〝考え方を変える〟とは

「考え方」が変わるとき / カウンセリングの視点で


| 考え方を変える、について | 


考え方を変えたら? とか、
 考え方を変えなよ、って云われるけど、
 それが出来ないから悩んでいるのに

・・・そうしたお話を
   お聴きすることがあります。

たとえば、友だち同士や夫婦でも、
悩み事を相談されたり、
しきりに愚痴を聞かされた時に、

「考え方を変えてみたら?」的なことを
云いたくなる気持ちも、
分からなくはありませんし、

そう云われて、
「それが出来ないから悩んでる」と
思う気持ちも、よく分かる気がします。


| 考え方の生まれ出る背景 | 


考え方を変える・・・
確かに、そうだと思ます。

しかし一方で、その言葉を
カウンセンリグの視点から見たときに、
こんな印象を持つのも事実です。

どのような印象かいうと、

「考え方を変えましょう」というような
言葉や〝考え方〟の背景には、

「考え方」というものが、
あたかも、
カートリッジを入れ替えるようにして
取り換え可能なものというイメージが
あるのではないか ?

・・・という印象です。

この考え方が合わないから、
 じゃあ、こっちのを持って来て
 これとこれを入れ替えましょう
・・・みたいに。

ただ、果たして〝考え方〟というものは、

そんなふうに
カートリッジを入れ替えるようにして、
取り換えが可能なもの
・・・なのでしょうか。


| 自ずから生まれてくるもの | 


ただの〝考え方〟という
漠然として抽象的なものはありません。

普通は、具体的な何かに対する考え方、
という形をとります。

そして〝考え方〟というものは、
〝ものの見方〟が先にあって、

その〝見方〟から、自ずから
生まれてくるものに過ぎません。

認識(見方)があって、そこから
判断や解釈(考え方)が生まれてくる。

あるものに対する見方
 
それに対する考え方


| はじめに〝見方〟がある | 


〝考え方〟は〝見方〟というものと
ワンセットになっています。

それが人間の認知の仕組みとしてあります。

〝考え方〟の部分だけを、
カートリッジのように
入れ替えることはできません。

たとえ入れ替えたように装ってみても、
すぐに化粧は
剥がれ落ちてしまうわけです。

ですので、考え方を変えるには
〝見方〟を変える必要があります。

見方が変われば、
そのものに対する考え方も
自ずから変わってくるからです。

たとえば、
あるものに対して、
それまでは「山」だと思っていた・見ていた。

「山」として見ていたので、当然
山としての考え方をしていた。

でも、もしかすると山ではなくて
「湖」だったのかも知れない。

それは実は「湖」だったんだ
・・・となった瞬間に、
考え方も変わるのです。

そして、もしかすると一番難しいのが、
〝見方が変わる〟ことなのかも知れません。
       【カウンセリングの話】
       【カウンセンリグの話】
       【カウンセンリグの話】
         【夫婦関係・夫婦問題】

カテゴリーカウンセンリグの話
カウンセンリグの物語
▷ 記事はこちら
男女関係・恋愛関係
▷ 記事はこちら

お読みいいただけると幸いです
・・・・・・・・・・・・・・・・


カウンセリング案内