症状の布置(ふち)とは

「症状の布置」の意味について

| はじめに |

症状の布置(ふち)」とは、
聞き慣れない言葉かも知れません。

しかし、臨床・治療においては

症状布置への視点は
必要不可欠なものと考えられています。

症状布置への視点なしには、
たとえば、海図なしで
広い海原を航海するに等しいものです。


| 症状の布置を考える |

ひと言で云うと、症状布置とは

複数の症状がみられる時に、
それら症状同士の関係を考える
・・・ということを、意味しています。

症状間の構造を考える、とも云います。

複数の症状の症状布置(何が原発症状で何が続発症状であるのか、更にはその続発症状は、どのような因果関係によるものかという、複数の症状の構造化)を考え、状態像を明らかにしてゆく。
中安信夫 精神科医

| 原発症状と続発症状 |

原発症状」とは、
一番最初に出現したもの。

あるいは、
複数の症状が見られる場合には
それらの〝根っ子〟に当たるもの
・・・という意味になります。

続発症状」とは、
原発症状からの因果関係において、
あるいは
その影響下において起きているもの

・・・という意味になります。

続発症状のことを
二次症状・三次症状とも云いますし、
付随症状とも云われます。

たとえるなら、原発症状が「発注元」で
二次症状が「元請け」
三次症状が「孫請け」

・・・のような構造に、
形では似ているかも知れません。


| 布置を欠く診断と治療 |

精神科医の神田橋條治氏は、
近頃の症状布置の視点の欠けた
診断・治療ついて述べています。

昨今、治療につながらない診断が横行している。最近、紹介状を見ると、四つぐらい診断名が付いていることがある。

たとえば、発達障害・適応障害・PTSD・不安障害と診断が並べられ、それぞれに効果があるとされる薬を出している。
それぞれの診断の間の、どれがどれの付随症状か、というトータルな視点
(症状布置への視点)はない。

昨今の診断の付け方は、見かけ上の、本質を問わない方向に流れている。

神田橋條治

更に、中安信夫氏(精神科医)が
このように語っています。

(この時例に出された症例の誤診では)
最大の原因は、何が原発症状で何が続発症状であるか。
加えて、それら続発症状は、どのような因果関係によるものか、という複数の症状の構造化である「症状布置」という観点が欠けているからです。

たとえば、患者に抑うつ症状を認めた場合、私ならば、それは原発症状なのか、それとも何かに起因した続発症状なのかを鑑別(見分ける)するよう心掛けます。

そして、その抑うつ症状が、何かによって引き起こされている反応性のもの(続発症状)ならば、その症状を引き起こした主要因はなんだっただろう、と考えます。

この症例の場合には、その主要因は初期統合失調症による苦悩であると判断し、結局抑うつ症状は二次的なものであって、治療上の最重要症状とはならない、と判断されます

中安信夫・精神科医

つまり
例に出された症例の場合には

抑うつ症状は、原発症状
(この場合には、初期統合失調症)からの
二次症状(続発症状)なので、

元にある原発症状への治療が
最も重要になる、ということです。

| 症状の元にあるもの |

このようにして
現れている複数の症状を
構成的に捉えてゆくことを

症状布置を考える」と云います。

     ●●●

では、なに故に臨床では
症状布置への視点が大切なのでしょう。

その理由は、
元にある病態は何なのか
・・・という見立てがなければ

本質的な意味・本当の意味での治療が
望めなくなるからです。

症状そのものは病気ではありません。
身体の症状の場合でも、生体が自己防衛のために、そういう症状を出しているわけです。だから、すぐに解熱剤や頭痛薬で安易に症状を取り除くことは、考えものなのです。

「症状」は病気ではありません。
本当は病気(症状をもたらしている元にあるもの)を治さなくてはいけないので、症状は、むしろ体が病気に反応して出しているものなのです。
精神的なものも同じです。

木村 敏 精神科医

様々な症状が「水」だとして、

その元にあるものが
水道管に開いた穴、だとすると

症状布置の視点のないままの
治療や援助は、

水道管に穴が開いて水が溢れているのに、
水道管に穴が開いている、ということが
分からないままに、

溢れてくる水をバケツで汲み出したり、
水に浸かった物を
慌てて片付けている姿に
似ているかも知れません。

カテゴリー臨床のはなし