不安発作・パニック発作とは

不安発作とパニック発作

| 不安発作の経験・宮本輝氏 |


小説家の宮本輝氏が、
会社勤めをしていた頃に
不安発作に襲われた経験を語っています。

最初は休みの日に、友達と競馬に出かける途
中に発症したんです。電車の中でめまいと動
悸が激しくなって、なんだかおかしいな、と
思った瞬間に、地面の底に沈んで行くような
感覚に襲われたんです。

それ以降、電車に乗っていると頻繁にそんな
症状が起きてくるようになり、そのうち、
電車に乗ると考えただけで、心臓がドキドキ
するようになって「このまま死んでしまうか
も」という恐怖心が生まれるようになってい
きました。
「もう会社に通うのは無理、サラリーマンは
向いてないんじゃないか」と思い始めました。


不安発作のことを
パニック発作と云うこともありますが
昔から、不安発作と呼ばれてきました。

不安発作の場合に特徴的なのは、
ご本人にしてみると
原因や理由が思い当たらない
見当がつかない」とおっしゃることです。

そこに「不安発作」の特徴があります。

ただし、
体の病気や異常からではない不安発作の場合

・・・つまり神経症としての
不安発作の場合には、

自分自身の自覚しないところで、
不安発作の症状へ至る要因が
心と身体に蓄積され、
準備されていたのかも知れません。

誤解される「心理的要因」の意味



| 不安発作とは |


急性の不安発作は多くの場合、

ご本人の意識からすると、
なんの思い当たる理由もなく
突然に襲ってくることに
特徴があります。

急に動悸がしてきたり、
胸が重苦しくなって
息をするのも苦しいくらいになる。

こうした状態を経験される方は、
症状の程度に違いこそあれ
意外に多いのではないでしょうか。

こうした突然の症状に襲われて
病院を受診するという方が、
とても増えているようです。

それは急性の状態である。最初はごく短い前
兆を自覚することもある。
たとえば、頭が急に軽く感じる、頭がクラク
ラする感覚がある、頭が熱くなってくる、
などと表現されることがある。

それに続いて、自律神経症状を主とした自覚
症状があらわれてくる。
動悸、胸苦しさ、息苦しさ、頭や体の震え、
手足のしびれ感、血が引いてゆく感覚、
めまい、悪寒、冷や汗など。
それに引き続いて、強い不安が迫ってくる。
いても立ってもいられないような、いまにも
死ぬのではないか、わけが分からなくなって
取り乱してしまうのではないか、などの恐怖
感が襲ってくる。
           高橋 徹  精神科医


( 症例報告から )
デパートへ買い物に行き店内を歩いていると、
急に貧血を起こして、頭がクラクラして、胸
が苦しくなって、頭から血が引いていく感じ
が何度もして激しい不安に襲われた。
息苦しさを覚え、動悸がして、今にも死ぬの
ではないかと恐ろしかったが、からだがヘナ
ヘナして動けなかった。
十分ぐいらしてから、店員に頼んでタクシー
乗り場までついて来てもらい、タクシーで近
くのクリニックへ行った。



六・七年前から年に一・二度、入浴時や激し
く動いたとき、心的緊張などの時に、発作的
に動悸のすることがあった。
某年七月、機械を修理するため、高い台に飛
び乗った途端に、動悸が起こった。当時、患
者は心身ともに非常に疲労していた。これま
でならすぐ止まる動悸が、なかなか止まらな
いばかりか、そのうち息苦しくなり、手足が
痺れ、頭がぼんやりしてきた。
患者は死への不安に襲われ、工場内の診療所
へ運んでもらった。



| 異常は見当たらないと云われる |


突然こうした状態に襲われると、
何かの病気の前触れではないか」と
不安になるはずです。

そして実際にクリニックや病院を受診して
検査をしてもらいますが、

特に重大な病気につながるような
異常は見当たらない」と
告げられることになります。

中には、病院で

神経症です、と云われた
という方もいらっしゃいます。

神経症については    
こちらをお読みください。
神経症とカウンセリング

心臓に病的な状態がなくても、
人は、精神的な要因によって
動悸を訴えるような場合も
けっして少なくありません。


( 症例報告から )
自宅にいるとき、急に頭が締めづられるよ
うな感覚に襲われ、胸に痛みを覚えた。
体を横にしたが喉が詰まる感覚が強くなり、
胸が苦しくなって、死ぬのではないかとの
不安感が強く、同時に唾液が次々に出て、
悪寒を覚えた。
すぐに近くの病院を受診したが、どこにも
異常はない、と云われた。



