うつ(鬱)と抑うつ症状について


うつ(鬱)とカウンセリング

| はじめに |

メンルタクリニックを受診したら、うつですね、と言われました

そうしたお話をお聴きする機会は
少なくありません。

うつ状態という診断で、投薬治療を受けています。ホームページを見て、カウンセリングを受けてみたいと思いました

そう仰る方もお越しです。

うつ(鬱)とは俗称で、

専門用語的には
「抑うつ(よくうつ)」と云います。

「抑うつ」とは、病名ではなく
症状をあらわす言葉です。

「胃痛」という言葉が病名ではなく
症状を意味するのと同じように。


加藤忠文 精神科医
うつ状態のことを「抑うつ状態」という場合もあります。しかし意味には本質的な違いはありません。
専門用語としては、むしろ抑うつ状態という言葉のほうが、よく使われます。

| 抑うつ症状とは |

抑うつ症状(抑うつ症候群)は
臨床的には、

「抑うつ気分」と
「抑うつ状態」とに分けられます。

そして
抑うつ症状 イコール うつ病
ではありません。

抑うつ症状は
うつ病の中心的な症状ですが

うつ病に限らず、様々な要因によって
起きうるものです。

生きることは誰にとっても
大変なことだからです。


| 抑うつ気分について |

「抑うつ気分」とは、
次のような状態として自覚されます。

・憂うつ感が心を占めてくる。

気分が沈んでゆく。

・虚しい気持ちが迫ってくる。

わけもなく物悲しさに襲われる。

ひとり取り残されてしまったような
 悲しさ・虚しさが迫ってくる。

・わけもなく涙が出てくる。

抑うつ気分が更に深くなると・・・

何をしても楽しいと感じられない。
愉しいという気持ちが起きてこない。

生きていても仕方がないような
 気持ちになってゆく。

悲観的な気分が深くなる。
何もかもダメに思えてくる。

自分をダメだと責め続けてしまう。
死んだら楽になるのでは、と考える。

抑うつ気分では
こうした気分状態に陥ります。

たとえば
高校生や大学生から
このような訴えを聞くことがあります。

友達といる時には、元気に明るく振舞って、悩みがない人みたいに見られてるけど 、一人になると、気持ちが沈んで哀しくなって、何んにもやる気が起きなくなる。
テレビを見ていても、なんでもないところで涙が出てくる事がある。
最近では、死んだら楽になるのかなって、考えるときがある。

深い抑うつ気分が見てとれます。


 

| 心身の苦しさを伴う |

抑うつ〝気分〟と聞くと、
もしかすると多くの人は

「誰にでも、よくあること」のように
思われるかも知れません。

しかし〝抑うつ症状〟の場合には、

ただ元気が出ない・やる気が起きない
というものではありません。

たとえ軽度であっても、必ず
心身のつらさ・苦しさを伴います。

水には「水圧」
気体には「気圧」があるように、

うつ圧」というものが、
心身をつらく苦しくしてゆきます。

従って、経験した人にしか
本当は分からないかも知れません。


| 季節性の抑うつ症状 |

季節の変わり目になると
抑うつ気分に陥る、という人もいます。

筆者なども、その一人です。

いまは若い頃よりも
随分と程度は小さくなりましたが、

季節の変わり目になると、
一週間か十日ぐらい

抑うつ気分に苦しめられることが
しばしばありました。

ひとりになると妙に気分が沈む。

憂うつで悲しい気分・虚しい気持ちが
身体の奥の方から迫ってくる・・・

そんな時ふと気がつくと、
季節の変わり目だった、ということが
何度となくありました。

     ● ●

以前、北欧に長年住んでいらした方が
面談にいらしたときに、

その国では、
季節性のうつ病の人たちが
とてもたくさんいる、と

お話しされていたことを
思い出します。

| 薬ばかりではなく |

繰り返すようですが、

「抑うつ症状」とは
軽度であっても
心身のつらさ苦しさを伴います。

カウンセリングでお会いする方の中には

「早くどうにかしたい」という焦りから
自分流に無理をして
かえって状態を長引かせたり。

むしろ、逆に
回復を妨げる結果になっているケースを
しばしば拝見します。

また一方では

薬だけの治療には限界を感じて、カウンセリングに申し込んだ。

効いているのかどうなのか分からないけど、薬ばかりが増えていく。

そうした方もいらっしゃいます。

カウンセリングは
試しに一度、のような形でも
大丈夫です。

 

| 抑うつ状態について |

「抑うつ状態」というのは
抑うつ気分だけでなく、

思考や意欲といった
精神機能までもが低下する状態です。

(抑うつ気分)(精神機能の低下)
という状態です。

抑うつ気分にとどまっていたり、
抑うつ気分が主体の時には、

そうした辛い気分を
内心には抱えながらも

外見的・外面的には、
いつものように振る舞えたり、
いつもの様にやれている状態です。

抑うつ気分はあっても、趣味は楽しめるとか、友人と出かけられるというのは、抑うつ状態ではない。
原田憲一 精神科医

| 出来なくなってゆく |

しかし、抑うつ状態になるにつれて、

家事や仕事・人付き合いなどで
困難を感じるようになっていきます。

抑うつ状態とは、
これまで普通にやれていた物事が

次第に出来なくなってゆく状態です。

普段なら、いろいろアイデアが浮かんでくるのに、全然浮かばなくなる

そうした訴えも、お聞きします。

更には、
普段だったらしないような
ケアレスミスを繰り返したり。

うっかり忘れ、物忘れが起きてきたり。

仕事や学業の能率が落ちて
記憶力が減退したのでは・・・
と不安を感じるようになります。

実際に思考・記憶力が、うつ状態のために低下しているのである。
原田憲一 精神科医

たとえば、
頭に霧や靄(もや)がかかったみたいで
頭が働かない、考えがまとまらない。

文章を読んでいても、
ただ文字を追っているばかりで
内容が頭に入ってこない。


| 深まる抑うつ状態 |

抑うつ状態が深まってゆくと

好きだったもの、
これまで楽しんでいたものにも

興味や関心が失われてゆきます。

外出したり
人に会うのもひどく億劫になり、

たとえば、外出しようとして
頑張って支度はするけれども

なかなか玄関から出られずに
時間ばかりが過ぎていく・・・

ということを繰り返したりします。

仲間に○○(趣味の集まりや飲み会)に誘われるけど、なんとか理由をつけて断っている。
でもいつもいつも断り続けていると、どうしたんだと心配されるので、たまに無理して出かけるけど、苦痛でつらくて、すぐに帰りたくなる。


このようなことを
打ち明けて下さる方は
少なくありません。

| 仮面抑うつ症状 |

「仮面うつ病」ということが
昔から云われて来ましたが

それよりもむしろ

「仮面抑うつ症状」のケースのほうが
実際には
とても多いように感じます。

それと云うのも、

抑うつ症状とは
上でも記したように
様々な症状が寄り集まったものです。

人によっては抑うつ感が

むしろ、
自律神経的な身体症状だとか
身体の不調感として

前景に現れている場合も
多いからです。

頭痛・頭の重さ・胸部の苦しさ・めまい
胃痛・胃の重さ・軽い動悸 
その他

そのため身体の不調が原因と考えて
内科に通院されているケースも
多くなるようです。

カテゴリー心と身体