「抑うつ」はどういうものか

抑うつ気分と抑うつ状態

| うつ(抑うつ)は症状を示す言葉 |


「うつ」とは俗称で、専門用語では
「抑うつ(よくうつ)」と呼ばれます。

そして、「抑うつ」とは病名ではなく、
症状を意味する言葉です。

「胃痛」という言葉が、病名ではなく
症状を意味するのと同じように。

そして「抑うつ」イコール「うつ病」
ではありません。

「胃痛」イコール「胃潰瘍」ではないように。

抑うつ症状は、様々な要因によって
起き得るものです。
「うつ病」に限ったものではありません。

うつ状態のことを「抑うつ状態」という場合
もあります。しかし意味には本質的な違いは
ありません。
専門用語としては、むしろ抑うつ状態という
言葉のほうが、よく使われます。
           加藤忠文 精神科医

メンタルクリニックを受診したら
 〝うつですね〟と云われた

そうしたお話をお聞きすることも、
いまでは、珍しくありません。

薬だけの治療には限界を感じていて、
 これを繰り返さないためにも、
 カウンセリングに申し込んだ

そうおっしゃる方も、いらっしゃいます。

抑うつ症状は、臨床的には
抑うつ気分」と「抑うつ状態」とに
分けて考えられています。

たとえば、高校生や大学生から
このような訴えを聞くことがあります。

友達といるときには、元気に明るく振舞って、
悩みがない人みたいに見られてるけど、
一人になると悲しくなって、気持ちが落ち込
んで、何んにもやる気が起きなくなる。
テレビを見ていても、なんでもないところで
涙が出てくることがある。最近では自分を責
め続けていて、死んだら楽なるのかな、など
と思ってしまう。

深い抑うつ気分が見てとれます。

 抑うつ症状と親和的な体質

そして抑うつは、
誰にも起こり得るものです。
生きることは
誰にとっても大変なことだからです。

一方で、体質的に
抑うつ症状を繰り返しやすい方も
いらっしゃいます。

自分でも何がきっかけかは分からないけど、
 むかしから、気持ちが落ち込んで(ここで
 云う抑うつ状態)何んにもできなくなる事
 が何回かあった


| 抑うつ気分とは | 


「抑うつ気分」とは、
次のような状態として訴えられます。

・憂うつになる。
・気分が沈む、気持ちが落ち込む。
・虚しい気持ちが湧いてくる。
・わけもなく物悲しさに襲われる。
・一人になると何故か悲しさが湧いてくる。
・ひとり取り残されてしまったような
 悲しさ・虚しさ・孤独感が湧いてくる。
・わけもなく涙が出てくる。

抑うつ気分が更に深くなると・・・

・何をしていても楽しいと感じられない。
・愉しいという気持ちが起きてこない。
・生きていても希望のない気になってゆく。
・悲観的な気持ちが深くなる。
・何もかもダメに思えてくる。
・自分をダメだと責め続けてしまう。
・死んだら楽になるのでは、と考えてしまう。

