気持ちの臨界点(男女関係)

男女関係・恋愛関係


| 気持ちの臨界点とは |


このエッセイは、わたし自身の
カウンセリングでの経験に基づいて
記しています。



物質の世界には
臨界点(りんかいてん)とされる現象が
存在しています。

人の気持ちや心にも、
目には見えないけれども

臨界点というものが存在する、
と感じています。

そして、
気持ちや心の臨界点に達して、
それを超えてしまうと

その前までの気持ち・
その前までの関係に戻ることが

とても難しくなるようです。

・・・と云うよりも、

前までの関係には戻れない、
と云えるかも知れません。

戻らないし、戻れない。


ここで申し上げる「臨界点」とは、

主に男女関係でのことを
述べています。

こうした気持ちの臨界点が、
男女の関係には存在します。


| 臨界点とは |


物質の臨界点とは、
次のように説明されています。

物質が、その状態を変える分岐点。

たとえば
水という物質を例にあげると、

液体である水が
沸騰して気体に変わる分岐点。

固体である氷が
溶けて液体である水に変わる分岐点

・・・というふうに。


物質であれば、この水のように

臨界点を繰り返すことで
また元の状態に戻ることが可能です。

でも物質とは違って
人の心や気持ちの場合には、

戻ることが難しくなります。


臨界点に達して
それをわずかでも超えてしまうと、

その前までの気持ちには
戻れなくなる。

それを多くの人は、
こころが折れてしまった」と
表現されたりします。

あるいは
もうダメなんだ
もう、どんなことをしてもダメなの

そんなふうにもおっしゃいます。

それが言葉ではなく、

身体の症状として
現れることもあります。

| 臨界点を超える前に |


パートナーの心や気持ちが
臨界点に達したような状態になってから、

カウンセンリグにお越しになる方も
いらっしゃいます。


そのようなケースでは、

たとえ別居に至っているような
場合であっても、

パートナーの心が、臨界点の間を
まだ揺れていることが
多く見られます。

ですので、修復を望む場合には、

こうまで云っているということは、 
 もう無理に違いない
」と

悲観的になり過ぎるのは、
良い結果をもたらしません。


カウンセンリグでの経験から
申し上げるとすると、

パートナーの気持ちを
臨界点の手前に引き戻すのも、

あるいは
臨界点の向こうに追いやるのも、

そこで、冷静に根気よく
相手の話に耳を傾けて、

考えていけるかどうかに
かかっている、

・・・と云えるかも知れません。


カテゴリー男女関係・恋愛





お読みいただけると幸いで
・・・・・・・・・・・








カウンセリング案内

森のこかげ トップページ

ご相談内容

カウンセリングをお考えの方へ

ご質問にお答えして/ 目次

ご相談者からの言葉・感想

カウンセンリグを経験してみて