カウンセンリグの前に【4】

話を整理しておく必要がありますか。



特に、初めていらっしゃる時には

どう話しをしたら上手く伝えられか
どこから、どう話せばいいか

などと、
頭を悩ませてしまうかも知れません。

それもあってでしょうか、

前もって書いたメモをお持ちの方も
いらっしゃいます。

それでご自分自身が
落ち着いて
お話しが出来るようになるのでしたら、

意味のあることだと思います。

ただカウンセンリグでは、

予めきちんと整理した上で
お話しいただく必要は、
少しもありません。


たとえば、
中学校のテストに喩えるとすると

カウンセリングは
答案を考える場ではなく、

問題と答案の両方を
ご一緒に見つけてゆくための場

・・・そう云えるかも知れません。


| ありのままの形で |


こんな、まとまらない話ですけど

そう心配される方も
いらっしゃいます。

しかし、むしろ

あっちに行ったり
こっちに行ったりしながら、
お話しされている時というのは、

カウンセリングではとても良い状態です。

そう申し上げると
意外に思われるかもしれませんね。

聞いている人が分かりやすく
良く整理された話を
されている時というのは、

人は、予め頭の中でこしらえたものを
言葉にして語っているものです。

もちろん、それが
いけないわけではありません。

ただ、そればかりになっては、

対話の中で
ご一緒に何かを見出してゆく・・・

そして、
これまで見えずにいたものを

ご相談者とカウンセラーとが
共に見つけてゆく・・・

そうした
カウンセリング本来の姿が
希薄になってしまうことでしょう。

・・・・・・・・・・・・

料金がいくらかかるか心配です。

どんな気持ちで行けばいいですか。

こんな話でも大丈夫ですか。


続けなくてはいけませんか。
 続ける場合、どのくらいの間隔でしょう。


カウンセリングを終える時には
 どのようにすればいいですか。





お読みいただけると幸いです
・・・・・・・・・・・