ふたつの心・ふたつの気持ち

 心は複雑系


カウンセリングをしていると、
ときどき

ふたつの心・ふたつの気持ち
ということが、

大切なテーマとなる時があります。

| 自然な矛盾する気持ち |


わたしたちは、
いろいろな気持ちや心を抱えながら

今・この時を生きています。

矛盾する気持ちや心を、
一緒に抱えていることだって

ごく自然なことです。

それが、ありのままの
当たり前な姿です。

そういう意味からすると、

反対に
心が一色に染まっている時ほど、
注意が必要なのかもしれません。


| ありのままな気持ち |


矛盾する気持ちというのは、
たとえば

こうしてみたい
あんなふうにやってみたい

そう思う気持ちがあると同時に、
その一方では

そんなことはしたくない
あんなふうにはなりたくない

という気持ちが起きてきます。


どちらが本当の気持ち、
というのではなく

どちらも、ありのままの気持ちや心、
と云えるかも知れません。

ある時は右になり・・・
ある時には左になり・・・。



たとえば、或る人が

自分は他の人のように
他人とうまく接すること出来ない、

そう悩んでいたとします。

もっと近しく付き合ってみたい

・・・そういう思いがあるとします。

でも、わたしたちの中には
「ふたつの心」があって、

互いにケンカをしている場合があります。



たとえば、
人と近しくなる、というのは

喜びや楽しさを運んできてくれる反面、

煩わしさや苦痛を感じること・
感情が乱されることなどもあります。

場合によっては、むしろ

煩わしさや苦痛の方が
大きいことだってあります。

そうした事を我慢するくらいなら
いっそ距離を置いて接した方がいい

そう感じる人だって
当然いらっしゃることでしょう。

| 心は複雑系 |


ふたつの心の間で
揺れ動いていることがあるのです。

たとえば、
カウンセリングの中で

わたしには●●●のところがあって、
どうして自分はそうなんだろうって悩
んできた。そうしたところを変えてい
きたい、どうにかしたい。

そうした訴えを、お聞きしたとします。

そんな時、もしかすると

ではその為に、こうしてみましょう
こうやってみましょう

みたいな対応になることが
あるかも知れませんね。


しかし、人の心や内面は
複雑系の世界です。

援助する側が、
虫を見つけたカエルのように
飛びつくばかりでは

そのうちに、行き止まりにぶつかり

右にも左にも行けず、
引き返すことも出来ずに

身動きがとれないことに
なってしまうものです。

| 遠回りが近道 |


訴えを大事にお聴きしながら、

それと共に、ご一緒に整理し
理解し直してゆく中で

もしかすると自分は、そうしたい
 (なりたい)とは思っていないのかもし
 れないですね


わたしは、本当に良くなりたいと思っ
 ているのかなあ


たとえば、そんなふうに

もうひとつの気持ちに
気づいてゆく方がいらっしゃいます。


実は、ここから

本当の意味での大切な一歩が
始まることがあります。

遠回りのように見えるでしょうか。

でも、遠回りのように見えて
結局は一番の近道

・・・ということがあるものです。




カテゴリーこころの物語





お読みいただけると幸いで
・・・・・・・・・・・










カウンセリング案内

森のこかげ トップページ

ご相談内容

カウンセリングの前に

ご質問にお答えして/ 目次

ご相談者からの言葉・感想

カウンセンリグを経験してみて