カウンセリングで大切になること


面談をしてゆく上で大切なこと

| はじめに |

カウンセリングも臨床行為ですので
臨床というものには共通して大切なことが
幾つかあると思います。

その中のひとつで
しかも、とても大切なものに

ご相談者や患者さんの状態を
複雑化させないこと、が挙げられます。

複雑化しないように

カウンセリングでは
ご相談者の心の状態が
複雑化することがないような面談を心がける
・・・ということが何よりも大切です。

たとえば、以前のことですが

わたしの眼には
カウンセリングやセラピーの
副作用の中にいらっしゃる

・・・そう思える方が
時々お越しになりました。

ご本人自身では
(以前のカウンセリングやセラピーで)
自分の問題を、まだ解決し切ることが出来なかったので、今もこうなっている・・・

そうした意味の述懐をされる場合が
殆どだったように思います。

そしてお話を詳しく伺っていくと
殆どの方が
侵襲的なカウンセリングのセッションを
繰り返し受けていました。

侵襲(しんしゅう)的とは、カウンセラーが持つ特定の考えに固執して(別の言い方をすると、目の前のクライアントの心の状態や人となりを無視して)心の中を掘り返していくこと。

このような場合には
詳しくお話をうかがいながら

副作用の中から少しずつ
覚めてゆくことをお手伝いするのが
最も大切なサポートになります。


| 壊病と医原病 |

中医学(中国医学)には
壊病(えびょう)という言葉があります。

壊病とは、見当はずれだったり
適さないような治療を行なうことで

患者さんの病像が
なにがなんだか分からなくなってしまった姿を指しています。

日本の医療にも「医原症・医原病」
という言葉があります。

元々の病気によるものではなく、
医療や治療が原因で生じている
症状や病像という意味です。

壊病と同じような意味です。

このような壊病だとか
医原症・医原病というものは、
残念ながら、非常によくあるものです。

一緒に片付けながら

ご相談者の状態が
複雑化することのないような面談の為には

ひとつには
散らかってしまって
何処から手をつけたらいいか
分からずにいる部屋の中を

一緒に、少しずつ整理しながら
部屋の中の見通しをよくしてゆく
・・・という仕事が大切になります。

このことは、当然ですが
初回だけのことではなく
常に一貫して在り続ける必要があります。

しかも、それをでき得る限り
クライエント・センター」の場の中で
自由にお話しをして貰いながら進めてゆく

・・・ということが
カウンセラーのとても大切な役割です。

とは云え
なかなか難しいことも多いですし、
上手くできない場合も出できます。

カテゴリーカウンセリングの話