燃え尽き症候群と〝うつ〟


燃え尽き状態とうつ(鬱)の関係


燃え尽き状態
あるいは
燃え尽き症候群という言葉を

お聞きになると思います。

人が燃え尽き状態に陥ると、
「症候群」とあるように

様々な非特異的症状が現れてきます。


| 非特異症状とは |


非特異症状とは

たとえば風邪でしたら、

咳や鼻水・発熱・喉の痛みなど
複数の症状が現れて来ます。

しかし、咳にしても鼻水にしても、
そして発熱も、

なにも風邪にしか現れない・・・
という症状ではありません。

いろいろな病気で現れてくるものです。
病気でなくても、現れてきます。

そうした症状のことを
「非特異的症状」と云っています。


そうした非特異症状の中に
うつ(鬱)があります。

うつとは俗称で、専門用語的には
「抑うつ(よくうつ)」と云います。

| 抑うつについて |


抑うつ(うつ)とは、
症状名であり病名ではありません。

「胃痛」が症状名であって
病名ではないように。


そして、燃え尽き症候群の中心に
抑うつ症状が存在することになります。

| 燃え尽き状態の形 |


カウンセリングから見た時に、

燃え尽き状態には
次のような心の形があります。

その人なりに
「こうなっていきたい」
「自分はこうでありたい」

・・・という思いや希望を持って

悩みながらも、
頑張って来たにもかかわらず、

その結果として、

虚しさや徒労感、
深い疲労感や無力感などを

癒しがたく、抱えるに至った状態。

〝燃え尽き〟の背後には、
そのような心の姿が存在します。

そのため、抑うつ症状が必然として
生まれてきます。

| 意味が失われる |


燃え尽きた状態になるにつれて、

人は、自分がやっている事に
意味を見出せなくなってゆきます。


人は、生きてゆく上で
〝意味〟というものを
どうしても必要とする生き物である


・・・ということが、文学でも哲学でも
昔から語られています。

その〝意味〟が失われてゆきます。

そしてむしろ、そんな自分を
かえって〝ダメな人間〟だと、

自分で自分を責めるような事が
起きてきます。


燃え尽きが深くなってゆくと、

自分自身の〝存在感覚〟すら
希薄になっていきます。

突然、電源が切れてしまって
  動けなくなったような感じがする


そう語ってくださる方もいます。

このように
燃え尽き状態になった人には、

程度の違いはあっても、
抑うつ症状が付き添ってきます。


燃え尽き状態は
メンタルヘルスの関係から、

どうしても視点が
仕事や職場に偏りがちになります。

しかし、家庭生活や夫婦生活・
学校生活の中でも、

当然に起きてくる問題です。


カテゴリー心と身体







お読みいただけると幸いで
・・・・・・・・・・・


▶︎ カウンセラー紹介





Copyright(c) カウンセリング森のこかげ.