残念な気持ちになるとき




面談でお話しを伺ってゆく中で

どうしても、残念な気持ちに
なってしまうときが、
時折あったりします。

残念な気持ちとは
どのような思いかと云うと、

せめて○年前に来てくださっていたら
今のような結果や状況には、
もしかすると
なっていなかったのでは・・・


という思いになるのです。

面談をしていて
こうした思いになる時が
時折ですが、あったりします。



先日の或るカウンセリングの中でも、
口に出すことしませんが

せめて、二年くらい前に来てくださって
一緒に考えられていたなら、
少なくとも、今のような結果には
なっていなかったのでは

・・・という気持ちに
なった場面がありました。


もちろん、
実際には、どうだったかは
神様でない限りわかりません。

何も変わらなかったのかも知れない。

ただ、
そうした気持ちなるには

そうした気持ちになるだけの理由が
あることは確かです。



たとえば、ひとつには

お話を詳しく伺ってゆく中で

そのご相談者の方が

ご自分では良かれと思って
やっていた行動や行為。

あるいは、
ご自分目線による判断や考えで
行なっていた行為が

むしろ、逆に

事態をこじらせたり、
関係を悪化させる要因に
つながっていた事が

想像されてしまう時などに、

せめて、その時に
来てくださって、
一緒に考えることが出来ていたら

・・・という思いに
駆られてしまう時があるのです。



もちろん、
いろいろな理由によって

容易には変えられない事・
どうにもならない事もあります。

それは特に
自分自身の外側に存在するものは、
そういう事も多いかも知れない。


しかし一方で、
〝自分発信〟に関わるものは

きちんと理解さえされていたなら
変えることが出来ることが
存在します。


更に、人間は誰にも
〝思い込み〟というものがあります。

一度〝思い込み〟が作られてしまうと
自身では容易に変えられません。

なので、
お話しを伺っていて

どうしても残念な気持ちに
なってしまうことがあるのです。


白いキャンパスに、言葉で
ご一緒に、もう一度
絵を描き直してみること。




カテゴリーカウンセンリグの話



お読みいただけると幸いで
・・・・・・・・・・・