夫婦面談〝自分目線〟であること

夫婦カウンセンリグの話

| 大切なこととして |


夫婦お二人で
カウンセリングにお越しの方達も
増えています。

そうした夫婦カウンセンリグの場で

ご一緒にお話をしてゆく時に
大切なことの一つとして

次のことがあります。

それは、まずは出来るだけ
自分目線〟で話していただく

・・・ということが、それです。


森のこかげでは、お二人が同席して
カウンセラーを交えてお話しをする

「同席面談」の形を大切にしています。

その際に、
こう申し上げることがあります。

できるだけ、ご自分目線で
お話しいただいて大丈夫です。
というよりも、
ご自分目線でお話しいただくことが
むしろ大切になります。



| 自分目線であること |


まずは出来るだけ〝自分目線〟で
話していただくこと。

特に、夫婦カウンセリングでは
大切なことかも知れません。

それというのも、

自分目線〟でのお話が
出来るようでなければ、

お二人それぞれの気持ちや、
相手に感じていることなどが、

どこが重なり合っていて、
どこが、どんなふうにズレているのか。
あるいは、ズレて来たのか。


・・・ということが
見えなくなってしまうからです。



生きた関係〟というものは
とてもデリケートな性質のものです。

神は細部に宿る
という言葉にあるように

大雑把な概要・
大雑把なお話では

到底、関係の持つデリケートな部分に
至りようがありません。


どこが重なり合っていて、
どこが、どんなふうにズレているのか。
あるいは、ズレて来たのか。


・・・ということの細部が、

少しずつ整理され
見えてこないことには、

その先に、進みようがありません。

対立するために
自分目線〟が大切なのではなく、

お互いの関係やスレ違いを、
具体的な形に整理できるためにも、

どうぞ、
 ご自分目線〟でお話しください

・・・そう申し上げています。




 カテゴリー 【 夫婦関係・夫婦問題 



お読みいただけると幸いで
・・・・・・・・・・・