品川区大井町のカウンセンリグルーム



    ▷▷ 面談時の衛生対策   

森のこかげのサイトは、
カウンセリングをお考えの方に向けて

カウンセンリグのこと・
カウンセリングに関わることを

カウンセラー自身の手で作成し、

カウンセラー自身の言葉で
お伝えすることを、大切にしています。

お読みいただけると幸いです。



カウンセリングは
日常の中に溶け込んでいてこそ、

その意味が深まるものです。

「自分と向き合う」のとは少し違う、
ご一緒に整理しながら

少しでも良い方向を見つけてゆくために
考えてゆく・・・・。

そうした
カウンセリング本来のあり方を
大切にしていきたいと考えています。


なお、個人カウンセンリグだけでなく
夫婦(カップル)のカウンセンリグも
長年行なっています。



写真は15年前で今は坊主頭です。


| カウンセリングと守秘義務 |


品川区大井町で
カウンセンリグを行うようになって、
約15年になります。

カウンセリングには
守秘義務というものがあります。

面談でお話しされることなど全ては、
守秘義務により守られています。


| ご一緒に考えてゆくために |


カウンセリングには、
その時々によって
いろいろな意味や役割があるため、

ひとくちで〝こういうものです〟とは
申し上げられませんが、

面談での大切な基本には、いつも

白いキャンバスに、言葉で
もう一度、絵を描き直してみること


まずは、
ご一緒に整理してゆくこと・・・

そうしたあり方を
いつも大切な基本としながら、

カウンセリングを進めています。

そのためにも
ご相談者の方には

自由にお話しいただくことが大切です。


| あなただけの大切な何かを |


たとえば、
なんとかしたい
このままではいけない

・・・そう思っているのに

同じことが繰り返されているとしたら
とても残念なことです。

ひとりで考えているのでは・
ひとりで抱えているのでは、

気づかずにいること・
見えずにいることが、
きっとあるかも知れません。


ネットを見たり、本を読んだり
知り合いに相談してみても、

結局は堂々巡りになりがちです。

カウンセンリグは
「一般的に・・・」ではなく、

あなただけの〝答え〟
あなただけの〝大切な何か〟を

ご一緒に見つけてゆく・・・。

白いキャンバスに、言葉で
もう一度、絵を描き直してゆく





カウンセンリグは年齢や性別・
ご相談の内容などにかかわらず、

どなたでも
お話しにいらしていただけます。

「カウンセリングは初めて」という方も
いらっしゃいますし、

別のところで幾度か経験されて
お越しになる方たちも、
いらっしゃいます。



カウンセリングと聞くと、
抵抗感を持つ方が、もしかすると

まだ、いらっしゃるでしょうか。

しかし、急ぎ足で
一方通行に流れてゆく日常から
少しだけ離れて、

頭の中や気持ちなどを
整理してゆく時間を持つことは、

いまのような時代だからこそ、

どなたにとっても
とても大切なことになることでしょう。






お読みいただけると幸いで
・・・・・・・・・・・