夫婦面談〝自分目線〟であること

夫婦カウンセリングで大切なこと

| はじめに |

夫婦(カップル)カウンセリングは
欧米では一般的でも

日本では、これまでは認知度が
高くありませんでした。

しかし、それも変わってきています。

ご主人側から提案されて
お二人でお越しになるケースも
増えてきているからです。


| 自分目線で結構です |

夫婦・カップルが同席して
カウンセラーを交えて話をしてゆく
「同席面談」の形でおこなっています。

その際に大事になる事の一つに、

できるだけ
自分目線〟で話していただく
・・・ということがあります。

ご自分目線でお話しいただいて大丈夫です。
というよりも、できるだけご自分目線でお話しいただくことが、むしろ大切になります。


そう申し上げることがあります。

出来るだけ〝自分目線〟であること。

個人カウンセリングでは
自ずからそうなるのですが、

夫婦・カップルカウンセリングでは
相手が同席してのことなので、
忘れがちになります。


| 自分目線の意味とは |

自分目線でお話しいただく事が
大切になる、という意味は

夫婦(カップル)でのカウンセリングは、
大きな意味で云うと

同じ出来事の中での
お互いの、見ているものの違い・
受け取り感じているものの違い、

そして、そこから生まれてくる
〝二人のすれ違いの姿〟
・・・というものが

テーマの一つになるからです。


| 認識することの大切さ |

夫婦といえど、別々の人間同士です。
しかも、男女の違いもあります。

同じ出来事だとか
二人の間でのやり取りの中にあっても、

お互いそれぞれが
そこに違う風景を見ていたとしても
なんら不思議ではありません。

どこが重なり合っていて、
どこが、どんなふうにズレているのか。
あるいは、ズレて来たのか。

・・・ということを
冷静に話し合える場の中で、
少しずつ整理し、理解してゆくことが

まずは、
とても大切なプロセスになります。

そのためには、
まずは〝自分目線〟でお話しいただく
ということが大切になります。


| 夫婦関係は複雑系 |


さらに申し上げると

生きた関係〟というものは
とてもデリケートな性質のものです。

神は細部に宿る
という言葉にあるように

大雑把な概要・
大雑把なお話では

到底、関係の持つデリケートな部分に
至りようがありません。


どこが重なり合っていて、
どこが、どんなふうにズレているのか。
あるいは、ズレて来たのか。


・・・ということの細部が、

少しずつ整理され
理解されないことには、

その先に、進みようがありません。

     ●●●

対立するために
自分目線〟が必要なのではなく、

お互いの関係やスレ違いを、
具体的な形で理解するためにも、

どうぞ、自分目線でお話しください
・・・そう申し上げています。

それによって
お二人自身も

これまでと違う何かに気づいたり、
発見することが
あるように思います。


カテゴリー夫婦関係