カウンセンリグの前に【2】


初回はどんな気持ちで行けばいいですか。

初回とは、
ご相談される方とカウンセラーとが
最初にお会いする場です。

「どんな雰囲気の所だろう」
「どんなカウンセラーなのか」と、
少し緊張されるかもしれません。

ですので、まずは落ち着いて
お話しをしていただけるようであれば、
初回としては
それで十分ではないか、とさえ
思っています。

それはカウンセリングに限らず、
どのような物事でも
たいていは、そうではないでしょうか。

初回はカウンセラーにとっても、
ご相談される方と
初めてお目にかかる場です。

まずは、じっくりお話しを
伺わせていただく形になります。


それから、初回では
もう一つ大事なことがあります。

ご相談される方の中には、
一回の時間の枠の中で
「全部を話し尽くしてしまいたい」

「これまでの状況や事情を
 一回ですべて話し切ってしまいたい」

・・・ そんな勢いで
お話しされる方がいらっしゃいます。

もちろん、
お気持ちはとても分かる気がします。

しかし、そうした焦るような気持ちで
お話しされてしまうと、
かえって空回りになってしまう様子が、
とても多く見られます。

そうすると終わった後に
必ず反動が起こり、
ただ疲れ切って何も残らない・・・

ということになってしまうのです。


これはわたしの長い経験から
申し上げることが出来ます。

せっかく来ていただいたのに、
そうなってしまっては
とても残念です。

カウンセリングとは「対話」です。

これまであった事を

一回の中で、全て話し尽くすことが
最も大事なことではなく、

ご一緒に対話をしながら
進んでゆくことが
とても大切なことになります。

「山歩き」でも
夢中になって歩くのではなくて、

軽い会話が出来るくらいのペースで
登ってゆくことが大切、と
云われています。

カウンセンリグも同じかも知れません。


 カウンセリングの前に・目次