厄介なこころ


「期待」と怒り

人の心や感情には
どうにもやむを得ない動きがあります。

そのひとつに
次のような形をとることが挙げられます。

たとえば、相手(他者)や物事に対して
「こうであって欲しい」とか
「こうであるべき」というような

期待する心・要求する気持ちが
強ければ強いほどに

あるいは
切実であればあるほど、

その期待や要求が
叶えられなかったり、裏切られた時に

とても大きなショックだとか
傷つきが生じることです。

そして、そのショックや傷つきは
次の瞬間には

怒りや憤りへと
姿を変えることがあります。

これらのショックと傷つき
そして
怒りや憤りというプロセスは

上でも記したように

期待する心が強ければ強いほど
激しいものになります。

| 右でも左でもなく |

「期待する心」というものは
このように厄介なものですが、

でも、
期待や希望というものがあるからこそ
たとえ今が辛くても

わたしたちは
生きてゆくことが出来る・・・

そんな場合があります。

「期待する心」を
一律に否定するのではなく、

特に、日常の生活・
日頃の人間関係の中では、

わたしたちの心は
上に記したような形をとるものなんだ
・・・ということを

理解しておくことが
大切になるように思います。

わたしたちは、
自分と折り合いをつけられる程度でしか
他人と折り合いをつけられない。

  〜 ポール・ヴァレリー 〜

カテゴリーひとり言・随想