悲しみについて

2011年 6月27日に記す

もっと悲しんでも大丈夫なんだよ・・・

きちんと悲しめずにいることが、
余計に人を苦しめる事があります。

それをお伝えしたくて、
この拙い文を記しました。

| 悲しみという感情 |

カウンセリングから見た時、
「感情」には
それぞれに意味があります。

なかでも〝悲しみ〟とは、
「喪失感」と
根っ子の繋がった感情になります。

では、喪失感(そうしつかん)とは
どのような心の姿を
云うのでしょう。

それは・・・・
あなたにとって
とってもとっても大事なもの・・・

あなたにとって
大切な意味を持つもの・・・

他では置き換えることの出来ない
かけがえのないもの・・・

そうした対象や存在が
失われてしまったり。

あるいは、
失われそうになっているのに
それをどうすることも出来ずにいる。


喪失感とは
このような心の姿をいいます。

| 悲しみを悲しめる |

そして悲しみとは、

こうした喪失感と
深く根っこの繋がった感情なのです。

だから
たくさん悲しんだって、いいのです。

きちんと悲しめるからこそ、
いっぱい悲しめるからこそ、

そこから新しい心の芽も
芽吹くことが出来る。


そして、なにも云わずに
ただ黙って
そばに居てくれる人がいたら、

心はきちんと、悲しむことが出来る。

せめてカウンセリングが、
心の新しい芽が芽吹いてゆくのを
見守る営みであることを、
願ってやみません。


〝悲しみ〟とひとくちに云っても、

日常のなかで、気づかぬうちに
いつの間にか流れ去ってゆくものから、

生きる意味や
生きる意欲を見失うような
深く深い悲しみや嘆きまで、様々です。

しかし、そのいずれの時にも
悲しみの背後には、

喪失感と繋がった何ものかが
存在するのです。

カテゴリーこころの物語