【ありのままの自分を認める】とは

「ありのままの自分」を考える

| はじめに |

ありのままの自分を
受け入れましょう・・・

ありのままの自分を
認めることが大切です・・・


こうした言葉を、よく聞きます。

ご相談者の方からも
「ありのままの自分を受け入れる」というのは、本を読んでいる時には、なんとなく分かったような気になるけど、そもそも〝ありのままの自分〟というものが、よく分からない。

・・・そうした訴えを
お聞きすることがあります。

確かに、わたしが読者であっても
よく分からないと思います。


| 誤解を与える言葉 |

ありのままの自分を認める・受け入れる
・・・という表現は、

あたかも、
ありのままの自分
というものが先験的に在って
それを、そのまま受容すればいい

・・・かのような錯覚を
与えるかも知れません。

しかし、果たして

そのような退屈な
内的作業でしかないのでしょうか。

| フィールドワークの視点 |

こう考えてみると、どうでしょうか。

たとえば、
なにかの動物や植物を
保護し育てていこうとします。

そのような時には、
まず、どんな事から始めるでしょう。

まずは、その動物や植物が
どのような生き物であるかを
理解してゆくための取り組み

・・・そこから始めるはずです。

こういう条件の環境で生息し、
こんなふうな性質で

こういう特徴を持つ生き物なんだ

・・・等々というふうに、

その動物や植物を理解するための
フィールドワークから
取り組んでゆくことになります。



| 新しい目によって |

しかしこれは、なにも
動物や植物だけのことではない筈です。

自分自身についても
少しも変わらないはずです。

つまり言葉を換えると、
ありのままの自分を認める
というのは、

自分自身を、
新しい目によって発見し直してゆくこと。

それが、
ありのままの自分を認める
という作業の
大切な中心を成していること。

そこが、
最も肝心なことのように思います。

何故なら
カウンセリングをしていると、

自分を誤解していたのは
実は自分自身だった・・・
という事は

少しも珍しい事ではないからです。

そういう意味から申し上げると、

カウンセリングとは、
ご相談者がカウンセラーが協力しながら

ご自分自身を、新しい目によって
発見し直してゆく試み。

・・・そう云えそうです。

白いキャンバスに、言葉で
もう一度、絵を描き直してゆく。

カテゴリーカウンセリングの話