こうした気分状態に陥ります。



| 抑うつは心身の苦しさを伴う | 


抑うつ〝気分〟と聞くと、
もしかすると多くの人は、

「誰にでもよくあること」のように
思われるかも知れません。

しかし、「抑うつ症状」としての場合には
たとえ軽度であっても、必ず
心身の苦しさを伴います。

ですので、ただ落ち込んでいる、
ただ元気が出ない、
という質のものではありません。

水には「水圧」
気体には「気圧」があるように、

「うつ圧」というものが、
心身をつらく苦しくしてゆきます。

従って、経験した人にしか
本当は分からないかも知れません。


| 抑うつ状態とは | 


「抑うつ状態」というのは、
抑うつ気分だけでなく、

思考や意欲といった
精神機能までもが低下する状態です。

<抑うつ気分>+<精神機能の低下>
という状態です。

抑うつ気分にとどまっていたり、
抑うつ気分が中心の時には、
そうした苦しい気分を抱えながらも

外見的・外面的には、
いつものように振る舞えたり、
いつものようにやれている状態です。

ですので、傍(はた)からは
分かりません。

しかし抑うつ状態になるにつれて、
次第に、家事や仕事、人付き合いなどで
困難を感じるようになっていきます。


手に付かなくなっていきます。

ケアレイミス・物忘れを繰り返す

たとえば、普段はしないような
ケアレスミスを繰り返したり。
うっかり忘れ、物忘れが繰り返されたり。

仕事や学業の能率が落ちて、
記憶力が減退したのでは、と
不安を感じるようになります。

実際に思考・記憶力がうつ状態のために
低下しているのである。
        原田憲一 精神科医

普段なら、いろいろアイデアが浮かんで
 くるのに、全然浮かばなくなる
そう訴える方もいらっしゃいます。

たとえば、
頭に霧や靄(もや)がかかったみたいで、
頭が働かない、考えがまとまらない。

文章を読んでいても、
ただ字を追っているばかりで
内容が頭に入ってこない。



| 深まる抑うつ状態 | 


抑うつ状態になるにつれて、
不安に駆られ「もっとやらなくては」と
ひどく焦るようになります。

しかし、焦燥感に襲われるばかりで
空回りになることが増えてゆきます。

そして、次第に手に付かなくなって、
これ迄のようには
何事もやれなくなっていきます。

物事を迷って決められない

抑うつ状態になるにつれて、
物事を決断できなくなったり、
迷って決められなくなったり。

好きなものへも関心を失う

好きだったもの、
これまで楽しんでいたものにも
興味や関心が失われてゆきます。

自分がこうした状態になるなんて
 考えたこともなかった

そうおっしゃる方もいます。

外出したり、人に会うのもひどく億劫になり、

たとえば、外出しようとして
頑張って支度はするけれども、
なかなか玄関から出られずに
時間ばかりが過ぎていく。

・・・ということを繰り返したりします。

仲間に○○(趣味の集まりや飲み会)
 誘われるけど、なんとか理由をつけて
 断っている。でもいつも断り続けていると
 どうしたんだと心配されるので、たまに
 無理して出かけるけど、苦痛でつらくて、
 すぐに帰りたくなる

そう打ち明けてくださる方もいます。

あるいは、人の輪の中にいても、
自分だけがポツンと取り残されたみたいで、
疎外感、孤独感、悲哀感に襲われます。

抑うつ気分があっても、好きなことはやれる
とか、友人と楽しく遊べたり出来るのは抑う
つ状態ではない。
         原田憲一 精神科医


夜眠れずに朝早く目が覚めたり、
逆に、起きれなくなって
仕事や学校に遅刻してしまったり。

それでも
「自分はまだやれる、やらなきゃ」と
思えている時には
それを支えに踏ん張れますが、

なにかのきっかけで
「もう出来ない」「もうやれない」
・・・そう感じた瞬間に

心身の破綻が
いっぺんに襲ってくるとがあります。

それは、たとえるなら、
乾いていたタオルを
最後の一滴までも絞り尽くしてしまった
・・・と、云えるかもしれません。

その日を境に、
布団やベットから出られなくなって、
会社や学校に行けなくなることがあります。

そうした状態になられてから、
カウンセリングにいらっしゃる方も
おられます。

もちろん、回復には
遅すぎるということはありません。

一歩ずつ、抑うつ状態から回復してゆきます。



| 回復のために | 


繰り返すようですが、

「抑うつ症状」とは、軽度であっても
心身につらさ苦しさを伴います。

「早くこの状態を、どうにかしたい」
「早く抜け出したい」
という焦りから自分流に無理をして、

かえって症状や状態を
長引かせる結果になったり。

長い目で見たとき、
むしろ回復をさまだげる結果に
なってしまっていることが、よくあります。

一方で、辛さ苦しさを
ご自分一人で耐えている方も
いらしたりします。

クリニックを受診して薬を処方されても、
副作用ばかりで
効いているのかどうかも分からない、
という場合も、多いかも知れません。

薬ばかりが増えてゆく
という人もいらっしゃいます。

回復には、
少しずつ、一歩ずつが大切になります。

「試しに一度」でも、大丈夫です。


| 季節性の抑うつ症状 | 


季節の変わり目になると
抑うつ気分に陥る、という人もいます。

筆者なども、その一人です。

今はそれなりの年齢になったこともあって、
若い頃よりも
随分と程度は小さくなりましたが、

季節の変わり目になると一週間か十日ぐらい、
抑うつ気分に苦しめられることが
しばしばありました。

ひとりになると妙に気分が沈む。
憂うつで悲しい気分・虚しい気持ちが
身体の奥の方から迫ってくる。

そんな時、ふと気がつくと
季節の変わり目だった、ということが
何度となくありました。

以前、北欧に長年住んでいらした方が
面談にいらしたときに、

その国では、季節性のうつ病の人たちが
とてもたくさんいる、と
お話しされていたことを思い出します。
       【こころ ストレス 身体】
       【こころ ストレス 身体】
       【カウンセラーの散歩道】
        【カウンセリングの話】

カテゴリーこころ・ストレス・身体
こころ ストレス 身体
▷ 記事はこちら
【 臨床のはなし 
▷ 記事はこちら


お読みいいただけると幸いです
・・・・・・・・・・・・・・・・


カウンセリング案内


 ▶︎ カウンセリングの前に