〝大問題〟からではなく

カウンセリングへの先入観


カウンセンリグでは、
小さな変化ほんの少しの違い
・・・というものを

大切にしていきたい、と思っています。


| むいていない言葉 |


カウンセンリグに対しては、
残念なことですが
いろいろな先入観があるようです。

そうした先入観の一つに、

カウンセリングというのは、
 自分(自分の問題)と
 向き合わなくてはならないもの

・・・という先入観があるようです。

しかし、
わたしだけの印象かも知れませんが

「向き合う」という言葉には、
対象に対して
親和的なニュアンスというよりも、

どちらかというと

ファイティング・ポーズだったり、
何かに挑んでゆく・迫ってゆく時の姿勢を
連想してしまうのです。

むしろカウンセリングには
むいていない言葉かも知れません。


百歩ゆずって考えても、
そもそも
「自分の問題と向き合う」と云っても、

自分の〝なに〟と向き合うのか。
「自分の問題」と云っても
それはどういうものなのか・・・

それを漠然とではなく、
具体的に分かっていなくては、
そもそも、向き合いようがありません。

| より洗練されたやり方で |


面談の中で、時折
このように申し上げることがあります。

〝大問題〟を
 直接いじる必要はありませんよ」と。

それとは関係のないように見える
ささやかな事柄を。
少しずつ整理・消化していく中で、

なんとなく
〝そのひと全体が動いてゆく〟ことが、

人の心や内面には
起きてくるからです。

何故そうなるかは分かりませんが、
長いカウンセンリグの経験が
それを教えてくれています。

そして、それは
カウンセリングとしての
より洗練された方法でもあります。


少しずつ、自分の感情や考えを整理できて、
 これまで別々に見えていたことが、
 繋がってくる感じです

そうした感想をお聞きすることも
しばしばあります。


| ほんの少しだけ変わる |


変わるとは、実はほんの少しだけ
 変わることなんです。
 そして、ほんの少し変わるだけで
 いろいろなことが変化してゆくのです
       上野千鶴子・社会学者

だからこそ
カウンセンリグでは、

ほんの小さな変化
少しだけの違い

・・・というものの意味と価値を、
大切にしていきたいのです。

「大問題」からではなく、
ささやかな事柄から始めてゆく。

全体が
少しずつ・少しずつ、動いてゆく。


小さな変化・
ほんの少しの違い、を大切にしながら。

       【カウンセンリグの話】
       【カウンセリングの話】
          【こころの物語】
          【こころの物語】

カテゴリーカウンセリングの話

こころの物語
▷ 記事はこちら
 カウンセリングの話
▷ 記事はこちら


お読みいいただけると幸いです
・・・・・・・・・・・・・・・・


カウンセリング案内