強迫症・強迫性障害(神経症)

強迫症・強迫性障害・強迫神経症について



神経症として現れる症状は、
少々大袈裟な表現ですが
「人の数だけ存在する」とも云われます。

それだけ様々な症状が見られます。

そうした中でも強迫(きょうはく)症
(強迫性障害・強迫神経症)は、

ある意味からすると
「神経症」というものの純粋型ような
症状群として考えられています。


| 強迫症とは |


強迫症は
「強迫観念」と「強迫行為」とで
成り立っている症状群です。

なんらかの「観念」
・・・つまり何かの思い・想像・想念に
ひどく強く捉えられて、

なにかの「行為・行動」を
やらずにはいられなくなる

・・・という形のものです。

たとえば不潔強迫は
強迫症の中でも、よく見られる症状です。


強迫症は、強迫行為と強迫観念と一体である
が、強迫行為はなく強迫観念だけの人もある。
不潔恐怖(強迫観念)がもっとも多いのでは
ないだろうか。

その手段は手洗い(強迫行為)であるが、
神経症の治療が必要になる場合には、いくら
洗っても「絶対にバイキンが残ってない保証
はない」から、この強迫行為(手洗い)は疲
れ果てるまでやまない。
          中井久夫 精神科医

強迫症とは
このような心的な形(機序)を成しています。

ですので、
よく「依存症」として扱われている
ストーカー行為だとか
繰り返される盗撮行為なども、

実際には、強迫症として
治療・対応すべきものです。

不潔恐怖ということでは、

主婦の場合ですと、
外から帰って来た家族を
そのままでは不潔だからと、
玄関で着ている物を全部
着替えさせてからでないと中へ入れない、
という強迫行為があります。

そこまでではなくても、
それと似たお話を
ご家族の方からお聞きする機会が、
時々ですが、あります。

「確認強迫」の症状も
不潔強迫に劣らず、よく見られます。

仕事の場では、
「間違いがなかったか」と
ひどく不安になって、
何度も何度も同じところを確認し続けるため、
仕事が進まなくなります。


ガス漏れ恐怖でも、何度ガス栓を閉めても
「絶対に閉まってる」という保証はないから
延々とガス栓をひねることになる。
         中井久夫 精神科医


| ほとんどの人が経験している |


このように記してくると、
強迫症・強迫神経症というものが、
なにか特異な病態のように
思われてしまうかも知れません。

しかし強迫症、
あるいは強迫症的なものは
日常の中にたくさん潜んでいます。

人間と神経症とは、昔から
切っても切れない関係にあるからです。

たとえば、
フロイトが創始した精神分析療法は、
元々は、神経症の患者さんの治療として
考えられたものです。

森田正馬(まさたけ)の森田療法も、
「森田神経症」の患者さんの治療を目的に
森田正馬が創り出した治療法です。

このように、
精神分析療法や森田療法に限らず、
精神療法・心理療法(カウンセリング)は、

元々は神経症の治療として
築き上げられて来た面があります。

それだけ、人間と神経症とは
深い関係にあるということです。

ごく軽度な神経症症状ということでは、

トイレの扉の取手を素手で握れない。
電車の吊り革を素手でつかめない、
という人たちは、意外に多いものです。

あるいはカギを閉めたかどうか不安になって
何度も確認してしまう。

ガスや火の元を何回も確認しに戻る。

それに類する「確認強迫」のような行為は、
一時的であれば
誰もが経験しているはずのものです。

それは、ストレス症状のひとつです。

あるいは、チックのように、
なにかの拍子に
ちょっとした同じ動作を
何度も繰り返してみたり。

このように
神経症的症状とされるものの多くが、
一過性でごく軽度な程度であれば、

ほとんどの人たちが
しばしば経験しているものです。

「自分にはない」としたら、
ただ覚えていないだけです。

ですので、それが改めて
「神経症」と診断名を与えられるのは、
その症状や行動のために、

生活や仕事・学業や人間関係などで
明らかに支障や妨げを
生むようになっている場合に、

「神経症」と付けられるようになります。

       【こころ ストレス 身体】
       【こころ ストレス 身体】
▷ 人間関係での悩み      
      【カウンセリングの話】
      【夫婦関係・夫婦問題】

カテゴリーこころ ストレス 身体
こころ・ストレス・身体
▷ 記事はこちら
臨床のはなし
▷ 記事はこちら


お読みいいただけると幸いです
・・・・・・・・・・・・・・・・


カウンセリング案内