脳が疲れたときには

脳の疲労をとるために


 脳も疲労する


なにかのときに、
このエッセイがお役に立てたら、と
思っています。

脳が、偏った無理な活動を続けることで
疲れてしまい、

その疲れが限度を越えて
働きが落ちてくると、

落ちてきた働きを補おうする
脳自体の働きによって、更に無理が重なり、
感覚や神経を
ひどく敏感にしていくことがあります。

たとえば、
小さな音が
ひどく耳障りに響いてきたり、

人の話し声や、なんでもない物音が
侵襲(しんしゅう)的に感じられるなど、

感覚・神経の過敏さは、
まず聴覚にあらわれてくることが
多いようです。

これが、疲れを知る
バロメーターのひとつになります。

侵襲的とは、なにかに対して
自分を攻撃してくるような、
自分に侵入してくるような、
苛立たせてくるようなものに感じることです。

それだけでなく、
感覚・神経の過敏状態は
イライラしやすくなるとか、
焦り・焦燥感が募ってくるなどの

心理・精神的な面として
生じることにもなります。



神経の過敏さとして現れる


このような感覚・神経の過敏状態は
脳の働きが良くなったからではありません。

逆に、脳がひどく疲れているので、
それをなんとか補おうとするために
引き起こされるものです。

当たり前ですが、
脳も、肝臓や胃腸などと同じ
生身の臓器なので、
脳の疲れ、というものがあります。


 睡眠が本当の「くすり」


脳の疲れを癒す一番確かな方法は、
眠ることです。

睡眠が、最も正しい「お薬」です。

ほんとうに疲れてしまった脳を
休ませて回復せるには、
眠ること以外にはないからです。

疲れを取ったかのように
見せかけるのではなくて、


本当に疲れを取ることは
眠ること以外に出来ないからです。


たとえば、
休みを取って家にいるだけでは
脳の疲れを取ることは出来ません。

中途半端な眠りではなく、
とにかく眠り続けることです。

眠ったあとの目覚めの気分が
少しでもスッキリしているのであれば、
それは必要な眠りです。

また、脳の疲れが回復してゆくときに、
甘いものが欲しくなることが
あるかも知れません。

ご存知のように、
脳はブドウ糖をエネルギーにしています。

回復期に甘いものが欲しくなるのは、

脳の働き(代謝)が回復していることの
ひとつの目印となります。

脳も臓器であることを忘れている


脳も「臓器」であることを、
ほとんどの人たちは忘れています。

肝臓や膵臓、胃腸、眼球などと同じ
生身の臓器のひとつです。

膵臓や肝臓は「無言の臓器」と
云われています。

「無言の臓器」とは、具合が悪くなっても
なかなか症状として自覚出来ない、
という意味です。

しかし、この言葉は
むしろ「脳」にこそ当てはまります。


脳は「無言の臓器」


アルツハイマーを含む認知症、
脳血栓、脳の萎縮、
あるいは、
脳の機能の過度な低下など

・・・・これらのものは、

「臓器」としての脳を酷使し、
疲弊させてきたことの
ひとつの現れかも知れません。

何故なら、たとえば
身体(他の臓器)に
生活習慣病と云われるものが
あるなら、
脳にも、それと同様の症状化が
あるはずだからです。

そしてご存知のように
「臓器」には個人差というものがあります。

今流行りの「脳を鍛える」のではなく、

いかに、脳の疲れを取ってあげるか、が
健康に生きてゆくために
必要なことかも知れません。


カテゴリーこころ・ストレス・身体