夫婦カウンセリングについて

夫婦(カップル)カウンセリング



   
ここでは、ご夫婦・カップルでの
カウンセリングをお考えの方に向けて
お伝えしています。



夫婦(カップル)カウンセンリグとは、
お二人で面談にお越しいただき

カウンセラーを交えて
お話しをしてゆく形のものです。

お二人同席されての
「同席面談」の形を大切にしています。

森のこかげでは
開設以来15年近くにわたって
夫婦(カップル)カウンセリングを
行なっています。


二十代のカップルから三十代・四十代。

そして五十代のご夫婦まで
いらっしゃいます。

時折ですが
六十代のご夫婦もお越しです。


〝夫婦問題・夫婦関係〟に関わる
ご相談では、

パートナーとのことで、
奥さんかご主人が
カウンセンリグにいらっしゃる場合。

もう一つは、
ここで触れているように
お二人でお越しの場合とがあります。

どちらの形にも
それぞれに、大切な意味があります。

お一人でお話しにいらっしゃる事が
意味のあるケースも、
経験上たくさんあります。

ですので、いま出来る形というものを
大事にしていただければ

・・・と思います。


| 個人とカップルの違い |


最初は一人で行ったほうが
 いいでしょうか。それとも
 最初から二人がいいでしょうか?


そうしたご質問を
いただく機会があります。

最初はお一人でいらっしゃる方
あるいは
お一人ずつでいらっしゃる方。

最初から、お二人でお越しの方。

時によっては、

お二人でお越しの後に
お一人でお話しにいらしゃる方など

皆さん、さまざまです。

二人の場では、話しづらいことも
あるかも知れません。


ご夫婦(カップル)の面談では、
大きな意味で申し上げると

お二人それぞれのお話を
整理しサポートしながら、

〝二人の関係のあり方〟
あるいは、
〝二人のスレ違いのあり方〟

という部分が、カウンセリングでの
自ずからのテーマとなっていきます。


一方の
個人でのカウンセンリグでは、

ご自分の気持ちや抱えているものを
整理するためだったり。

ご自分だけでは気づかずにいるものを
ご一緒に考えてゆく為だったり。

大きな意味で申し上げると、
そうしたものがテーマとなります。

そういった中身の違いがあります。

| 夫婦でのカウンセンリグ |


カップルカウンセリングは
欧米では普通でも、

日本ではこれまで
認知度が余り高くありませんでした。

しかしそれも
次第に変わりつつあります。

以前には、奥さんが望まれて
いらっしゃる方たちが
ほとんどでした。

しかし最近では、
ご主人から提案されているケースが
とても増えています。

| 夫婦カウンセリングの要 |


夫婦(カップル)カウンセリングで
大事なことは、

誰が悪い、どちらが悪い、何がいけない

・・・そうした「犯人探し」
ではありません。

冷静に話し合える場で

感じてきたこと・思ってきたことを
お互いが、語り合いながら

互いの気持ちや考えていることを、
改めて理解し直してゆくこと・・・

まずは、そうした場であることが
最も大事な、前提となります。


| 話し合うことの難しさ |


話しなら、これまで散々やってきた

・・・そうおっしゃる方が
いらっしゃるかも知れません。

しかし現実は、果たしてどうでしょう。


夫婦二人で話しをしていると、

どうでもいい事・
差し支えない事なら会話になっても

肝心なことになると、
互いに感情的になって

〝売り言葉に買い言葉〟で
話が枝葉の方へ行ってしまい、

何を話しているのかさえ
分からなくなっていく。

言い争いの悪循環に陥ってゆくことは、
けっして珍しくありません。

そうなると、
堂々めぐりの徒労感と

憤りやフラストレーションばかりが
蓄積されることになります。


普段は、日々の生活の中で
それが抑えられていても、

また何かのきっかけで噴き出してくる。

その繰り返しと悪循環が
二人の関係を、

もう、この人とはやっていけない
もうこれでは無理だ

・・・というところまで
行かせてしまうことがあります。



実はどのご夫婦も、
みな同じ悩みを抱えています。

やがて、喧嘩になるのが嫌で
どちらかが口を閉ざすようになる。

時には、言い争いや喧嘩が
エスカレートしていくようなカップルも
あったりします。

二人とも、引くことが苦手なんです
そうおっしゃる方も、いらっしゃいます。


激しい喧嘩や騒ぎの末に
近所の人に警察に通報される

・・・というケースもあります。


今はむかしと違って、
警察は家庭内の暴力行為(DV)に
積極的に介入するようになっています。

夫婦喧嘩がよくない・・・
という意味ではありません。


このように夫婦二人で話し合うことは
とても難しい面があり、

それはどのご夫婦も
同じではないでしょうか。

| 同席面談の意味とは |


あれだけの時間、感情的にならずに
お互いの気持ちを話せたことは、今ま
でなかったことで、いろいろ気づきが
あったように思います。
一度の面談で、すぐに問題解決とは、
簡単にはいきませんが、これを契機に
お互いの理解が深まれば、と
思っています。


そのような感想を、
後日いただくことがあります。

こんな話を二人だけでしていたら、
 絶対にケンカになっていると思う


面談の中で、そんな言葉を
お聞きすることがあります。

お二人同席での
夫婦(カップル)カウンセリングを
長年にわたって続けてきて

お二人が冷静に話し合える場の大切さ
・・・というものを

更にいっそう感じるように
なってきています。



カウンセラーを交えた場で、

互いの云わんとしていることを
交通整理をしながら

じっくり話し・聞いてゆくことで、

これまでとは違う何かが
少しずつでも
見えてくるようになれたら、

夫婦カウンセリングの意味は
あるように思います。

初めて聞くようなことも多かった

そうした言葉を
お聞きすることがあります。


| 仲裁とは違います |


ここまでお読みいただくと
お分かりのように、

夫婦カウンセリングは、

カウンセラーがお二人の仲裁を
行なうため場ではありません。

ですので、
仲裁を目的にされてしまうと
違ってしまうと思います。

| すでに決心されている場合 |


ご夫婦のどちらかが、
もうこれ以上は無理だから」と

離婚を申し出ていたり、
別居状態にあるケースもあります。


それでも、心の内ではお互いが

やり直す道やきっかけが
 見つけられるなら、やり直してみたい


・・・というお気持ちが
少しでもあれば別ですが、

そうでなければ、

カウンセリングは人や相手の心を
変えさせるためのものではありません

・・・ということを、
予めお伝えしておきたいと思います。


ただし、
二人だけでは
 もう既に話が出来なくなっている


感情的にこじれしまって、
 話が堂々めぐりになってしまうので、
 カウンセリングの場を使って
 改めて話し合ってみたい


・・・ということが
あるかも知れません。




 カテゴリー 【 夫婦関係・夫婦問題 



お読みいただけると幸いで
・・・・・・・・・・・