〝大問題〟からではなく


        

カウンセリングの話

小さな変化
ほんの少しの違い・・・

その意味と価値とを、

カウンセリングでは
大切にしていきたい、と思っています。

| 先入観のいろいろ |

お話を伺っていると、

カウンセリングに対して
いろいろな先入観があるようです。

そうした先入観のひとつに、

自分の問題と
向き合わなくてはいけない

・・・というものがあります。

「自分の問題と向き合うことが必要。
 辛いかも知れないけど、向き合うべき」

そうアドバイスされて
カウンセリングに申し込みました・・・

そうおっしゃる方が
いらっしゃる程です。


| 向いていない言葉 |

しかも・・・

これはわたしだけの
印象かも知れませんが、

向き合う」という言葉には

対象に対して
親和的なニュアンスというよりも、

どちらかというと

ファイティング・ポーズだったり、
挑んでゆく・迫ってゆく時の姿勢を

連想してしまうのです。

むしろ、カウンセリングには
向いていない言葉かも知れません。

| ほんの少しだけ変わる |

わたしは時折、
こう申し上げることがあります。

ご自分の〝大問題〟を
 直接さわらなくて大丈夫ですよ
」と。

つまり、それとは関係なさそうに見える
いろいろな事柄を
一緒にお話ししながら

少しずつ整理・消化してゆくうちに、

なんとなく
〝全体が動いてゆく・変わってゆく〟
・・・ということが、

人の心や内面には
起きてくるからです。

別の言葉に云い直すなら、

「少しずつ楽になっていく」
とも云えるかも知れません。

何故そうなるかは分かりませんが、

長いカウンセンリグの経験が
それを教えてくれます。


| 心の中はつながっている |

心の中に在る様々な事柄は

太陽系の星々のように
見えない糸で
つながりあっている・・・

自分にはそれが
見えないだけかも知れません。

少しずつ、自分の感情や考えを再認識できて、これまで別々に感じていたものが、自分の中で繋がってくるように思います。

そう語る方がいらっしゃいます。

つながり合っているからこそ、

ほんの小さな変化
ちょっとした違い

その積み重ねが、いつの間にか
全体を動かしてゆく・・・。


| 鎧のあるところ |

それに「大問題」というのは

ことばを換えると、
〝硬い鎧〟のあるところ
・・・かも知れません。

しかも鎧とは、その人にとって

何かとても必要があるからこそ
鎧として存在するものです。

ですから、

それを無理やりに
「取り除こう・なくしてしまおう」
とすることは

大変な間違いです。

傷に当てているバンドエイドを
無理やり剥がすに似た行為です。

鎧は、必要のなくなったところから
自然に取れていくことが
とても大切です。


| ささやかなところから |

ささやかな事柄から始めていく。

全体が、少しずつ動いてゆく。

小さな変化・ほんの少しの違いを
大切にしながら。

カテゴリーカウンセリングの話