ストレスとストレス行動

ストレスと嗜癖(しへき)行動

| ストレスの排出方法 |


わたしたちは
ストレスを受けたり
フラストレーション状態に置かれると、

心身のホメオスタシス
(心身の平常性)を維持するために

それを何らかの形で
外に排出する必要が出てきます。

つまり、それを何かの形で
アウトプットせざるを得なくなります。


そして、
アウトプットとしての出力系には

精神的なものとして
行動化として
身体化させるものとして

・・・というふうに、
三つの出力系が与えられています。


| ストレスの行動化 |


このうよな
ストレスやフラストレーションの
出力系としての行動のことを

〝ストレス行動〟と云います。

症状としての視点に立つ場合には
〝行動症状〟と呼んでいます。


たとえば、
1980年代のテレビドラマの中に
こんな台詞がありました。

酒か博打(ばくち)か女ででも発散
 しなきゃ、男は身がもたいないって
 ことだよッ!!


熾烈な出世競争をしている
企業戦士(こんな言葉がありました)

ライバルを蹴落とすために
犯罪に手を染めるという物語でした。


| ストレトス行動の嗜癖化 |


ストレスを発散するための行動は、
それを繰り返すことで

その時・その場だけの範囲を超えて

やがて「嗜癖(しへき)化
してゆくことになります。

嗜癖(しへき)とは

クセになっているかのように
繰り返し行ない続けること、を云います。

やらずには、いられなくなります。

ストレスに対する対処行動には、

そうした傾向を
持ちやすい性質があるのです。


昔、ジョギングマニアの人が足を悪くし
て自殺してしまったことがあります。
走っているとエンドルフィンが出てくる
ためか、走れないと、絶望を感じるよう
です。

ジョギング好きな精神科医がいて、ジョ
ギングは嗜癖なんだから、アルコール中
毒者に応用できるんじゃないかと考えて、
自分が走る時に、アル中の人を一緒に走
らせていた。

      神田橋條治・精神科医


| 死に至る嗜癖 |


ジョギングやランニングが
嗜癖行動になりやすいことは
よく知られていることです。

ランニング嗜癖では、たとえば

健康ランナーとして有名になった人が
ランニング中に死亡することが
しばしば起きています。

サーフィンでも、

海から上がって車の中で休んでいて、
心臓麻痺で
そのまま亡くなるケースがあります。


十年ほど前には
著名な雑誌の元編集長の男性が、

仕事からの帰宅後、夜遅くに
競技用の自転車で走りに出て

自宅近くで倒れて亡くなっていたのが
新聞記事になっていました。

著名な雑誌の元編集長だったので
記事として扱われましたが、


死亡しないまでも
身体を壊す事例を含めると、

このようなケースは
たくさん起きています。

俳優のダスティン・ホフマンが、

ランニング中に倒れて苦しんでいる人を
通りがかりに見つけて助けた

というニュース記事を
ネットで読んだことがあります。



もちろんこれは、
ジョギングに限った事ではありません。

女性に見られる
食べ吐き行動も、その一つです。

過食嘔吐を、やめられるように
とおっしゃって

カウンセンリグにいらっしゃる方も
おられます。


よく依存症として云われる
盗撮や万引き行為なども、

嗜癖化された行動、として
考えられるべきものだと思います。

盗撮行為が奥さんの知るところとなって、

なんとかしたい、とおっしゃって
カウンセリングにいらっしゃる男性も
いらっしゃいます。



ストレス行動とは、本来は

ストレスやフラストレーションを
(一時的にでも)
解消することが目的のはず。

しかし、
その行動や行為の結果によっては、

更なるストレスや葛藤を抱えてしまい、

ストレスの悪循環になってゆく
・・・みたいなことは、

案外に多いのではないでしょうか。

これらのことは、
わたしたち誰にとっても
無縁ではないように思っています。




カテゴリーストレスとメンタル





お読みいただけると幸いで
・・・・・・・・・・・