愚痴のゴミ箱を持つ子

「愚痴(ぐち)のゴミ箱」とは



| 愚痴の捨て場所になる子 |


子どもの頃から
親御さんの愚痴(ぐち)や不満の聞き役に、
なってきた人がいます。

あるいは、
子どものときから
親御さんの愚痴や不満の捨て場所の立場に
置かれて来た体験を持つ人がいます。

もしかすると、
〝健気(けなげ)な頑張り屋さん〟
〝親思いの優しいいい子〟

そうした子どもの中に、
こうした体験を持つ人が
多いかもしれません。


カウンセリングでお話をされてゆく中で、

これってまるで、
 ゴミ箱のようなものですよね

グチのクズ籠を持たされてたんだって、
 今にして思うんです

うっかりクズ籠を持たされてしまった

・・・振り返って、
そうおっしゃっる方もいます。

ご自分のことを
アダルトチルドレンではないかと思う

アダルトチルドレンだと
 云われたことがあります

そうおっしゃる方もいます。


| やさしい子だからこそ |


「義父母と同居し、父は頼りにならず
 母は一人で大変だったんだと思います。
 母から父や義父母の愚痴や不満を
 いつも聞かされていました。
 わたしはちいさな時から、ずっと
 母の愚痴や不満の聞き役を
 してきたような気がします

「母の愚痴や不満の相手は、いつも私でした。
 物心ついた時からそうだった気がします。
 家の中で愚痴を云えるような相手は
 母にとって私しかいなかったんです」

お一人おひとり、
みなさん事情や環境は異なりますが、

たとえば
上のような体験や境遇を、
お聞きすることもあります。

多くは、親御さん思いのやさしい子で、
グチや不満の聞き役になっていきます。

ひとりっ子故に、その役割から
逃げられずにいた場合もあります。

本心では、苦しくなって
そうした役割から
逃れたい気持ちもあるのです。

でもお母さんのことが心配で、
そうすることしか出来ずに
健気(けなげ)に立場をつとめてゆく。

兄弟姉妹がいる場合も、
他の子どもたちは要領よく
愚痴や不満の聞き役から逃げていても、

優しいその子は、
「せめて自分だけは・・・」と
母親の愚痴のクズ籠を持ち続けてゆく。

| 愚痴の場所の大切さ |


愚痴や不満を出せる場があること・
愚痴を云える場所があることは、
精神衛生上とても大切です。

カウンセリングも、ある意味では
愚痴を云える場、という意味もあります。
それは大切なことです。

しかし、子どもの頃から
そうした役目を担わされる。

世の中のことや世間のことを
まったく分からない子どもの時から

愚痴や不満の聞き役の立場に置かれてゆく。

これは子どもにとって、
決して幸せなことではありません。

こういうクズ籠にされた体験は
患者になる子には実によくあります。

      中井久夫 精神科医

| 家族をつなぎ止める役 |


中には、
親御さんの愚痴や不満の聞き役になることで、

子どもながらに、
家族の関係をつなぎ止める役割を
担ってしまうケースもあります。

結果として、不安定な両親の関係や
家族みんなの関係の結びつけ役を、
受け持っていることがあります。

そして本人も
どこかでそれを感じているが故に、
その役割から降りられずにいる(いた)、

・・・ということだってあるのです。

| カウンセンリグの場で |


カウンセリングでは、
ご一緒にお話しをしていきながら、

少しずつ、こころの整理をしてゆく 。
少しずつ、心の絵を描き直してゆく。

そんなことが出来ていけたら、
・・・そう思っています。


       【 カウンセンリグの話 】
       【 カウンセンリグの話 】
      【こころ ストレス 身体】
悲しみについて   
      【こころの散歩道】

カテゴリーこころの物語
こころの物語
▷ 記事はこちら
カウンセンリグの話
▷ 記事はこちら


お読みいいただけると幸いです
・・・・・・・・・・・・・・・・


カウンセリング案内