックとなる過去の体験記憶・
つまりトラウマ体験の多くは、

実は、普段の生活や出来事の中で・
日常の人間関係の中で
生じているものです。

カウンセリングで出会う
フラッシュバックのほとんどは、
そうした形のものです。


|| 日常生活の中に隠れているもの ||


これに関しては、
作家の三島由紀夫が
あるインタビューの中で、
このようなことを語っています。

体験ていうのは誰でもあるんですけども、
それじゃあ、たとえば死にそうな体験をした
とか、エベレストに登って落っこちそうにな
ったとか、そういうのばかりが体験ではない
んですよね。
〝体験〟というのは分からないところに隠れ
ていて。例えば道を歩いている時に、ちょこ
っと小石に躓いて・・・その小石というもの
が、人生で大きな意味を持っちゃうことがあ
る。小さな石がね。


〝ほんのちょっとつまずいた小石〟が
大きな意味を持ってしまうことがある・・・

フラッシュバックに繋がる体験記憶・
つまりトラウマ体験の多くは、

三島由紀夫が語るこの〝体験〟の話と
相通じるものがあります。

そして、
養老孟司さんのケース
でも語られているように、

それは意識の裏側で
脳裏に刻まれてゆくことになります。

そのため、自分自身でも分かりません。


|| 感情だけが反復される ||


これら多くのフラッシュバックでは、

トリガーに接した時に
感情や情動だけが反復想起されます。

更には、トリガーとなるものも
〝些細なこと〟が多いために、
ご本人自身も周囲の人も

〝その反応や行動〟が
フラッシュバックによるもだとは、
まったく分かりません。

たとえば、
そんな事ぐらいで、どうしていつも
 そんなふうになってしまうのか!?

フラッシュバックの周辺には、
上のような会話が、よく聞かれます。


たとえば、
仕事でも普段の生活の中でも、
誰かにミスや失敗を注意されたり、
あるいは、叱られたりした時に

恐怖感や怖さの感情(情動)が
不意に押し寄せてきて、
パニック状態に陥ってゆく

・・・というケースがあります。

ある女性のご相談者が、
ご自分の状態が
フラッシュバックであることを知って、

そういう時には皆んな、自分と同じように
 なるんだと思ってた。でも他の人たちは、
 それを表に出さずに普通に振る舞えてる。
 わたしはそれが出来ずに、混乱して周りの
 人に迷惑をかけてしまう。だから自分はダ
 メで劣っている、とずっと思っていました

そうおっしゃったことがあります。

このようなケースでは、
自信を失い・絶えず緊張し、
物事や人生が悪循環に陥ってゆくことが
起きてきます。

大事なことは、
「性格の問題」でも
「考え方や認知の問題」でもなく、

フラッシュバックであることを知り、
それを共に理解してゆくこと

・・・それが大切な一歩になります。


多くの患者さんでは、フラッシュバックの
トリガーになったものがごく些細なことの
ために、気づいていないことが殆どです。
        神田橋條治・精神科医

パニックや衝動行為・行動がみられたときに
は、フラッシュバックではないかと、まず考
えてみてください。
フラッシュバックという言葉が映画に由来す
るので、視覚イメージだとみんな思っている
でしょ。そうじゃないんですよ。
        神田橋條治・精神科医

|| 見落とされるフラッシュバック ||


残念なことに、
ご本人だけではなく
カウンセラーや治療者からも、

フラッシュバックであることを
見落とされています。

そのために、
性格や物事の捉え方の問題だとか、

あるいは、
心のクセとして扱われるために、
問題を複雑化させている場合があります。

他の所でカウンセリングの経験がある、と
おっしゃる方のお話の中に、
そうしたケースが
しばしば見られたりします。

パニック発作・パニック状態の中には、
かなりの割合で
フラシュバック反応によるものが
含まれている、と想像されます。


|| フラッシュバックからの回復 ||


ひとことで「フラッシュバック」と云っても
お一人おひとりに、 様々な背景があり
心の物語りがあることに、気づかされます。

フラッシュバックからの回復とは、
「思い出さなくなること」ではありません。

他の記憶や思い出の中に
混じり合ってゆくことです。

体験や記憶には
楽しかった思い出・嬉しい体験もあれば、

つらく苦しかった記憶、
悲しかった思い出もあります。

それらのひとつ、に
なってゆくことです。

それが
フラッシュバックからの回復の
最も大切な指標となります。

細かなことは色々ありますが、
そうした思いを大切にしながら、

カウンセリングでは
ご一緒にお話しをしています。


       【 こころの物語 】
       【 こころの物語 】
      【こころ ストレス 身体】
      【男女関係・恋愛関係】

 カテゴリー こころ ストレス 身体

お読みいいただけると幸いです
・・・・・・・・・・・・・・・・


カウンセリング案内