親子関係でのカウンセリング



        

親との関係でのご相談

| はじめに |

親との関係を見つめ直したい・・・

そうした気持ちから
カウンセリングにお越し下さる方たちも
いらっしゃいます。

親子関係の悩みに
年齢は関係ありません。

二十代から五十代の方まで
お越しになります。

両親と心を通わせる関係を築いておらず、一緒にいて寂しさを感じる瞬間があります。
人になかなか心を開くことが出来ないという、自分の性格の原因は、そこにあるのではないかと悩んできました。

母とのことが、今の私の一番のストレスになっています。でも母も年老いてきていますし、気持ちの持って行き場がなく、どう折り合いをつければいいのか悩んでいます。

こうした声なども、いただきます。


| 自分を取り戻してゆく |

「血を分けた存在」と言われるように、
親との関係、そして
親への思いの中には

他人には分からない
様々なものがあります。

たとえば
同じ両親に育てられた兄弟・姉妹でも

親との関係性には
それぞれに違うものがあります。

抱えている両親への葛藤や
親御さんへの様々な思いを
お話しされながら

ご一緒に、少しずつ
心を整理してゆくような機会は

カウンセリングでは
決して少なくありません。

それはある意味で、

ご自分を取り戻してゆくための
とても大切な時間になります。

こうして何回か話しをさせてもらう中で、特に何かアドバイスを受けた訳ではないけど、心が少しだけ軽くなった気がします。
両親とも少しだけですが、前よりも自然に話しができる様になった感じがあります。

このような声をいただいて、
面談を終えることもあります。

       

| 自分を見失わずに |

他方で、次のような訴えを
お聞きする機会もあります。

どうして自分はこうなんだろう、って自分なりに考えていると、やっぱりあんな育てられ方をして来たから、あんな親だったから、わたしはこうなんだって、思えてくるんです。
でも、だからって過去に戻ってやり直しが出来るわけじゃなし、ただ話をすることで、どうにかなるのでしょうか。

おっしゃるように、
誰も過去に戻ることは出来ません。

ただ、たとえば

物事の原因や理由の全てを
ただ一つの事柄や存在に
求めるようになってしまうと、

自分自身を理解するための
大切な幾つもの事柄を

置き去りにしてしまうことが
起きてくる場合があります。

言葉を換えると、
自分自身のことを見えなくさせてゆく

・・・ そうしたことが
起き得ることがあります。


ある時、女性のご相談者が
こんなふうに語っていらしたことを
思い出します。

私がこんなふうなのは、親にこんな育てられ方をして来たから・親がこうだったからだって、ずっと思ってたんです。そういうことを書いてる本もたくさんあるので、「確かにその通り、すごくよく分かる」と思って。

でも自分で子どもを生んで、子育てをして来て、「本当にそれだけだったのかな」って、ちょっとだけ思うようになったんです。
でも自分だけで考えていても、よく分からなくて ・ ・ ・ ・

そして、お話しにいらっしゃいました。

この方は、親御さんとの関係が
まったく無関係だった、と
おっしゃる訳ではありません。

ただし、
それだけだったのかな、と
思うに至った。


たとえば、次のようなお話を、
実際に伺う機会があります。

●●●セラピーというものを受けて
あなたはアダルトチルドレンだ、
共依存だ、と云われ

自分でもそうだと思うようになって、

トラウマを消し去るために、
という理由で

いろいろなワークを行なっていく。

そして最後には、
親と対決する必要があると云われて、

あの時、こう云われた
こんなことをされて辛かった

わたしがこうなったのは、
 全てあなたのせいだ
!!」 と

恨みや怒りを繰り返しぶつけて、
親に謝罪をさせる。

そうしてみて、

確かに、恨みをぶつけている時は
スッキリもするけれど

今も自分は何も変っていない。
誰もhappyになっていない。

結局、自分自身の問題や悩みは
なにも解決されていない

・・・というものです。

中には、
こうしたことを繰り返すことで
かえって精神的に不安定になって、

精神科クリニックに通院する方も
稀にですが、いらっしゃるようです。


| 見えないものの中に |

わたしたちの心や内面は、
複雑系の世界です。

そして心とは、
形がなく目には見えないものです。

形もなく、目にも見えないので、
それをどのように云うことも
可能かも知れません。

カウンセリングとは、

形のないもの・
目には見えないものの中に

見落とされてしまった形と
新しい命とを、

共に見つけてゆく営みでありたい、と
思っています。

そうでありたい、と願っています。

カテゴリー始まりの物語