カウンセンリグの前に【6】

カウンセリングを終える時には
どうすればいいですか。



継続してきたカウンセリングを
終える(終結する)場合には、

たとえば、
「今回で終わりたい」
「次回で終わりにしたい」

そう告げていただけたら、
それで大丈夫です。

カウンセリングの終結は、
ご相談者ご自身から
告げていただくことを基本としています。


一方、初回の場合には、
面談終了時に

「次は、どうされますか」
とお訊きしますので、

次回お越しのときには、
次の予約をして
お帰りいただけますし、

どうするか今は分からない、
という場合には

「帰ってから改めて考えて
 どうするか決めたい」

そう伝えていただけたら結構です。


ところで
継続のケースに関してですが、
一般的に申し上げると

ある程度以上の期間にわたって
お会いしてきた方では、

皆さん
上記の終わり方になります。

しかし
五・六回以内くらいの場合には、

たとえば
「予定がまだ分からないので、
 また後で連絡をします」

とお帰りになり、

結果的にそのまま終わりになる、
というような事が多くなります。

おそらく日本人の場合には、
西洋文化のように
ハッキリと明確に区切りをつける、

というあり方には
余り馴染まないのかも知れません。


上でも触れたように、

たとえば、一年以上の期間にわたって
お会いして来た方の場合では、

こちら(カウンセラーの側)も
終結を迎える少し前から、

ご相談者の中に

終えつつあるものを感じながら
お話しをうかがっている

・・・という感じが生まれます。

終えるための準備
・・・という様な感じかも知れません。

そして、ご相談者から

「今回で終わりにしたい」
とお話が出たときには、

「無事に終えられて良かった」
という思いと共に

やはり
寂しさを感じることになります。


カウンセリングには、
「終結とは長く続く中断である」
という言葉があります。

一旦終えたとしても、
気持ちを整理したくなった時・
何かあった時には、

もちろん、また新たにお越しいただけます。

・・・・・・・・・・・・

料金がいくらかかるか心配です。

特に、初回で大事になることは?

こんな話でも大丈夫ですか。

話を整理しておく必要がありますか。

続けなくてはいけませんか。
 続ける場合、どのくらいの間隔でしょう。





お読みいただけると幸いです
・・・・・・・・・・・










カウンセリング案内

ご相談内容

カウンセリングの前に

カウンセリングをお考えの方へ

・・・・・・・・・・・

ご質問にお答えして/ 目次

ご相談者からの言葉・感想

カウンセンリグを経験してみて





Copyright(c) カウンセリング森のこかげ.