【夫婦関係】夫婦問題でのカウンセリング


     

夫婦関係でのご相談とカウンセリング

| はじめに |

パートナーとの関係というものは

日常の具体的な生活においても
精神的な面においても、
大変に大きな比重を占めています。

ですのでカウンセリングでも
夫婦関係は
大切なテーマのひとつになっています。

パートナー(夫のこと・妻とのこと)で
カウンセリングにお越しの方たちも
決して少なくありません。

誰かに一度、話を聴いてもらいたくて
・・・という方から、

カウンセリングを続けながら
夫婦の危機を乗り越えてゆく方も
いらっしゃいます。


| 夫婦仲・夫婦のことで |

結婚生活では、もちろん
嬉しいこともたくさんあります。

しかし一方では
パートナーとの関係に疲れてしまったり、
夫婦仲が上手くいかずに思い悩んだり。

相手への不満や苛立ちから
感情的な振る舞いになって
さらに悪循環になっていったり。

夫婦仲を改善したいのに
どうしたらいいか分からない・・・
などのように

夫婦関係のことで
思い悩むことが多いのも事実です。

その悪循環の繰り返しの中で

もうこれ以上は無理だ
もう一緒にはやっていけない

・・・というところまで、
心を追い込んでしまう事があります。


| 神は細部にやどる |

気持ちや感情など
心が深く関わってくる事柄では

自分で考えているだけでは
堂々巡りになっていったり

自分でも分からなくなってしまう事は
とても多いものです。

関係性というものは、実は
とてもデリケートな要素で出来ています。

神は細部に宿る
という言葉にあるように

細かなディテールの部分にこそ
重要な糸口が、隠れているものです。

ですので、面談では
いろいろな事を自由にお話しいただく
・・・という事が大事になります。


| 思い込みの雲を払い |

カウンセリングでの経験から申し上げると

パートナーとの間で起きていること
あるいは、
起きて来たことを

もう一度、ご一緒に整理し直しながら
考えてゆくことが、
とても必要で大事なことになります。

人は誰もが「自分メガネ」を通して
他者や物事を見ているものです。

自由にお話しいただきながら
ご一緒に整理してゆくことで

これまでの思い込みや先入観の雲を
少しずつ払いながら
そこで、本当は何が起きていたのか。
あるいは
本当は何が起きているのか・・・

ご一緒に見い出してゆくことは
どうしていけば良いか、を考える上でも
とても大切なことになります。


| ご相談例 |

(妻に・夫に)納得して貰うためには、これ以上何をすればいいか、自分では分からなくなっている。

別居している中で、今後どうしていったらいいか、自分の気持ちを整理してみたい。

(パートナーとの間で)気持ちが通じ合えない辛さを、ずっと感じてきた。アスペルガーではないかと感じている。

夫婦関係が壊れてしまう前に、自分にも変えられるところがあれば変えていきたい。

喧嘩が多くなっている。どうにかしたいけれど、イライラして繰り返している自分がいる。改善する糸口を見つけたい。

今後どうしていきたいのか、自分で自分の気持ちが分からなくなっている。

(パートナーが)精神的にとても不安定なところがあるように感じて、どのように接していけばいいのか分からない。

修復は難しそうだが、今後のためにもモヤモヤした気持ちを、少しでも整理したい。

一緒に生活を続けるには、わたしが変わることが条件であり、その為にカウンセリングを受けて欲しいと言われている。

その他

カテゴリー夫婦関係