休みの日に競馬に行く電車の中で
不安発作に襲われた宮本輝氏のように、

ひどく忙しかった仕事が一段落し、
休みの日に家の居間で寝転がっていた時に
突然不安発作に襲われた

・・・という方も、いらっしゃいます。

| 心身相関ということ |


ストレスや心的緊張がきっかけとなって
身体の症状が起きてくること自体は
なにも珍しいことではありません。

「心身相関」という言葉があるくらいです。

たとえば、ひどく焦ったり、
興奮したり、頭に血が上った時などに

心臓が激しく動悸して
顔が熱くなって身体が震えてきたり、
手が震えたり

・・・などの反応がよく見られます。

身体は、情動に強く反応するからです。
情動とは、感情のより強いものを云います。

ですので、強い不安発作の場合には、
このまま死んでしまうのではないか
ここで倒れてしまうんじゃないか
という恐怖が
さらに身体症状を増幅させます。

| 不安発作から不安神経症へ |


宮本輝氏のケースのように
急性の不安発作が一過性で終わらずに、

不安発作が二度・三度と繰り返されたり、
身体の不調感が続くようなケースでは、

「不安神経症」の状態へと
状態がこじれて行くことが多いと、
云われています。

不安発作のケースは少なくない。
内科外来や救急外来などでは、しばしば見ら
れるが、多くは一過性で過ぎてしまう。
しかし中には、その後漠然とした不安感や体
の不調感を抱えるようになったり、再度不安
発作を起こして、繰り返してゆくことがある。
そうした状態が続くと、様々な不安症状をあ
らわすようになって、不安神経症になってし
まうケースがある
           高橋 徹  精神科医

( 症例報告から )
仕事で車を運転中に突然、動悸、発汗、呼吸
困難、からだの震えが生じて、死の恐怖に襲
われた。車を止めて休んでいると、症状は消
失したが、頭の重さや倦怠感が、ほぼ毎日続
いた。



通信制高校に入学したが、第一回目のスクー
リングの日、昼休 みに最初の発作があった。
突然、喉頭部がしめつけられるような感覚が
したかと思うと、息苦しくなって心臓の鼓動
が高まり、全身が震え汗が吹き出 してきた。
苦しくなって、このまま死んでしまうのじゃ
ないか、と不安になり医務室に連れて行って
もらう。
しばらくして発作は自然におさまった。
それからスクーリングでの休み時間になると
時々発作が出現するようになった。



職場で急に息苦しくなり、動悸がしてきて、
今にも死ぬのではないかという恐怖におそ
われ落ち着かなくなった。上司に申し出て
近くの内科を受診した。
検査の結果、重大な病気の前兆ではないと
云われ安心する。しかし数日後に出勤途上
で再び発作を起こし、それ以来なんとなく
落ち着かない気分が続き、頭がフラッとし
たり息苦しくなるなどの状態が、繰り返し
起こるようになる。



| カウンセリングについて |


たとえば、
ライブハウスで発作や過呼吸を起こして、
それをきっかけに
身体の不調感や不安発作が繰り返されて、

仕事も続けられずに辞めることになる、
というような
不幸なケースもあります。

カウンセリングに幾度かお越しになって
お話しをされていくうちに、

やっぱり話しをするって、
 大切なんですね

そう改めておっしゃる方も
いらっしゃいます。

「症状」だけへの対応になってしまうと
かえって病像や状態像が
複雑化しがちかも知れません。

もしかすると、
カウンセリングというと
少しためらいを感じる方が
いらっしゃるかも知れません。

カウンセリングは薬ではなく、
お話しをしてゆくことを通して

神経の緊張をといていったり、
心身のストレスや不安を緩めたり、

心や気持ちを整理してゆくことを
とても大切にしているものです。

       【こころ ストレス 身体】
       【カウンセラーの散歩道】
       【こころ ストレス 身体】
         【夫婦関係・夫婦問題】

カテゴリーこころ ストレス 身体


こころ ストレス 身体
▷ 記事はこちら
夫婦関係・夫婦問題
▷ 記事はこちら





お読みいいただけると幸いです

・・・・・・・・・・・・・・・・



カウンセリング案内