面談で大切になること



カウンセリングとしての面談

・・・と云うよりも本当は

もっと広い意味で
〝臨床〟と云うべきですが

そこでは、大切になることが
幾つかあると思っています。

     ●●●

特に大切なこととして、

ご相談者の状態を
最初にお会いした時よりも

複雑化することがないような
面談を心がける

・・・ということがあります。

| 壊病と医原症 |


中医学(中国医学)には
「壊病」という言葉があります。
(え・びょう)

見当外れだったり、
その人に合わないような
診療や治療を続けることで、

症状や状態が複雑化してしまった事を
意味している言葉です。

日本にも「医原症・医原病」
という言葉があります。

壊病と、同じような意味です。

このような壊病化だとか
医原症というものは

残念ながら、よくあるものです


| 部屋の中を片付けるように |


ご相談者の状態が
複雑化(壊病化)することのないような
面談のためには、

カウンセンリグで云えば

散らかっていた部屋を
一緒に片付けて整理をしながら、

部屋の中の見通しを良くしてゆく、
という作業が大切になります。

心理療法(カウンセリング)というものは、そもそも、患者(ご相談者)の気持ちの安定化をはかる、というのが第一歩ですから・・・
下坂幸三 精神科医/心理療法家

しかも、それをでき得る限り
クライエント・センタード」の場の中で

自由にお話しをして貰いながら
進めてゆく
・・・ということが、

カウンセラーのとても大切な役割です。

・・・とは云え
なかなか難しいことも多いですし、

上手くできない場合も出できます。




「クライエント・センタード」とは
カール・ロジャースの言葉です。

カール・ロジャースとは
カウンセリングの世界では
神様的な存在の人物です。

     ●●●

クライエント・センタードとは、

クライエント=ご相談者の心のペースが
センターであること=尊重されること。

カウンセラーが自分のペースで、
クライエント(ご相談者)を
アレコレ操作するものではない

・・・という意味があります。


カテゴリーカウンセリングの話