【予言】生き続ける言葉

言葉が持ってしまう意味とは

| 未来形の裏の意味 |

わたしたちは、たとえば子供に対して、しばしば「お前はダメだな」という。それは単に、その行為に対する事実を述べているだけです。
ところがその子供にとって、それは「ダメであろう」という予言、「ダメであれ」という命令として脳裏に刻まれる。

たとえば英語では、命令形を未来形でいうことがありますね。そのほうが強い命令になる。もともと未来形と命令形は同じものです。

「コミュニケーションの世界」では「こうなるだろう」と言うことは、「こうなれ」という意味として(前意識に)伝わる。
だから、子供に対して、お前はダメだということを事実として語ることは、お前は失敗するという予言を、与えているようなものですね。

このように語るのは
柄谷行人氏
(『言葉と悲劇』ちくま学術文庫)です。

わたしたちの身体が
食物を食べて生きるように、

わたしたちの心は
〝言葉〟を食べて生きている。

ちなみに前意識とは、
自覚的な「意識」と
「無意識」との境界に存在して

意識とも無意識とも交通する
半覚醒意識・・・と考えられています。


  

そして、わたしたちは
与えられた〝予言〟に抗して

この人生を生きて行かなくてはならない
・・・場合がある。

柄谷氏は、そう語っています。

注意すべきことは、いったん語られた〝予言〟は、言われた人間を「拘束」し、左右してしまうということです。

ダメだと言われてきた人間は、自分でどんなに頑張ってやってみても、どこか自信を持てないままに、ずっとやり続けなければならない。
絶えず「自分は失敗するかもしれない」と思ったりするし、また、その観念とも闘い続けなければなりませんね。

そうなると、人間は、子供の時に与えられた予言と闘っているようなものです。

その意味からすると、われわれは白紙の中で生きていくのではなく、まさに〝予言〟の中で生きていく、と言っていいかもしれません。


| 予言となる言葉たち |

「お前はダメだ」を別の言葉
・・・たとえば

あんたは、
 何をやってもグズなんだから


本当にのろまな奴だ
というのもあります。

子ども(わたしたち)にとって
〝予言〟となる言葉は
他にも、いろいろ存在します。



| 予言の物語からの卒業 |

カウンセリングでお会いし
お話をうかがっていると、

こうした〝予言の物語〟の中で

ご自分の一部を殺しながら
生きている方に、
出会うことがあります。

もちろん、ご本人自身は
その物語を自覚されては
いらっしゃいませんが・・・


     ●●●

でも、いろいろなことを
ご一緒に整理し、そして考えてゆく中で

〝予言の物語〟から
そっと抜け出して行かれる方が
いらっしゃいます。



カテゴリーこころの物語