ストレスとストレス行動【嗜癖との関係】


ストレス処理のための行動

| はじめに |

わたしたちは
強いストレスを受けていたり、
フラストレーション状態に置かれると

心身のホメオスタシス(心身の平常性)
を維持するためにも

それらの負荷を何らかの形で
外に排出する必要に迫られます。

つまり、それを何かの形で
アウトプットせざるを得なくなります。

そして、
アウトプットとしての処理には

精神的なものとして

行動化として

身体化させるものとして

つまり、心・行動・体

・・・というふうに、わたしたちには
三つの出力系が与えられています。


| ストレス行動とは |

このうような
ストレスの排出系としての行動のことを

〝ストレス行動〟と呼びます。


分かりやすい例では、

「憂さ晴らし」と呼ばれる行動が
そうしたものに入ります。

面白くない事があった時などに、
飲んで発散したり、
八つ当たりして怒鳴ったり。

これらもストレス行動に入ります。

たとえば、
1980年代のTVドラマの中に
こんな台詞がありました。

酒か博打(ばくち)か女ででも発散しなきゃ、男は身がもたいないってことだよッ!!

熾烈な出世競争をしている
企業戦士(こんな言葉がありました)

ライバルを蹴落とすために
犯罪に手を染めるという物語でした。


| ストレスと嗜癖 |

ストレス行動の問題の一つに
嗜癖(しへき)が挙げられます。

ストレス行動は
上に記した〝憂さ晴らし〟のような

単純で、分かりやすいもの
ばかりではありません。

もう少し複雑な成り立ちをしたもの。

あるいは
健康行動の姿を取るものなども
存在します。

そして、
ストレスを処理するための行動は、
それを繰り返すことで

やがて、「嗜癖(しへき)化
してゆく傾向を持っています。

| 嗜癖(しへき)とは |

嗜癖(しへき)とは、
クセになっているかのように
繰り返し行ない続けること、を云います。

やらずには、いられなくなります。

ストレスに対する対処行動には、
嗜癖化する傾向を持つ性質が
あるのです。

昔、ジョギングマニアの人が足を悪くして自殺してしまったことがあります。
走っているとエンドルフィンが出てくるためか、走れないと、絶望を感じるようです。

ジョギング好きな精神科医がいて、ジョギングは嗜癖なんだから、アルコール中毒者に応用できるんじゃないかと考えて、自分が走る時に、アル中の人を一緒に走らせていました。

神田橋條治・精神科医
       

| 死に至る嗜癖 |

ジョギングやランニングが
嗜癖行動になりやすいことは
よく知られています。

ストレス解消に始めたランニングや
健康作りのつもりで始めた運動によって

体を壊してしまう人たちは、
実はたくさんいらっしゃいます。

ランニング嗜癖では、たとえば

健康ランナーとして有名になった人が
ランニング中に倒れて亡くなることが
過去に幾度か起きていますね。

サーフィンなどでも、

海から上がって車の中で休んでいて
そのまま亡くなっている

・・・というケースがあります。

十年ほど前には
著名な雑誌の元編集長の男性が

仕事からの帰宅後、夜遅くに
競技用の自転車で走りに出て

自宅近くで倒れて亡くなっていたのが
小さな新聞記事になっていました。

著名な雑誌の元編集長だったので
記事として扱われましたが、

死亡しないまでも
身体を壊す事例を含めると、

このようなケースは
たくさん起きています。


俳優のダスティン・ホフマンが
ニューヨークで、

ランニング中に倒れて苦しんでいる人を
通りがかりに見つけて助けた

というニュース記事を
ネットで読んだことがあります。

運動嗜癖の場合には
このように危険な側面があります。

もちろん、ストレス行動の嗜癖化は
ジョギングや健康行動に
限ったことではありません。

たとえば占い中毒ですとか、
ワーク中毒のようなものも
過去には、よく見聞きしました。

占いにハマり込んでしまい、
高価な壺や水晶などを買わされて
数百万円を使ってしまった

・・・というお話もあります。

     ●●●

女性に見られる
食べ吐き行動も、その一つになります。

過食嘔吐を、やめられるように
とおっしゃって

カウンセンリグに申し込まれる方も
いらっしゃいます。

| 盗撮や万引き行為 |

万引き、あるいは痴漢・盗撮なども

ストレス行動としての意味合いの
強い場合があります。

盗撮行為を奥さんが知ることとなって

何か問題かストレスがあるなら、きちんと解決して欲しい。

そう奥さんに強く求められて、
カウンセリングにお越しの方も
いらっしゃいます。


| ストレス行動の悪循環 |

ストレス行動とは、本来は

ストレスやフラストレーションを
(一時的にでも)
解消することが目的のはず。

しかし、
その行動や行為の結果によっては、

更なるストレスや葛藤を抱えてしまい、

ストレスの悪循環になってゆく
・・・みたいなことは、

案外に多いのではないでしょうか。

これらのことは、
わたしたち誰にとっても
無縁ではないように思っています。

カテゴリーストレス