夫婦カウンセリング【関係修復のために】

夫婦カウンセリングをお考えの方へ

夫婦カウンセリング
あるいは
カップルカウンセリングは、

ご夫婦・カップルで面談にお越しいただき、カウンセラーを交えて、お話しをしてゆくものです。

森のこかげでは開設の時から
夫婦カウンセリングを
長年続けて来ています。

お二人同席しての
「同席面談」の形を大切にしています。

ご夫婦・カップルの年齢層も
二十代から六十代の方たちまで
幅広くお越しです。

夫婦(夫のこと・妻とのこと)でのご相談では、

奥さん、あるいはご主人がお越しになり
お話しを続けてゆくケースが
多くなりますが

ご夫婦お二人でお越しになる方たちも
いらっしゃいます。

以前は奥さんから提案されて、いらっしゃるケースが殆どでしたが、ここ数年では
ご主人側から提案されて、申し込まれるケースが増えています。

冷静に話し合える場を持ちたい・・・。

二人が、お互いを
そしてお互いの気持ちを
理解し合う必要があるかも知れない・・・。

そう思われるとしたら、
いらしてみては、いかがでしょうか。

二人だけで話をすると、互いの主張をぶつけ合い、喧嘩になって離婚のような話に発展することもあります。カウンセリングを受けて少しでも、関係改善が出来ればと思っています。

子供が生まれてから、徐々に夫婦関係が悪くなり、大きな喧嘩も多くなりました。子供にも悪影響を与えてしまっていると感じています。
夫婦共にもう一度やり直したいという思いで、カウンセリングを受けたいと考えています。

長期に渡りスレ違いが続いており、話し合いも堂々巡りな状況です。
今回二人で帰国の機会にカウンセリングを受け、問題解決のきっかけにできれば、と考えております。

夫婦関係に悩んでおり、夫婦カウンセリングをしたいと考えております。わたしは離婚を希望していますが、夫は離婚を望んでいません。
二人ではまともに話すことも叶わないので、感情の整理にお付き合いいただきたいです。


| 夫婦カウンセリングとは |

夫婦カウンセリングで
最も大切にしていることは、
(夫婦カウンセリングに限りませんが)

何が悪い、誰がいけない、
夫が悪い、妻が悪い・・・
そうした「犯人探し」ではなく、

冷静に話し合える場の中で、
感じていること・
思ってきたことを話し合いながら、

改めて、互いの関係を考えてゆくこと
理解してゆくこと・・・

長年続けてきて、そうしたことが
最も大切になるように感じています。

| 新しいきっかけとして |

夫婦カウンセンリグをきっかけにして、

二人でいろいろ話し合う機会を作た

ここで話したことを踏まえて、帰ってからも二人で話し合ってみた。

そう報告して下さるご夫婦も
いらっしゃいます。

あれだけの時間、感情的にならずに、二人がお互いの気持ちを話せたことは今までなかったことで、いろいろ気づきがありました。
一度の面談ですぐに問題解決、とは簡単にはいきませんが、これをきっかけにして、お互いの理解が深まればと思っています。

ご相談者の言葉・感想から


| 話し合うことの難しさ |

話し合いなら、さんざんやってきた。
そうおっしゃる方がいるかも知れません。

でも、果たしてどうでしょうか。

夫婦二人だけで話している時には
そもそも冷静に話し合うことが
ひどく難しくなるものです。

無難なことなら会話になっても
肝心な事になると、互いに感情的になって口論になり、売り言葉に買い言葉。

話が枝葉の方に行ってしまい、結局何を話していたのかさえ、分からなくなっていく。

どのご夫婦も、同じ悩みを抱えています。

中には、喧嘩がエスカレートしていき、
警察に通報したり・されたり・・・
というケースも拝見しています。

そのためもあってか、時折
二人だけでは絶対に話さない(話せない)事を、ここで話している。

そうおっしゃるご夫婦も
いらっしゃいます。

            

| 同席面談の意味 |

夫婦カウンセリングと云っても、
なにか特別なことを
おこなっているわけではありません。

カウンセラーが中立的な立場でご一緒し、
お二人と話しをしていきながら、
お互いの話や気持ちの交通整理をしつつ、ご一緒に話し合ってゆく ・ ・ ・ ・

そんなイメージを持っていただけたら、
と思います。

話してみなければ分からないこと、
聞いてみなければ分からないことが
あるものです。

| 個人面談と夫婦面談 |

最初は一人で行ったほうがいいでしょうか。それとも最初から二人がいいでしょうか?

そうした質問を、いただく時があります。

どちらでも望む形で大丈夫です。

最初からお二人でお越しの方たちも
いらっしゃいますし、

最初はお一人で、
あるいは、お一人ずつで
お越しの方たちもいらっしゃいます。

また時には
お二人で面談にいらした後に、改めて一人でお越しの方も、いらっしゃいます。

二人の場では、十分に話せなかったこと、云えなかったことが、あるかも知れませんし、

お二人でのカウンセリングの場では、ご自分自身の気持ちが、中途半端になることも、あるかも知れません。

改めて、お話しにお越しの方も
いらっしゃいます。


| 既に決心されている場合 |

また、いろいろあった末に
ご夫婦のどちらかが、

「もうこれ以上は無理だから」と
離婚を申し出ていたり、
既に別居状態にあるケースもあります。

心の内では、どちらも、やり直す道やきっかけがあるなら、離婚はせずに、やり直しも考えていきたい
・・・という気持ちがあれば別ですが、

そうでなければ、
カウンセリングは人や相手の心を、変えさせる為のものではありません、ということを
予めお伝えしておきたいと思います。

ただし、直接話し合いたいけれど、二人だけでは、もう話が出来なくなっている。

話し合いが堂々めぐりになっているので
カウンセリングの場で
改めて話し合ってみたい
・・・ということもあると思います。

別居中ですが、これからどうするか二人で話し合っても、堂々巡りから抜け出せません。
冷静に話し合える場を持ちたいと思っています。よろしくお願いします。

ご相談者の言葉・感想から

カテゴリー夫婦関係