生きづらさとフラッシュバック


 

生きづらさの中にあるフラッシュバック現象

| はじめに |

「自分がダメだから、そうなるんだと思ってた」

ご自分が悩んでいたり
苦しんでいたものが
フラッシュバックによるものと分かって

上のようにおっしゃる方は
少なくありません。

それは性格の問題でもなく
ご自分がダメだからでもなく
フラッシュバックが起きているのです。


| 分からずにいることで |

カウンセリングの場で出会う
フラッシュバックの多くは
映画のフラッシュバックとは違って

感情だけが反復想起される形のために

ご本人自身でも
フラッシュバックが起きているとは
分からずにいます。

そのために、
フラッシュバックをきっかけに生じる様々な反応が、「性格の問題」と誤解されることが起きています。

しかも、トリガー(フラッシュバックのきっかけ)となるものも、他人や相手から見ると〝些細なこと〟が多いために

どうしてそんな事くらいで・・・!?」と

関係が壊れるきっかけになるケースも
見てきています。

こんな事もありました。

カウンセリングにいらしていた女性が
ある時
ご夫婦の間で起きた事をお話しされて

そのお話をうかがっていて
「その時もしかすると、ご主人はフラッシュバックが起きているのではありませんか?」

そう申し上げたことをきっかけに
ご主人がお話しにいらした事があります。

子どもの頃の傷つき体験が
衝動的な行動を引き起こしていることが
理解されていきました。


 

| 人生への影響の違い |

傷つき体験(トラウマ体験)からくる
フラッシュバック反応というものは
実は、さほど珍しいものではありません。

程度の違いはあっても
多くの人に存在している、
と云ってもよいと思います。

しかし、
どのような事がトリガーとなるか。

そして、フラッシュバックによって
どのような反応が起きてくるのか。

そして、その反応の程度によって
人生への影響や負荷が違ってきます。

加えて、それが
どのような場で起きうるか・・・
ということも

人生への影響を大きく左右します。

たとえば、トリガーとなるものに
数年に一度くらい
何かの偶然に遭遇するだけ

・・・というものでしたら
人生への負荷は殆どないかも知れません。

しかし、たとえば
仕事の場で遭遇するようなもの。

対人関係の場で生じるようなもの。

・・・という時には
頻度が少ない場合であっても

人生への影響や
自分自身への精神的負荷は
大きなものになるかも知れません。

更には、人間関係といっても

仕事関係・友人関係など
一般的な人との関係では
ほとんど遭遇することはないけれど

とても親密な関係・・・
恋人関係とか夫婦関係になると
生じてくるもの

・・・というケースもあります。

フラッシュバックによる反応のために
たとえば、

転職を繰り返すことになったり。

関係が壊れてゆくきっかけになったり。

怒りの発作に襲われることで、
口論やトラブルのきっかけになったり。

人との親しい関係作りを
避けるようになったり。

・・・という場合もあります。

このように
ひと言でフラッシュバックと云っても
人生への負荷は、違ってきます。

カウンセリングの経験から申し上げると

それがフラッシュバックであることを
知ることが
まずはとても大切になります。

「心のフラッシュバックとは」にも
記しましたが

ある女性のご相談者が
ご自分が悩んできたものが
フラッシュバックであると分かって

そういう時には皆んな、自分と同じようになるんだと思ってた。でも他の人たちは、それを表に出さずに普通に振る舞えてる。わたしはそれが出来ずに混乱したり泣き出したりして、周りの人に迷惑をかけてしまう。
だから自分はダメで劣っている、と思って来たんです。

そうおっしゃったことがあります。

カテゴリー心と身体