気持ちの臨界点(男女関係)

男女関係・恋愛関係のカウンセリング


| 気持ちにも臨界点がある事 |


このエッセイは、わたし自身の
カウンセリングでの経験に基づいて
記しています。


物質の世界には
臨界点(りんかいてん)とされる現象が
存在しています。

人の気持ちや心にも、

目には見えないけれども
臨界点というものが存在する、
と感じています。

そして
気持ちや心の臨界点に達して、
それをわずかでも超えてしまうと

その前までの気持ち・
その前までの関係に戻ることが
とても難しくなるようです。

と云うよりも、
前までの関係には二度と戻れない、
と云ってよいかも知れません。

戻らないし、戻れない。

ここで申し上げる「臨界点」とは、
主に男女関係でのことを
述べています。

こうした気持ちの臨界点が、
男女の関係には存在します。


| 臨界点とは |


物質の臨界点とは、
次のように説明されています。

物質が、その状態を変える分岐点。

たとえば、水という物質を例にあげると

液体である水が
沸騰して気体に変わる分岐点。

固体である氷が
溶けて液体である水に変わる分岐点

・・・というふうに。

物質であれば、この水のように
臨界点を繰り返すことで
また元の状態に戻ることが可能です。

でも物質と違って
人の心や気持ちの場合には、
戻ることが難しくなります。

臨界点に達して
それをわずかでも超えてしまうと、
その前までの気持ちには戻れなくなる。


それは他人はもちろんのこと
本人自身にも、
変えようのないこととしてあります。

それを多くの方は、
こころが折れてしまった」と
表現されたりします。

あるいは

もうダメなんだ
もう、どんなことをしてもダメなの

そんなふうにもおっしゃいます。

あるいは、それが言葉でなく
身体の症状として、現れることもあります。


| 臨界点を超える前に |


パートナーの心や気持ちが
臨界点に達したような状態になってから、

はじめて、
焦ったようになって
カウンセンリグにいらっしゃる方も
おいでです。

そのようなケースでは
別居が始まっているような場合であっても、

パートナーの心が
臨界点の間を、まだ揺れていることが
多く見られます。

ですので、修復を望む場合には、

パートナーの心が
まだ臨界点の境界線を揺れている、
にもかかわらず

「もう、どうせ無理なんだろう」と
悲観的になり過ぎるのは、
良い結果をもたらしません。


カウンセンリグの経験から申し上げると、

パートナーの気持ちを
臨界点の手前に引き戻すのも、

あるいは
臨界点の向こうに追いやるのも、

そこで、冷静に根気よく
相手の話に耳を傾けて
考えていけるかどうかに、
かかっていると云えるでしょう。


| フラッシュバックと夫婦問題 |


これは
ほとんど云われていない事ですが
とても重要な事があります。

夫婦関係が壊れていったり・
夫婦仲が悪化してゆくきっかけに、

ご主人・あるいは奥さん側の
フラッシュバックによる衝動的な言動が

深く関わっているケースに
出会うことがあります。

しかし、当然ですが
ご本人・パートナー共に

その衝動的・感情的な言動が
フラッシュバックによるものとは、
まったく分かりません。

しかも、
カウンセラーや専門家と云われる人からも、
臨床の中で、フラッシュバックが
理解されていない現実があります。


○○のような事があると
 人が変わったような表情や様子に
 なってゆくので、そういう事が何度もある
 と、子どもたちも普段からなんとなく、
 あの人の顔色をうかがうようになって
 しまっているんです


そうしたお話しを
お聞きすることがあります。

普段は優しい人だとしても、
 ○○のような時に、いつもこんなふう
 にされるのでは、もうやっていけません


これに似たお話や訴えを
しばしばお聞きすることがあります。


フラッシュバックとは
           【心と身体】
夫婦問題でのご相談とカウンセンリグ
      【夫婦関係・夫婦問題】
夫婦関係・やり直しのご相談
      【夫婦関係・夫婦問題】
葛藤に苦しむとき
      【カウンセンリグの話】

カテゴリー男女関係・ 恋愛



お読みいただけると幸いで
・・・・・・・・・・・








カウンセリング案内

森のこかげ トップページ

カウンセリングをお考えの方へ

ご質問にお答えして/ 目次

カウンセンリグの前に

ご相談者からの感想・言葉

カウンセンリグを経験して