〝予言〟生き続ける言葉

 与えられる予言


わたしたちは、たとえば子供に対して、しば
しば「お前はダメだな」という。それはたん
に事実を述べているだけです。
ところがその子供にとって、それは「ダメで
あろう」という予言、「ダメであれ」という
命令として、脳裏に刻まれる。
たとえば英語では、命令形を未来形でいうこ
とがありますね。そのほうが強い命令になる。
もともと未来形と命令形は同じものです。
「こうなるだろう」ということは「こうなれ」
ということなのです。
だから、子供に対して、お前はダメだという
ことを事実として語ることは、お前は失敗す
るという予言を与えているようなものですね。

このように語るのは、柄谷行人氏
(『言葉と悲劇』ちくま学術文庫)です。

わたしたちは、
与えられた〝予言〟に抗して
この人生を生きて行かなくてはならない
・・・場合がある。

柄谷氏は、そう語っています。

注意すべきことは、いったん語られた予言は、
言われた人間を拘束し、左右してしまうとい
うことです。
ダメだと言われてきた人間は、自分でどんな
に頑張ってやってみても、どこか自信を持て
ないままに、ずっとやり続けなければならな
い。絶えず、自分は失敗するかもしれないと
思ったりするし、また、その観念とも闘い続
けなければなりませんね。
そうなると、人間は、子供の時に与えられた
予言と闘っているようなものです。
その意味からすると、われわれは白紙の中で
生きていくのではなく、まさに予言の中で生
きていく、と言っていいかもしれません。

 親の〝予言〟に抗して


「お前はダメだ」を別の言葉・・・

たとえば
あんたは、何をやってもグズだ
ですとか、
本当にのろまなんだから
というのもあります。

子ども(わたしたち)にとって
〝予言〟となる言葉は
他にも、いろいろあることでしょう。

そして実際に、カウンセリングの中でも
上で語られていることと
同じような物語を持つ方に、
出会うことがあります。

       【 こころの物語 】
       【 こころの物語 】
       【 こころの物語 】
      【男女関係・恋愛関係】

カテゴリーこころの物語
こころの物語
▷ 記事はこちら
 カウンセリングの話
▷ 記事はこちら


お読みいいただけると幸いです
・・・・・・・・・・・・・・・・


カウンセリング案内