修復のために・夫婦関係

夫婦関係・夫婦問題



関係の修復のために


夫の浮気がわかり、話し合った結果
離婚せずにやり直すことになりました。
やり直していくに当たって、夫婦二人で
相談させていただくことにしました。


・・・・・・・・・・・・・・

パートナーの女性問題をきっかけとして
二人で「やり直していこう」と話し合い、

修復に向けて努力する
真摯なご夫婦の多くが

やり直しが上手くいかない・
もう無理だ・・・という

挫折と無力感に直面しています。


夫婦関係の修復・夫婦のやり直しを、

途中で挫折したり
諦めてしまうことなく

ご夫婦にとって
実りあるものにしていくには、

実は、あらかじめ
理解していただく必要のある事が
幾つか存在しています

難しいことではありません。

ご主人の女性問題をきっかけとする
夫婦関係の修復に、

行き詰まり悩んでいるご夫婦でしたら
むしろ、
とても理解できる事だと思います。

そして、
この大事な〝幾つかのこと〟を

分かっているかどうかで、

夫婦関係の修復は
まったく違う結果になります。



この〝幾つかのこと〟については、
実はわたし自身も

長い間、この問題での
夫婦カウンセリングを続けてくる中で

ようやく理解し得たものです。

どこかに書いてあること、
誰かが云っているようなこと、
などではありません。


カンセリングでは
面談でお会いした際に
じっくりお話をうかがった上で、

これらのことを
ご一緒に話し合ってゆきます。

| 女性問題からの修復 |


女性とのメールを発見し、問い詰めたこ
とろ、不倫を認めました。
話し合いをして離婚はせずに、関係を修
復するよう努力することになったのです
が、このような気持ちで、関係が修復で
きるのかも分かりません。
カウンセリングが修復のきっかけに出来
るのではと思い、申し込みました。


・・・・・・・・・・・・・・

私の不貞行為によって妻の信頼が崩れ、
妻は何かのきっかけでフラッシュバック
が起きるようになりました。
ちょっとした事でトラウマが蘇り、精神
的に不安定になっています。
妻が不安定になると、私も動揺してしま
い、どう修復していけばいいのか、分か
らなくなっています。



ご主人の女性問題(浮気など)が
奥さんに発覚することになって

奥さんに謝罪し、
相手女性と別れたり、
もう繰り返さないと誓って

夫婦でやり直していこう
となったけれども、

半年経っても一年経っても
夫婦の修復が上手くいかない。

そうしたご相談は
夫婦カウンセリングの中でも

比較的大きな割合を占めています。


| 深刻な影響を与える |


まず最初に
お伝えしなくてはならないのは、

パートナーのこのような行為の発覚は、
年齢に関係なく、どの奥さんにも
大変深刻な影響を与える

・・・ということです。

カウンセリングを続けてきた経験から、
そう申し上げることが出来ます。


(問題が発覚してから)
精神的に不安定な状態です。再構築に向
けて頑張ろうと決めた翌日には、一生許
せないからもう無理だと、突然怒りを夫
にぶつけたりしてしまいます。
夫も私も疲れきってしまって、
もうボロボロです。


そうした状態になって
カウンセリングに申し込まれるご夫婦も
いらっしゃいます。

・・・というよりも、

そのようなご夫婦のほうが
むしろ普通なのです。


そうなっている奥さんを

精神的に不安定なところがある
とおっしゃるご主人が
いらっしゃいますが、

そうではありません。
どの奥さんも、皆さんそうなるからです。

フラッシュバックも起こって
精神的に不安定な状態になります。


たとえば、
夜中に突然叩き起こされて

明け方になるまで
何度も何度も執拗に問い詰められ、

一睡もせずに出勤する日が
三日ぐらい続く。

・・・みたいな事は、ごく普通です。

| やり直しに必要な事とは |


ここから
時間をかけて回復してゆくには、

どうしても
ご主人の理解と協力とが
必要不可欠なものとなります。

| 大事な幾つかのこと |


いま「理解」と書きましたが、

このような問題からの
夫婦関係の修復・夫婦のやり直しでは、

上にも記したように、
まず大事な一歩として

あらかじめ
分かっておいていただく必要のある事が
幾つか存在しています。

〝修復とやり直し〟の旅を
夫婦で歩んでゆくためには、

この〝幾つかのこと〟を
理解されているかどうかが、

最も大切なことだと思います。


そして、この〝幾つかのこと〟は
わたし自身も、長い間にわたって

こうした問題での
夫婦カウンセリングを続けてくる中で、

ある時から
理解することの出来たものです。

こうしたことを、面談の中で
ご一緒に話し合ってゆきます。


| 意味の違いへの理解 |


上に記したことに関連して

もう一つだけ
付け加えさせていただくと、

〝言葉〟の意味とイメージの違い
・・・ということがあります。


お互いに同じ言葉を使っていても、
あるいは
同じ言葉を使っているからこそ

スレ違いや・相互不信が
結果的に生じる場合があります。


たとえば
「やり直し」という言葉は同じでも、

その言葉の中に、

奥さんは
どのような思いを託し、

ご主人は
どのような意味を託しているのか。

ここに、
夫婦関係の修復に関わる
とても大切なことが含まれています。

こうしたことも
カウンセリングの中で
話し合ってゆきます。



カテゴリー夫婦関係・夫婦問題



お読みいただけると幸いで
・・・・・・・・・・・









カウンセリング案内



ご相談内容

カウンセリングをお考えの方へ

カウンセリングの前に

ご質問にお答えして/ 目次

ご相談者からの言葉・感想

カウンセンリグを経験してみて


Copyright(c) カウンセリング森のこかげ.