コーピングとしての症状

コーピングと症状の意味


| 臨床に即した理解の仕方 | 


コーピング(coping)の説明を読むと、
ストレスに対する意図的な対処行動」と
説明されていることが、多いようです。

身近な例で考えると、たとえば

イライラするからパチンコで気晴らしをする
・・・ですとか
飲んで憂さを晴らす
・・・というような事になります。

しかしそれでは、
単に「教科書的な説明」の印象があります。

カウンセリングを含めた臨床行為では、
言葉の定義を理解するだけでは
仕事は出来ません。

カウンセンリグでいえば、
できる限りご相談者の内実に即して、
コーピングという概念を
理解する必要が出てきます。

そのためには、
まず「症状」というものの意味から、

コーピング(対処行動)というものを
捉え直してみることが、大切かも知れません。


| 「症状」の意味とは | 


木村 敏氏(精神科医・精神病理学)は、
『臨床哲学講義』の中で語っています。

症状そのものは病気ではありません。
身体の症状の場合でも、生体が自己防衛のた
めに、そういう症状を出しているわけです。
だから、すぐに解熱剤や頭痛薬で安易に
症状を取り除くことは、考えものなのです。
「症状」は病気ではありません。本当は病気
(症状をもたらしている元にあるもの)
治さなくてはいけないので、症状はむしろ
体が病気に反応して出しているものなのです。
精神的なものも同じです。


神田橋條治氏(精神科医・精神療法)は、
木村敏氏の言葉を、
別の言い方で表現しています。

症状は自然治癒力の関与を
幾分含んでいますから、
おおむねコーピングの志向や意味合いを
備えています。

上の意味からすると、
カウンセリングでの関わりの中では、

症状として表われ出ているものは、
 すべてコーピングとしての意味が
 あるかも知れない
・・・そう考えてみることが
   大切になるようです。

中井久夫氏(精神科医)も、
「(症状とは)原因というより結果である
・・・そう語っています。

たとえばリストカットも、
ただただ痛いだけ、であれば
繰り返し行なわれるようなことは
ないかも知れません。

そこには、
ただ痛いだけではない何かの
精神的・生理的な作用が存在している

・・・そう考えたほうが、むしろ自然です。

臨床のはなし
▷ 記事はこちら
カウンセンリグの話
▷ 記事はこちら


お読みいいただけると幸いです
・・・・・・・・・・・・・・・・


初めての方へ

森のこかげ・カウンセリングルーム

面談へいらっしゃる方へ 

ご質問にお答えして/ 目次

カウンセンリグを経験して