予言・生き続ける言葉

予言・言葉が持ってしまう意味

| 与えられる言葉 |


わたしたちは、たとえば子供に対して、
しばしば「お前はダメだな」という。
それはたんに、その行為に対する事実を
述べているだけです。

ところがその子供にとって、それは
「ダメであろう」という予言、「ダメで
あれ」という命令として脳裏に刻まれる。

たとえば英語では、命令形を未来形でい
うことがありますね。そのほうが強い命
令になる。
もともと未来形と命令形は同じものです。
コミュニケーションの世界では「こうな
るだろう」と言うことは、「こうなれ」
という意味として伝わる。

だから、子供に対して、お前はダメだと
いうことを事実として語ることは、お前
は失敗するという予言を、与えているよ
うなものですね。


このように語るのは
柄谷行人氏
(『言葉と悲劇』ちくま学術文庫)です。

わたしたちは、
与えられた〝予言〟に抗して

この人生を生きて行かなくてはならない
・・・場合がある。

柄谷氏は、そう語っています。


注意すべきことは、いったん語られた予
言は、言われた人間を拘束し、左右して
しまうということです。

ダメだと言われてきた人間は、自分でど
んなに頑張ってやってみても、どこか自
信を持てないままに、ずっとやり続けな
ければならない。

絶えず、自分は失敗するかもしれないと
思ったりするし、また、その観念とも闘
い続けなければなりませんね。
そうなると、人間は、子供の時に与えら
れた予言と闘っているようなものです。

その意味からすると、われわれは白紙の
中で生きていくのではなく、まさに予言
の中で生きていく、と言っていいかもし
れません。



| 予言から抜け出してゆく |


「お前はダメだ」を別の言葉
・・・たとえば

あんたは、
 何をやってもグズなんだから


本当にのろまな奴だ

というのもあります。

子ども(わたしたち)にとって

〝予言〟となる言葉は
他にも、いろいろあることでしょう



そして実際に、カウンセリングの中で
上で語られていることと
同じような物語を持つ方に、

お会いすることがあります。

〝予言〟の拘束から
抜け出してゆかれる場に

ご一緒させていただく時があります。



カテゴリー始まりの物語



お読みいただけると幸いで
・・・・・・・・・・・

カウンセリング案内



カウンセリングをお考えの方へ

カウンセリングの前に

ご質問にお答えして/ 目次

カウンセリングを経験してみて