ストレスのあらわし方とストレス行動

ストレス処理から嗜癖行動へ


わたしたちは
ある程度以上のストレスを受けたり
フラストレーションを感じたりすると、

心身のホメオスタシスを維持するために
それを何らかの形で
外に排出する必要が出てきます。

つまり、それを何かの形で
アウトプットせざるを得なくなるわけです。

アウトプットとしての出力系には
「心・精神」「行動」「身体」という
三つの出力系が与えられています。


| ストレス行動 |


このうよな
ストレスやフラストレーションの
出力系としての行動のことを

〝ストレス行動〟だとか、
症状としての視点に立つ場合には
〝行動症状〟と呼んでいます。

たとえば、
80年代のテレビドラマの中に
こんな台詞がありました。

酒か博打(ばくち)か女ででも発散
 しなきゃ、男は身がもたいないって
 ことだよッ!!

熾烈な出世競争をしている
企業戦士(こんな言葉がありました)が、
ライバルを蹴落とすために
犯罪に手を染めるという物語でした。


| ストレトス行動の嗜癖化 |


ストレスを発散するための行動では、
それを繰り返すことで

その時・その場だけの範囲を超えて
習慣化されてゆくことが、
とても起こりがちです。

そして、やがて〝習慣〟を超えて
「嗜癖化」してゆくことになります。

嗜癖(しへき)とは、
或る事をクセになっているかのように
繰り返し行ない続けることを云います。

やらずにいられなくなってゆく事です。

ストレスに対する対処行動には、
そうした傾向を
持ちやすい性質があります。

昔、ジョギングマニアの人が足を悪くして自
殺してしまったことがあります。走っている
とエンドルフィンが出てくるせいか、走れな
いと絶望を感じるようです。
ジョギング好きな精神科医がいて、ジョギン
グは嗜癖なんだからアルコール中毒者に応用
できるんじゃないかと考えて、自分が走る時
に、アル中の人を一緒に走らせていた。

         神田橋條治・精神科医

| 死に至る嗜癖 |


ジョギングやランニングが
嗜癖行動になりやすいことは
よく知られていることです。

ランニング嗜癖では、たとえば

健康ランナーとして有名になった人が
ランニング中に死亡することが
しばしば起きています。

サーフィンでも、
海から上がって車の中で休んでいて、
心臓麻痺で
そのまま亡くなるケースがあります。

十年ほど前には、
雑誌「プレジデント」の元編集長の男性が、
仕事からの帰宅後、
夜遅くに競技用の自転車で走りに出て
自宅近くで倒れて亡くなっていたのが
ニュースになっていました。

死亡しないまでも
身体を壊す事例を含めると、
このようなケースは
とてもたくさん起きています。

これもネットのニュースですが、

俳優のダスティン・ホフマンが
ランニング中に倒れて苦しんでいる人を、
通りがかりに助けたという記事を
読んだことがあります。

もちろんこれは、
運動だけに限った問題ではありません。

カウンセリングに遠くない領域では、

たとえば、セラピーや自己啓発などで
ワーク中毒のようになっている人を
見かけることがあります。


またストレス行動とは本来は
ストレスやフラストレーションを
(一時的にでも)解消することが目的のはず。

しかし、その行動や行為によっては
更なるストレスや葛藤を抱えてしまい、
ストレスの悪循環になってゆく

・・・みたいなことは、
案外に多いのではないでしょうか。


ここれらの事は、
わたしたち誰にとっても
無縁ではないことだと思います。


刺激とストレス     
       【ストレスをめぐって】
       【こころ ストレス 身体】
脳が疲れたときには       
        【こころ ストレス 身体】
夫婦問題でのご相談・カウンセリング
        【夫婦関係・夫婦問題】
人間関係での悩み        
        【カウンセリングの話】

カテゴリーストレスをめぐって

ストレスをめぐって
記事はこちら
こころ ストレス 身体
記事はこちら











お読みいいただけると幸いです
・・・・・・・・・・・・・・・・


カウンセリング案内