夫婦カウンセリングについて

夫婦(カップル)カウンセリング


      
ここでは夫婦・カップルカウンセリングを
お考えの方に向けて、お伝えしています。


「夫婦カウンセンリグ」とは、
ご夫婦お二人でお越しいただき、
カウンセラーを交えて、
お話しをしてゆくものです。

森のこかげでは、特に
同席面談の形を、大切にしています。

夫婦関係についてのご相談では、
パートナーとのことで、
奥さんかご主人がお一人で
カウンセンリグにいらっしゃる場合。

そして、ご夫婦お二人で
いらっしゃる場合とがあります。

どちらの形にも
それぞれ大切な意味があります。

ですので、
いま出来る形というものを
大事にしていただけたら、と思っています。


| 夫婦カウンセリング | 


森のこかげでは、15年近くにわたって
夫婦(カップル)カウンセリングを
行なってきています。

欧米ではカップルカウンセリングは普通でも、
日本ではこれまで
余り認知度が高くありませんでした。

しかしそれも、次第に変わりつつあります。

以前は、奥さんが望まれて、
ご主人と一緒にいらっしゃるケースが
ほとんどでした。

しかし最近では、むしろ
ご主人が提案されていらっしゃるケースが
増えています。

二十代のカップルから三十代・四十代。
そして五十代のご夫婦まで
いらっしゃいます。

いらっしゃるご夫婦の多くは
年下の方たちになりますが、
時折、六十代のご夫婦もお見えになります。


| 夫婦カウンセリングの形 | 


夫婦カウンセリングで大事なことは、

誰が悪い、どちらが悪い、何がいけない
・・・そうした「犯人探し」ではなく、

感じてきたこと・思ってきたことを
話し合いながら、
二人の関係を改めて考えてゆくこと。

お互いの気持ち、考えていることを
改めて理解し直してゆくこと。

話す中身は、もしかすると
これまで二人で云い合ってきたことと
同じことだとしても、

カウンセラーを交えた場で
互いの云わんとしていることを
交通整理をしながら
じっくり話してゆくことで、

これまでとは違う何かが、
少しでも見えてくるようであれば、

夫婦カウンセリングの意味も
あるように思います。

「初めて聞くようなことも多かった」
そうおっしゃる方も、いらっしゃいます。

| 話し合うことの難しさ | 


「話しなら、散々やってきた」
・・・そうおっしゃる方が
いるかも知れません。

しかし、果たしてどうでしょう。

夫婦二人で話しをしていても、
どうでもいい事なら会話になっても、
肝心なことになると互いに感情的になり、

〝売り言葉に買い言葉〟で
話が枝葉のほうへ行ってしまい、
何を話していたのか分からなくなる

・・・ということは、
多いのではないでしょうか。

また、相手の言葉や話を
自分流に受け取り解釈するために、

話せば話すほど
感情的な悪循環に陥ってゆくことも
しばしば見られるものです。

そうなると、その時々の思いは解消されずに
堂々めぐりの徒労感と
憤りやフラストレーションばかりが残り、

「わかってもらえない」
「わかってくれない」という
やり場のない思いだけが蓄積してゆきます。

普段は日々の生活の中で
それが抑えられていたり、忘れていても、
また何かのきっかけで噴き出してくる。

その繰り返し・・・。

実はどのご夫婦も、
みな同じ悩みを抱えています。

やがて、喧嘩になるのが嫌で
どちらかが口を閉ざすようになったり。

時には、言い争いや喧嘩が
エスカレートしていくようなカップルも
あったりします。

激しい喧嘩や騒ぎの末に
近所の人に警察に通報される
・・・というケースもあります。

今はむかしと違って、
警察は家庭内の暴力行為(DV)に
積極的に介入するようになっています。

夫婦喧嘩がよくない・・・
という意味ではありません。


このように夫婦二人で話し合うことは
とても難しい面があり、
それはどのご夫婦も
同じではないでしょうか。


あれだけの時間、感情的にならずに
お互いの気持ちを話せたことは、今までで
なかったことで、いろいろ気づきがあった
ように思います。
一度の面談で、すぐに問題解決とは、簡単
にはいきませんが、これを契機にお互いの
理解が深まれば、と思っています。

