〝人間関係での悩み〟を考える


        

| はじめに |

「人間関係での悩み」というものを
考えるときに、
こんな言葉があります。

わたしたちは、
自分と折り合いをつけられる程度でしか
他人と折り合いをつけられない。

         

たとえば、カウンセンリグのご相談には
大きな意味で捉えた時に

自分自身について
そして
人間関係・他者との関係」という
二つのテーマがあるように思います。

そして、この二つのテーマは
もしかすると

何処か、根っ子のつながったところが
あるかも知れません。


| 二つの関係がある |


わたしたちは、
自分と折り合いをつけられる程度でしか
他人と折り合いをつけられない。

これはフランスの著名な詩人、
ポール・ヴァレリーの言葉です。
(1871年〜1945年)

わたしたちには、

他人と自分との関係
というだけではなく、

自分と自分自身との関係
というものが、存在するのです。

そういう意味で云うと
「人間関係の悩み」の根っ子には、

「自分と自分自身との関係」
というものが

何かで・どこかで
関わっていることが
あるのかも知れません。

そう考えてみると、
なにか大切な糸口が
少しずつ見えてくる気がします。


| 照らしあう関係 |

自分自身との関係のあり方
・・・というものと

人との関係のあり方
・・・というものとが

向かい合わせの鏡のように
お互いに照し合っている世界。

外を見ると一緒に内が見え
内を見ると一緒に外が見える

高村光太郎 『牛』

こうしたことを書いているわたし自身、
今はそれなりの歳に
なってしまったので、

神経が多少太く
(図々しく)なりましたが、

もっと若い頃は、
人との距離が上手くとれなかったり、

人付き合いに悩むことが
多かった気がします。

それは、言葉を換えると
自分が自分を扱いかねていた、
とも云えるかも知れません。


| 少しだけ変わること |

他人は変えられない」とは
よく云われる言葉です。

まるで「水戸黄門の印籠」のようで、
それを聞かされると

ははぁ〜、
 ごもっともで御座ります

と頭を下げなくてはなりません。

変わるとは、実はほんの少し変わることなんです。
そして、ほんの少し変わるだけで、いろいろなことが変化していくのです。

上野千鶴子・社会学者

     ● ●

「自分を変える」のではなく、

「自分自身との関係」が
少しだけ変わってゆく・・・

そう考えてみるとどうでしょう。


 

| 自分と付き合っていく |

わたしたちは、生きている限り
自分自身と付き合いながら
生きてゆくことになります。

ですので、出来れば
より良い付き合い方を
して行きたい(生きたい)ですね。

こうすれば人間関係で悩まない

これで二度と人間関係で悩まない

などという特効薬は
ないかも知れません。

でも、そうした
少々現実離れした「特効薬」ではなく、

少しずつ、ちょっとずつ、
前の自分より
折り合いをつけられる自分になってゆく。

自分を大切にしながら、
それと共に

折り合いをつけられる幅が
少しずつ広がってゆく・・・

それが、わたしたちに与えられた
テーマかも知れません。

カウンセリングをしていると

自分を一番誤解していたのが
 実は自分自身だった

ということは案外多いものです。

      ● ●

わたしたちは、
自分と折り合いをつけられる程度でしか
他人と折り合いをつけられない。

カテゴリーこころの物語