おとなしくてイイ子

たんぽぽと蘭の花



赤ちゃんや幼い子どもを
タンポポと蘭の花にたとえて

説明しているのが
乳幼児精神科医の渡辺久子さんです。


| タンポポと蘭の花の子ども |


タンポポは元気いっぱい。

たとえアスファルトの切れ目でも、
水と日光があれば

根と葉を伸ばし
元気に花を咲かせます。

一方、蘭の花はとても繊細です。

タンポポのようには、いきません。

蘭の花が育ちやすいように
環境を整え
手入れをしてあげて、

美しい花を咲かせてくれます。


赤ちゃんや子どもにも、
タンポポタイプと
蘭の花タイプの子どもがいるのです。


| おとなしい赤ちゃん |


たいていの赤ちゃんや子どもたちは、

親が多少間違ったことをしても
元気に育ってくれます。

そして、自分の要求を泣いて訴え、

親が手をかけずには
いられなくさせます。

でも中には、
とてもおとなしくて
静かな赤ちゃんや子どもがいます。



この子は、手のかからない子どもでした。

上の子が手のかかる時期で
大変だったので、この子が静かな子で
すごく助かったんです。


部屋に一人で寝かせておくと、
始めはよく泣いてたけど、忙しくてかま
ってやれずにいたら、いつの間にか
ひとりでいても、泣かなくなりました。



我慢強くて転んでも泣かなかったり、
ほかの子どものようには、自分から要求
や訴えをすることが少なかったり。
だから、とてもしっかりしているように
見えていました。


今でもあのコとは、なんとなく距離があ
るっていうか、ほかの子どもたちとは少
し違って、あのコとは距離感みたいなも
のを、ずっと感じてきました。



いろいろなお母さんから、

たとえば、上のようなお話を
お聞きする機会があります。

もちろん、すぐにこんなお話を
して下さることはありません。

カウンセンリグへの安心感を
持っていただくことで、

お話し下さるようになります。


この子の場合には、なにも構ってやれ
ないうちに、いつの間にか一人で大き
くなっていった感じです。
だから今、それまでの分を取り戻して
いる気がします。


そう打ち明けて下さるお母さんも
いらっしゃいます。


| 心の絆・愛情への安心感覚 |


上のような生育歴のエピソードは、

愛情への安心感覚〟を持てないまま
生きている方の
幼い頃のお話として、

お聞きする場合があります。



生を受けて
これから育っていこうとする
赤ちゃんや子どもです。

しかも、
生まれ落ちるとすぐに走り出すような
他の動物の赤ちゃんとは違って、

人間の子どもは、どうしても

手をかけて
お世話をしてもらう必要があります。

泣いて自分の存在を周囲に告げる。
要求を訴える。

親が手をかけずにはいられなくさせる。

元気な赤ちゃんと子どもの姿です。



でも、蘭の花タイプの
繊細な赤ちゃんや幼子の場合、

いろいろな
やむを得ない事情の重なりによって、

お母さんとの情緒的な絆が
十分に育つことを
難しくさせる場合があります。


たとえば、
赤ちゃんを産んだ後に

お母さんが病気がちとなったり
体調が思わしくなくて、

赤ちゃんからの訴えや呼びかけに
応えてあげられずにいたり。

あるいは、
様々な理由や事情によって、
寝かされたまま
ひとりで放って置かれることが
とても多かったり。


赤ちゃんの生理的な必要よりも
親御さんの都合によって、
お世話がされていたり。

たとえば、
赤ちゃんや幼児の頃に
しばらく母子分離が続いてしまったり。

お母さんが、
赤ちゃん・子どもに接することに
抵抗感が拭えずにいたり。

| 愛情への安心感覚 |


こうした、いろいろな事情の
重なり合いによって、

蘭の花タイプの赤ちゃんや子どもは

養育者との心の絆を
十分に作れずに、

以降の人生を、
〝愛情への安心感覚〟を持てないまま

生きていかなくてはならない場合が
出てくることがあります。


これを愛着の障害、
と呼ぶことがあります。

ですので、愛着の障害とは

障害と付いていますが
病気ではありません。

親密な感情が
心に生じる人との関係(二者関係)で
強く惹起してくる

〝深い身体感覚〟のことを云います。




カテゴリー始まりの物語