そのような感想を
後日いただくことがあります。

こんな話を二人だけでしていたら、
ぜったいにケンカになっていると思う。

夫婦カウンセリングの中で
そんな言葉を
お聞きすることもあります。

たとえ、
なにが悪い、どうしたらいい、誰がいけない
・・・などの言葉を
外側からいくら聞かされても、

自分たちの関係を
二人が考えてゆく契機とはなりません。

しかも、そういう言葉・アドバイスの多くは、
「正論」の類になってしまいがちです。

話てみなければ分からないこと、
聞いてみなければ分からないことが
あるものです。

| 同席面談の意味 | 


「夫婦カウンセリング」といっても
何か特別なことを
行なうわけではありません。

ご夫婦とカウンセラーとが同席し、
それぞれ自由にお話しいただきながら、

お互いの話を整理をしたり、
交通整理をしながら
話を進めてゆく・・・

そんなイメージを
持っていただけたら、と思います。

森のこかげでは、
「夫婦同席面談」の形を大切にしています。

それは、ご夫婦お二人が
「冷静に話し合える」場の大切さを
これまでの経験から
とても感じているからです。

このことは、
夫婦カウンセリングを長く行なって来て
いっそう実感するようになっています。

たとえ話の中身自体は
これまで二人で云って来たことと
変わらないとしても、

それを冷静に話し合える、
そして相手の云うことも
じっくり聞くことができる。

それだけでも
何かがとても違ってくるものです。


| 仲裁をするためのものでなく | 


ここまでお読みいただくと
お分かりのように、

夫婦カウンセリングは、お二人の間の仲裁を
目的としている場ではありません。

ですので仲裁を目的にされてしまうと、
違ってしまうと思います。


| 二人のとき・一人のとき | 


最初は一人で行ったほうがいいでしょうか。
 最初から二人のほうがいいでしょうか

そうしたご質問を受ける機会があります。

ご自分気持ちに合わせたやり方で
行なっていくのが良いように思います。

ご夫婦それぞれが
一度お一人で話しにいらしてから、
お二人でお越しの方もいらっしゃいます。

あるいは、
最初からお二人でお越しの方たちも
いらっしゃいます。

どちらでも結構です。

お二人でいらした後に、
お一人でいらっしゃる場合もあります。


| 発達障害的なものが関わるとき |


夫婦の問題でいらっしゃる中には、

パートナーが発達障害、
あるいは
発達障害的なものを抱えているのでは?

・・・と思われるケースも存在します。

軽度な発達障害の場合には、
ご本人自身もそうですが、周囲の人も
そうしたハンディキャップの存在自体を
理解しにくいことがあります。

そのため、いろいろ起きてくる中で、
「自分がこの人に合わせさえすれば」と
思うことで

なんとかやって行こうと考え、

そうしたパートナーに
一生懸命に合わせて来ることによって

次第に、自分自身が苦しい気持ちに
追い込まれるようになったり。
強い葛藤やストレスに襲われたり、

・・・ということが、しばしば起きてきます。


たとえば、
付き合っていた頃は
他人や周囲にとても気をつかう様子だとか、

真面目で表裏のない人柄だとか、
人と少し違った個性的なところに
好意を感じていたのが、

結婚して一緒に生活するようになると、
自分のことしか
考えてないように映る一方で、

ちょっとしたこちらの言動に
子どもの様に
ひどく落ち込んだ様子を見せたり、

自分の要求が満たされないと
癇癪(かんしゃく)を起こしたり
パニックのようになったりして、

「どう接していいのか分からない」
というふうに
なってしまうケースもあります。

もしかするとパートナーが
発達障害・発達障害的なものを
抱えているのでは

・・・と思われる時には、

最初からお二人でお越しよりも、
まずお一人でお話にいらしてみることを

お勧めしています。

| すでに決心されているケース | 


ご夫婦のどちらかが、
もうこれ以上は無理だから」と
離婚を申し出ていたり、
既に別居状態にあるケースもあります。

心の内ではお互いが
できれば離婚はしたくない
出来ればやり直すきっかけを見つけたい

・・・というお気持ちが
少しでもあれば別ですが、
そうでなければ、

カウンセリングは人や相手の心を
変えさせるためのものではありません。

・・・ということを、
予めお伝えしておきたいと思います。

ただし、
二人だけでは
 もう既に話が出来なくなっている

感情的にこじれしまって
 話が堂々めぐりになってしまうので、
 カウンセリングの場を使って
 改めて話し合ってみたい

・・・ということがあるかも知れません。
       【夫婦関係・夫婦問題】
       【夫婦関係・夫婦問題】
       【男女関係・恋愛関係】
       【こころ ストレス 身体】

 カテゴリー 【 夫婦関係・夫婦問題 
夫婦関係・夫婦問題
▷ 記事はこちら
【 こころの物語 
▷ 記事はこちら


お読みいいただけると幸いです
・・・・・・・・・・・・・・・・


カウンセリング案内