面談で大切な幾つかのこと




ご相談者
(クリニック・病院ですと患者さん)
状態や症状を、

最初にお会いした時よりも
複雑化することがないような

面談や対応(クリニックでは診療)
心がけるということが

臨床では、まずは第一番に
大事なことになります。

| 壊病と医原症 |


中医学(中国医学)には
「壊病」という言葉があります。
(え・びょう)

見当外れだったり、
その人の状態に合わないような
治療や対応を続けることで

複雑化してしまった状態を
意味している言葉です。

日本にも「医原症・医原病」
という言葉があります。

壊病と、同じような意味です。



ご相談者の状態が

複雑化(壊病化)することのないような
面談のためには、

たとえば
カウンセンリグで云えば

散らかっていた部屋を
一緒に片付け整理をしながら、

見通しをよくしてゆく、
という作業が、大切になります。

しかも、
それをでき得る限り

クライエント・センター」の場の中で
自由にお話しいただきながら
進めてゆく

・・・ということが、

カウンセラーの重要な
役割になります。


心理療法(カウンセリング)というもの
は、そもそも、患者
(ご相談者)の気持
ちの安定化をはかる、というのが第一歩
ですから・・・

  下坂幸三・精神科医/心理療法家

とは云え、

なかなか難しいことも多いですし、
上手くいかない場合も
出てきてしまいます。



また、「症状の捉え方について」
でも記しているように、

ご本人自身が
感じ訴える〝自覚症状〟と共に

対話をし、ご一緒しながら
外から感じられてくる
徴候(ちょうこう)〟とを併せて、

「いま目の前にいる人が
 どのような状態にあるのか」

・・・ということを感じ取ってゆく。

これが臨床では
とても重要な事になります。

しかし、それは云うまでもなく、

言葉で簡単に云うほど
容易な行為とは異なるものです。


カウンセリングではなく
医師としての診療の立場からですが、

たとえば、中安信夫氏が
このように語っています。

私は長い間大学病院におりまして、多く
の研修医を指導してきましたが、研修医
が行なう最大のミスは、患者の表出
(外から捉えられ得るもの)は〝見えて
も見えず〟。
患者が語り訴える症状や体験は〝聞いて
も聞こえず〟で、徴候と症状を、把握で
きないことに起因する。

       中安信夫・精神科医



カテゴリーひとり言・随想



お読みいただけると幸いで
・・・・・・・・・・・

カウンセリング案内



ご相談内容

カウンセリングをお考えの方へ

カウンセリングの前に

ご質問にお答えして/ 目次

ご相談者からの言葉・感想

カウンセンリグを経験してみて