強迫症・強迫神経症

| 神経症の純粋型として |


神経症として現れる症状は
「人の数だけ存在する」とも云われます。

それだけ様々な症状が見られます。

そうした中でも、

強迫(きょうはく)症
(強迫性障害・強迫神経症)は、

「神経症」というものの純粋型

・・・としての症状群と
捉えられています。

| 強迫症とは |


強迫症というのは、

強迫観念」と、

強迫観念から生まれる「強迫行為」とで
成り立っている症状群です。

     ●●●

強迫観念とは、

なんらかの強い不安な想像や想念に
意識がひどく囚われていて、

自分でも、そこから
自由になれない状態です。

そして、その強く囚われた
不安な想像や想念によって

なんらかの行為・行動を
やらずにはいられなくなる

・・・というのが強迫行為です。

したがって、強迫症が強くなると、
生活に支障が生じてきます。

強迫症は、強迫行為と強迫観念と一体であるが、強迫行為はなく強迫観念だけの人もある。

不潔恐怖(強迫観念)がもっとも多いのではないだろうか。その手段は手洗いであるが、神経症の治療が必要になる場合には、いくら洗っても「絶対にバイキンがない保証はない」から、この強迫行為は疲れ果てるまでやまない。

中井久夫 精神科医



不潔強迫ということでは、
主婦の場合ですと

外から帰って来た家族を
そのままでは不潔だからと、

玄関で着ている物を
全部着替えさせてからでないと
中へ入れさせない。

そうした強迫行為があります。

そこまでではなくても、

それと似たお話を
ご家族の方からお聞きする機会が
時々ですが、あります。



「確認強迫」の症状も
不潔強迫に劣らず、よく見られます。

仕事の場では、
「間違いがなかったか」と
ひどく不安になって、

何度も同じところを確認し続けるため、
仕事が進まなくなります。

ガス漏れ恐怖でも、何度ガス栓を閉めても「絶対に閉まってる」という保証はないから、延々とガス栓をひねることになる。
中井久夫 精神科医

| 動物園の動物にも |


このように記してくると、
強迫症・強迫神経症というものが、

なにか特異な病態のように
思われてしまうかも知れません。

しかし強迫症、
あるいは強迫症的なものは
日常の中にたくさん潜んでいます。

人間と神経症とは、昔から
切っても切れない関係にあるからです。


たとえば、
フロイトが創始した精神分析療法は、

元々は
神経症の患者さんの治療として
創造されたものです。

森田療法も、
「森田神経症」とされる
患者さんの治療を目的に

森田正馬(まさたけ)が創り出しました。


精神分析療法や森田療法は
ひとつの例ですが、

このように、
心理療法(カウンセリング)は、

神経症の治療として
築き上げられて来た歴史があります。

それだけ、人間と神経症とは
深い関係にあるということです。


動物園の動物にも
強迫行動が見られることは
よく知られています。

本来の生活環境から切り離されて
神経症状態になっているのです。

| 誰にでも見られるもの |


ごく軽度な神経症症状ということでは、

トイレの扉の取手を素手で握れない。
電車の吊り革を素手でつかめない、
という人たちは
意外に多いものです。

あるいは、
カギを閉めたかどうか不安になって
何度も確認に戻ってしまう。

ガスや火の元を何回も確認する。

それに類する行為は、
一時的であれば
誰もが経験しているはずです。


このように
神経症的症状とされるものの多くが、
一過性で、ごく軽度な程度であれば、

ほとんどの人たちが
しばしば経験しているものです。

「自分にはない」としたら、
ただ覚えていないだけです。

それらは、
むしろストレス症状のひとつ、
と考えられます。


ですので、改めて
「神経症」の病名を与えられるには、

その症状や行動のために、
生活や仕事・学業や人間関係などで

明らかに支障や困難を
生むようになっている場合に、

「神経症」と名付けらることになります。


カテゴリー心と身体







カウンセリング案内

ご相談内容

カウンセリングをお考えの方へ

・・・・・・・・

カウンセリングの前に

ご質問にお答えして/ 目次

・・・・・・・・

体験手記・目次

ご相談者からの言葉・感想












Copyright(c) カウンセリング森のこかげ.