面談で大切になること


カウンセリングとしての面談
・・・と云うよりも

本来はもっと広い意味で
〝臨床では〟と云うべきですが

そこでは、大切になることが
幾つかあると思っています。

     ●●●

特に大事になることとして、
カウンセンリグでいうと

ご相談者の状態を
最初にお会いした時よりも
複雑化することがないような
面談を心がける

・・・ということがあります。

これは継続してゆくケースでは
最も大事なことかも知れません。

たとえば、以前のことですが

わたしの眼には、
カウンセリングの副作用の中に今もいる
・・・としか思えない方が
時々お越しになりました。

ご本人自身では
(以前のカウンセリングやセラピーで)
自分の問題が、まだ解決し切れていなかったから、今もきっとこうなんだろう・・・

そうした意味の述懐をされる場合が
殆どだったように思います。

このようなケースでは
詳しくお話をうかがいながら

副作用の中から少しずつ
覚めてゆくことをお手伝いするのが
最も大切なサポートになります。


| 壊病と医原症とは |

中医学(中国医学)には
「壊病」という言葉があります。
(え・びょう)

見当はずれだったり、
その人には適さないような
治療を続けることで、

患者さんの症状や病像が
複雑化してしまった姿を
意味している言葉です。

日本の医療にも「医原症・医原病」
という言葉があります。

元々の病気によるものではなく、
治療が原因によって生じている
症状や病像という意味です。

壊病と、同じような意味です。

このような壊病だとか
医原病というものは、
残念ながら、非常によくあるものです。


| 一緒に片付けながら |

ご相談者の状態が
複雑化(壊病化)することのないような
面談のためには、

散らかってしまって
何処から手をつけたらいいか
分からなくなっている部屋の中を

一緒に整理し片付けながら
部屋の中の見通しをよくしてゆく

・・・という作業が大切です。

心理療法(カウンセリング)というものは、そもそも患者(ご相談者)の気持ちの安定化をはかる、というのが第一歩です
下坂幸三 精神科医/心理療法家

しかも、それをでき得る限り
クライエント・センタード」の場の中で

自由にお話しをして貰いながら
進めてゆく
・・・ということが、

カウンセラーのとても大切な役割です。

・・・とは云え
なかなか難しいことも多いですし、
上手くできない場合も出できます。

体験者の手記


「クライエント・センタード」とは
カール・ロジャースの言葉です。

カール・ロジャースとは
カウンセリングの世界では
神様的な存在の人物です。

     ●●●

クライエント・センタードとは、

クライエント=ご相談者の心のペースが
センターであること=尊重されること。

カウンセラーが自分中心になって
クライエント(ご相談者)を
アレコレ操作するものではない

・・・という意味があります。

カテゴリーカウンセリングの話