〝性格の問題〟とフラッシュバック

 フラッシュバックを理解する


 

自分でも、性格の問題だと思っていました。

カウンセリングをしていると、

辛くなったり
苦しくなるような感情問題が、

傷つき体験からくる
フラッシュバックによるものと知って

上のように打ち明けて下さる方は
少なくありません。

フラッシュバックの問題で
一番大切なことは、

「フラッシュバックが起きている」
ということを、
理解できることにあります。


| 性格の問題だと誤解される |


「フラッシュバックとトラウマ」で
詳しく記しているように

多くのフラッシュバックでは、

傷つき体験からくる
感情や感覚だけが
反復想起されるために

いま起きている心理的反応が
フラッシュバックであるとは、

ご本人にも分かりません。

そのため
フラッシュバックからくる反応が

「性格の問題」と誤解されることが
起きてきます。

 神田橋條治・精神科医/心理療法家
パニックや衝動行為・行動がみられたときには、フラッシュバックではないかと、まず考えてみてください。

フラッシュバックという言葉が映画に由来するので、視覚イメージだとみんな思っているでしょ。
そうじゃないんですよ。


     ● ●

それはなにも
ご本人ばかりではありません。

何かのきっかけで
カウンセリングに行ったり
クリニックを受診された場合にも、

フラッシュバックであることを
見落とされてしまうために

「性格の問題」だとか
「考え方の問題」とされてしまう事が
とても多いように思います。


  

| 重ね着反応 |


フラッシュバックを
更に分かりにくくさせるのは、

フラッシュバック反応を避けるために
無意識に身に付けた行動や意識が

服を重ね着するようにして
覆っている場合が、あるからです。

もちろんご本人自身は、
フラッシュバックだと
分かってはいませんが、

フラッシュバックが引き起こされると、
ひどく辛く苦しい気持ちに
直面しなくてはなりません。

そのため
避けようとする意識や行動パターンが

無意識のうちに
作られてくることがあります。



| ランダムな絵模様のように |


カウンセリングでは、
それらが、ご相談者のお話の中で

紙にランダムな模様を描くようにして
語られることになります。


ですので、お話をじっくり伺いながら
ご一緒に詳しく整理し

そして、
焦点を捉えてゆくような術がないと

「性格の問題」というふうに、
ひと括りな話に、なってしまいがちです。


| 人生への負荷の違い |


フラッシュバックの背後には

傷つき体験と繋がるような状況
(これをトリガーと云います)
に接すると

トラウマ感情が反復想起される、
という心のメカニズムがあります。

そうしたトラウマとなるような
傷つき体験は

幼い頃、子どもの頃に
限ったものではありません。

思春期や成人してからでも
トラウマ体験は作られます。

しかも、トリガーとなるものは
多くの場合〝些細な事〟のために

ご本人自身も分かりません。

      ●●

このようなトリガーに
たとえば、

数年に一回くらい
なにかの拍子に遭遇する
・・・というものでしたら

人生や生活への負荷や影響は
殆どないかも知れません。

しかし、たとえば
仕事の場で遭遇するようなもの。

人間関係の場で
生じてくるようなもの。

・・・というときには、
頻度が少ない場合であっても

人生への質的な影響は
大きなものになるかも知れません。


人間関係といっても
一般的な人との関係では
殆ど遭遇することはないけれど

とても親密な関係・・・

たとえば、
恋人関係とか夫婦関係になると
遭遇するようなトリガー

というケースもあります。

      ●●

フラッシュバックによる反応のために
たとえば、

転職を繰り返すことになったり。

関係が壊れるきっかけになったり。

怒りの発作に襲われることで、
口論やトラブルのきっかけになったり。

精神的に不安定になったり。

人との親しい関係作りを
避けるようになったり。

・・・という場合もあります。


このように
ひと言でフラッシュバックと云っても

人生への負荷は、違ってきます。


カテゴリー心と身体







カウンセリング案内

ご相談内容

カウンセリングをお考えの方へ

・・・・・・・・

カウンセリングの前に

ご質問にお答えして/ 目次

・・・・・・・・

体験手記・目次

ご相談者からの言葉・感想












Copyright(c) カウンセリング森のこかげ.