〝懐メロ〟になってゆくもの

ケースカンファレンスでの出来事

| はじめに |

神田橋條治先生の
ケースカンファレンスでのことです。

提出者は五十代の男性で、
教育相談の場にいて
相談やカウンセリングを
長年担当している、と語っています。

すると神田橋先生は、その男性に

(カウンセリングを)やるようになって
何年になりますか?

と尋ねました。

臨床歴は何年になりますか?
という意味です。

神田橋先生の臨床歴は、
その時には五十年近くになっています。

男性の返事をお聞きになって、
神田橋先生は

臨床歴が十五年以上になれば、世間でいわゆる理論と云われているものが、だんだん懐メロのようになってくる筈なんだけど、あなたはどうですか?

そう問われました。


 

| 懐メロに代わるもの |

男性がよく分からずにいる様子を見て、
こう続けました。

懐メロっていうのは、「そう云えば、昔は自分もそういう本を読んで、人にも、よくそんな事を云っていたなあ・・・」とか。
「そういう事を覚えて、昔はよく使っていたっけなあ・・・」とか。
そんなふうになって行くものなんだけど、あなたはどうですか?

カウンセリングを十五年以上も打ち込んで来れば
「人間なんてもんは、理屈通り・理論通りになんか、ちっとも行きやせん!」ということを、思い知っていく。
理論として流通しているものを読んでいても、「そんなもんじゃ、ないんだけどなあ・・・」という思いが出てくるようになる。

だから、いわゆる理論と云われているものは、懐メロのようになって行くし、なって行く筈なんだ。
それに代わって、なんて云うか、広い意味での〝人間知〟というものが、臨床の中でより深くなっていく。

臨床歴十五年を過ぎた人であれば、それを目指さなくてはね。

神田橋先生のこの言葉が
今も心に残っています。

カテゴリー臨床のはなし