残念な気持ちになる時


          

カウンセンリグでお話しを伺っていると、
時折ですが

残念な気持ちに
なることがあります。

残念な気持ちとは
どのようなものかと云うと、

たとえば、

せめて○年前に、あるいは
それが起きていた頃に、
面談に来てくださっていたなら、

もしかすると、結果や今の状況は
少し違っていたのでは・・・


という思いのことです。


お話をうかがっていて、
そうした思いになる時が

時折ですが、あったりします。


あるいは、面談を終えた後に
ご相談者ご自身が

あの時に(カウンセリング)に来ていて
今日のような話しをしていたなら
良かったかも知れないですね。
でも今は、もう戻らないところに
来てしまっています。


そのような述懐を
されることがあります。



もちろん、
実際にどうだったかは
神様でない限りわかりません。

何も変わらなかったのかも
知れません。

ただ、
そうした気持ちになるには

そうした気持ちになるだけの理由が
あることは確かです。



たとえば、ひとつには

お話を詳しく伺ってゆく中で

ご本人が
ご自分で良かれと思い、

もしくは、そうするしかないと考えて
行なっていた行動や行為が

むしろ逆に

事態をこじらせたり、
悪くさせる方向への働きを
していた様に見える時。
あるいは、

ご自分目線による考えや見方に
囚われたことが、

かえって解決への道を
遠ざけていたように思える時に

せめて、その時に来てくださって
一緒に考えることが出来ていたら

・・・という思いに繋がります。



もちろん、物事には
どうにも仕方のない事があります。

しかし、人間は誰にも
〝思い込み〟というものがあり、

一度〝思い込み〟に捕らわれてしまうと
容易には変えられません。

なので、
お話しを伺っていて

どうしても残念な気持ちに
なってしまうことがあるのです。

     ●●●

その一方で、

カウンセリングにお越しになり、
軌道修正をされてゆく方なども
いらっしゃいます。


白いキャンパスに、言葉でもう一度
絵を描き直してみること・・・。



カテゴリーカウンセリングの話