浮気問題からのやり直し【夫婦の修復】


     

不倫・浮気問題からの夫婦再構築

| はじめに |

パートナーの浮気・不倫問題からの
ご夫婦のやり直しについて
お伝えしています。

なお、ここでのテーマとして、
ご主人の女性問題の場合を
記していますが、

実際のカウンセリングでは
その逆のケースでのご相談でも
ご夫婦でお越しになります。

| 二人だけでの難しさ |

パートナーの浮気や女性問題が発覚し
夫婦で話し合って、
「やり直していこう」となったけれど

半年経っても一年経っても
修復が上手くいかない。

これ以上何をすればいいか分からない
・・・というご相談は、

夫婦問題のカウンセリング中でも
比較的多くの割合を占めています。

修復に向けて努力するご夫婦の多くが
残念なことに、
挫折と諦めに似た結果に
直面することになっています。

そして世の中には、
やり直しが上手くいかない事によって
二人の感情のスレ違いが増幅して、

夫婦関係が壊れてゆくケースが
残念なことに、存在しています。

ある時、
面談にいらしたご夫婦から
次のような質問を受けた事があります。

経験者の人が書いているブログを、いろいろ読んでみたんですが、殆どの人たちが「修復は諦めた」「無理だった」と書いていて、やっぱりやり直しは無理なんでしょうか。


| 大切な幾つかのこと |

こうした問題でのカウンセリングを
続けてきた上で申し上げるのですが、

ご夫婦二人だけでの
本当の意味でのやり直し作業は
難しいかも知れません。

何故そう申し上げるかというと、
やり直しの道を
お二人で歩んでいくためには

実は、あらかじめご主人に
理解いただく必要のあることが
幾つか存在しているからです。

それを理解すること自体は
なにも難しいものではありません。

しかし、この〝幾つかのこと〟を
あらかじめ理解し得ているかどうかで
やり直しと再構築は
違う道を辿ることになります。

こうした事を書いている私ですが、
この〝幾つかのこと〟については

こうしたご相談のカウンセリングを
何年間も続けてくる中で
わたし自身も、ある時
ようやく理解し得たことでした。

どこかに書いてあること、
誰かが云っているようなこと
・・・などではありません。


| 言葉の意味の違い |

たとえば
ひとつの例を申し上げると

〝言葉〟の意味とイメージの違い
・・・ということがあります。

お互いに同じ言葉を使っていても、
あるいは
同じ言葉を使っているからこそ
スレ違いや相互不信が
結果的に生じてしまう場合です。

たとえば
「やり直し」という言葉は同じでも、

その言葉の中に
奥さんはどのような思いを託し、
ご主人は
どのような意味で使っているのか・・・

そこには、まったく違う意味が
存在しているのです。

修復とやり直しの出発の時点で、
そうとは分からないままに
既に、相互不理解が生じています。

こうしたことも、カウンセリングの中で
ご一緒に話し合ってゆきます。


| 深刻な影響を与える |

女性とのメールを発見し、問い詰めたことろ不倫を認めました。
話し合いをして離婚はせずに、関係を修復するよう努力することになったのですが、このような気持ちで、関係が修復できるのかも分かりません。
関係修復に向かうきっかけになればと考えて、二人でのカウンセリングを希望します。

私自身の不貞行為によって信頼関係が崩れ、妻はフラッシュバックで過呼吸になったり、動悸がとまらなくなったりしてしまうようになりました。普段は仲良く生活できているのですが、ちょっとしたことでトラウマが蘇り不安に駆られるようです。
妻が不安定になると、私も動揺してしまい、どう修復していけばいいのか、分からなくなっています。

まず最初にお伝えすべき事は
パートナーのこのような行為の発覚は

年齢に関係なく
奥さんに、大変深刻な影響を与える
・・・ということです。

カウンセリングを続けてきた経験から、
そう申し上げることが出来ます。

たとえ70歳代の女性であっても
大変なショックを受け、
夫に対する不信感に苦しめられて
ご相談にお見えになります。

(問題が発覚してから)精神的に不安定な状態です。再構築に向けて頑張ろうと決めた翌日には、一生許せないからもう無理だと、突然怒りを夫にぶつけたりしてしまいます。
夫も私も疲れきってしまって、もうボロボロです。

ご相談者の言葉・感想から

そうした状態になって
カウンセリングにお越しのご夫婦も
いらっしゃいます。

・・・というよりも、

どのご夫婦であっても
そのような状態になるほうが
むしろ当たり前なのです。

○年前に夫の浮気があり、フラッシュバックのような当時の記憶、感情の蘇りなるものに悩まされてます。
自分では意識してないのに感情が湧き上がってきて、動悸や震え、頭が真っ白になったりと、○歳と○歳の子供がいて、日常生活に支障が出てきていますし、平常心を保とうとすることにも疲れました。

ご相談者の言葉・感想から

ご相談者の言葉・感想はこちら


| やり直しの旅のために |

上に記したことを繰り返すようですが
ここから
修復とやり直しの旅を始めるには

まず最初に、あらかじめ
理解いただく大切なことが
幾つか存在しています。

〝修復とやり直し〟の旅を
ご夫婦で歩んでゆくためには、

この〝幾つかのこと〟を
理解されているかどうかが、
とても大切な鍵になると思います。

これらの事は、
大切なことになりますので

面談でお会いして
詳しくお話を伺いながら、
ご一緒に話し合っています。

先日、夫の浮気によるフラッシュバックでご相談させていただきました○○です。
その後お陰様で、だいぶ落ち着いてきて今もたまに動悸はありますが、いろいろと自分で先のことを考えられるようになり、客観的に見れるようにもなりました。
そこで、今度は今後のことについて、相談させていただきたいと思います。

ご相談者の言葉・感想から

カテゴリー夫婦関係