〝考え方を変える〟とは

「考え方」が変わるとき


| 考え方を変える、について |


たとえば、
友だちや同僚、夫婦の間でも

愚痴を繰り返し聞かされた時など、

「考え方を変えたら?」的なことを
云ってしまうことがあります。

しかし、そう云われて

それが出来ないから悩んでる
と思う気持ちもあります。

| カートリッジの如く |


考え方を変える・・・
確かに、そうだと思ます。

しかし一方で
その言葉を考えたときに、

こんな印象を持つのも事実です。


どのような印象かいうと・・・

考え方を変えましょう
という〝考え方〟の背景には、

「考え方」というものが、

あたかも
カートリッジを入れ替えるようにして
取り換え可能なもの。

そういうイメージや考え方が
あるのではないか ?

という印象です。

この考え方が合わないから、
じゃあ、こっちのを持って来て、
これとコレを入れ替えましょう。


・・・みたいに。

しかし果たして
〝考え方〟というものは

そんなふうに
カートリッジを入れ替えるようにして

取り換えが可能なもの、
なのでしょうか。


| 自ずから生まれるもの |


ただの〝考え方〟という
漠然として
抽象的なものはありません。

普通は、
具体的な何かに対する考え方
という形をとります。


その意味からすると、

考え方〟というものは

〝(それに対する)見方〟が先に在って、

その〝見方〟から、自ずから
生まれてくるものに過ぎません。

認識(見方)があって、
そこから
判断や解釈(考え方)が生まれてきます。

あるものに対する見方
 
それに対する考え方

| はじめに見方ありき |


〝考え方〟は〝見方〟というものと
ワンセットになっています。

それが人間の認知の仕組み
として在るものです。

〝考え方〟の部分だけを、
カートリッジのように
入れ替えることはできません。

たとえ入れ替えたように装ってみても、

すぐに化粧は
剥がれ落ちてしまいます。

ですので
考え方が変わるには、

〝見方(認識)〟が変化したり、
深まったりする必要があるのです。

見方が変われば、
そのものに対する考え方も
自ずから変わるからです。

| 気づき、と云われるもの |


たとえば
あるものに対して、

それまでは「山」だと思っていた。

「山」として見ていたので、当然
山としての考え方をしていた。

でも、もしかすると山ではなくて
「湖」だったのかも知れない。

それは実は「湖」だったんだ

・・・となった瞬間に、
考え方も変わってゆきます。


この一連の認知の変化を指して、

洞察が深まる」と云ったり、
認識が深まる」と云ったりします。


カウンセリングで云われる
気づき〟というものも、

理屈の言葉に言い換えると

見方や認識の
変化や深まりがもたらす〝直観的な洞察〟

・・・を意味しています。

気づいてみれば、なんでそんなこと
と思うことでも、
気づく、見方が変わるというのは、
結構大変なことなのですね。


面談を続けてこられて
そうおっしゃる方も、いらっしゃいます。




カテゴリーこころの物語





お読みいただけると幸いで
・・・・・・・・・・・










カウンセリング案内

森のこかげ トップページ

ご相談内容

カウンセリングの前に

ご質問にお答えして/ 目次

ご相談者からの言葉・感想

カウンセンリグを経験してみて