燃え尽き症候群と〝うつ〟

燃え尽き症候群について

「うつ」と燃え尽き症候群


「燃え尽き状態・燃え尽き症候群」
という言葉を
お聞きになることがあると思います。

「症候群」という表現があように、
人により、複数の症状があらわれます。

たとえば風邪でしたら、
咳や鼻水、発熱、喉の痛み、下痢
・・・こうした
複数の症状が現れるのと似ています。

ただ風邪の場合には
風邪のウイルスによるものですが、

燃え尽き症候群の場合には、
つらい状況や環境に耐えて頑張ってきた

・・・という心と状況との背景から
   生まれてくるものです。

そして、
燃え尽きたような状態になるにつれて、
いろいろな症状が、
見られるようになっていきます。

つまり、燃え尽き症候群では
症状の背後に、
心身の燃え尽きたような状態

・・・というものが存在しています

そして、燃え尽き症候群の中心的な症状に、
「うつ(抑うつ)」症状があります。

「うつ」とは俗称で、専門用語では
「抑(よく)うつ」と云います。

抑うつとして現れるもの


うつ(抑うつ)は病名ではなく、
症状や状態を指している言葉です。

詳しくはこちらをお読み下さい。

うつ(抑うつ)症状は、
燃え尽き症候群の中心的な症状として
現れることになります。

それというのも、
燃え尽きという精神的な状態には、

うつ(抑うつ)にならざるを得ないような
心身の状態があるからです。

 頑張ったかたち


カウンセリングから見る
「燃え尽き」状態とは・・・

その人なりに、
「○○○していきたい」
「こうなりたい」「○○であるべき」

・・・という思いや希望・期待を持って、
悩みながらも
頑張って来たにもかかわらず、

その結果として

徒労感や虚しさ、深い疲労感、無力感などを、
癒しがたく抱えるに至った状態を、
「燃え尽き」という心の姿に見ています。

意味が失われていく


燃え尽きの状態になるにつれて、
自分がやっている事に
意味を見出せなくなっていきます。

そして、そんな自分を、かえって
「ダメな自分」と責めるようなことも
起きてきます。

燃え尽きが深くなってゆくと、
更には自分自身の「存在感覚」すら
希薄になっていきます。

そこまで状態が深刻になってしまうと、
精神的に危険なことに
なりかねません。

突然、電源が切れてしまって
 動けなくなったような感じがする

そう語ってくださる方もいます。

乾いたタオルを
さらに絞り尽くしてしまったような、
状態なのかも知れません。

そのため、
燃え尽き症候群には
程度の違いがあったとしても、
うつ(抑うつ)症状が付き添ってきます。

燃え尽き状態は、
メンタルヘルスの関係から、
どうしても視点が
仕事や職場に偏りがちになります。

しかし、家庭生活や夫婦生活・
学校生活の中でも、同然起きてくるものです。




カテゴリーこころ・ストレス・身体

こころ・ストレス・身体
▷ 記事はこちら
臨床のはなし
▷ 記事はこちら


お読みいいただけると幸いです
・・・・・・・・・・・・・・・・


カウンセンリグのご案内 

森のこかげ・カウンセリングルーム

カウンセリングをお考えの方へ 

ご相談者の方からの感想

ご質問にお答えして/ 目次

カウンセンリグを経験して