〝大問題〟からではなく

神は細部に宿りたもう



カウンセンリグでは、

小さな変化・ほんの少しの違い
・・・というものの意味を

大切にしていきたい、
と思っています。


| カウンセリングの先入観 |


カウンセンリグに対しては、
残念なことに

いろいろな先入観があるようです。

そうした先入観のひとつに、

自分の問題と
 向き合わなくてはいけない


というものがあります。

カウンセラーの中にも、
しばしばこのようなことを
発言されている人たちがいます。



しかし、果たしてどうでしょう。

もしも、そうだとすると
おかしな矛盾が出てきます。

それが、ご本人にとって
「向き合える」程度のものでれあば
良いでしょうが、

ご本人からすると
重くて触れられずにいる事柄、だったり

あるいは、
なにが問題なのか
分からずにいること、であるほど

そこから抜け出すことを
諦めなくてはならない

・・・ということに、なりかねません。

| むいていない言葉 |


しかも、これはわたしだけの
印象かも知れませんが、

向き合う」という言葉には

対象に対して
親和的なニュアンスというよりも、

どちらかというと
ファイティング・ポーズだったり、

挑んでゆく・迫ってゆく時の姿勢を
連想してしまうのです。

むしろ、カウンセリングには
向いていない言葉かも知れません。

| ほんの少しだけ変わる |


わたしは時折、
このように申し上げることがあります。

〝大問題〟を
 直接いじる必要はありませんよ
」と。

一見、それとは関係のないような
ささやかな事柄を、
少しずつ整理・消化してなゆくうちに

なんとなく
〝全体が動いてゆく〟ということが、

人の心や内面には
起きてくるからです。

何故そうなるかは分かりませんが、

長いカウンセンリグの経験が
それを教えてくれます。


| みんな繋がっている |


でも改めて考えてみると、

一人の人から現れているものであれば

心や内面に関わるものでも、
普段の何気ない行動であっても

たとえば、
それが身体の症状であっても、

それらは皆、なにかの形で
つながり合っている・・・


互いに関連し合い、
みんな繋がり合っている
・・・と考えた方が、

自然なことのように思います。



少しずつ、自分の感情や考えを再認識で
きて、 これまで別々に感じていたものが
自分の中で繋がってくるように思います。


カウンセリングを続ける中で、
そう仰る方たちも、いらっしゃいます。

つながり合っているからこそ、

ほんの小さな変化・ちょっとした違い、
というものの積み重ねが

いつの間にか、全体を動かしてゆく。



そういう意味でも

カウンセンリグでは、

ほんの小さな変化〟
〝少しだけの違い〟


・・・というものの
意味と価値とを

大切にしていきたい、と思っています。



それに、「大問題」というのは、
ことばを換えると、

硬い鎧のあるところかも知れません。

鎧とは、その人にとって
何かとても必要があるからこそ

(必要があったからこそ)
存在するものです。

ですから
無理に取り除こう、なくしてしまおう
とすることは大変な間違いです。

必要がなくなったところから
自然に取れていくことが

とても大切なのです。


ささやかな事柄から始めていく。
全体が、少しずつ動いてゆく。

小さな変化・ほんの少しの違いを
大切にしながら。



カテゴリーカウンセリングの話



お読みいただけると幸いで
・・・・・・・・・・・









カウンセリング案内



ご相談内容

カウンセリングをお考えの方へ

カウンセリングの前に

ご質問にお答えして/ 目次

ご相談者からの言葉・感想

カウンセンリグを経験してみて