安奈 恵さん・仮名(体験手記)

カウンセリングを経験された方の体験手記です。

安奈 恵さん(仮名・26歳)

私は、昨年から
自殺対策に関する対人援助職についています。
仕事内容としては、「死にたい」「消えたい」気持ちを持っている人に対して、チャットで悩みを聞く相談員のお仕事です。

私自身が幼少期から、「死にたい」気持ちを抱え続けてきた当事者であり、昨年前職を退職したことを機に
自らの経験も踏まえ、残りの人生は自殺対策に尽力していきたいと思い、この仕事を選びました。

しかし、この業種は未経験ということもあり
力不足を痛感していた私は
心理学やカウンセリングに関する本を読み漁っていました。

その中で「相談者の気持ちを理解するには、カウンセラー自身がカウンセリングされた方がいい」
という言葉が目につき
確かにその通りだな・・・と腑に落ちて
徐々にカウンセリングを考えるようになりました。

最初は、病気なわけでも
鬱症状があるわけでもない健康な自分が
カウンセリングを受けていいのだろうか・・・と躊躇いがありました。
しかし、萩原先生は、カウンセラーや対人援助職の方も受け入れていらっしゃることを知り、カウンセリングを受ける決心をしました。

萩原先生に会う前、どんな人だろう・・・と非常に緊張していたのですが、先生のお顔を拝見した瞬間、安心感を感じたことを今でも覚えています。

カウンセリングが始まってから、まだ4回目になりますが、数えきれないほどの気付きがあり、やってよかったと心から思います。

その中でも一番の発見は
自分はこんなにお喋りだったんだなあ・・・ということです。(笑)


私は、小学校高学年あたりから
周囲の人と関わる中で、ズレを感じるようになり
「私がおかしいんだ」と自らを責めて、徐々に言いたいことを我慢するようになりました。

自分の異質さがバレていないだろうか
・・・と他者の目を気にして過ごす日々で
自分の発する一言一言に、とても注意していました。

だからこそ、私にとって、人と話すことが非常に苦痛でした。

しかしながら、先生の前では、水を得た魚のように
いきいきと何も気にせず話すことができている自分がいたのです。

先生は、私の話がまとまらず、どんなに無茶苦茶な話をしていても
「何もおかしくないですよ」と言わんばかりに、ありのままの自分を受け止めてくれました。

普通、相手が私の話に対して、否定的な感情があれば、その人が言葉に出さずとも
表情や雰囲気ですぐ察知して私は口を閉ざすのですが、先生からは一切感じられませんでした。

それが嬉しくて、私は、毎回マシンガンのようにしゃべり倒してしまいました。

その中で、先生は適当なタイミングで鋭い質問や、目から鱗の落ちるようなFB(フィードバック)をして下さり

カウンセリングを重ねるごとに、なぜ自分がズレを感じ始めたのか、徐々に理解できてきて
長年繰り返してきた苦しみのループから、解放されてきているのを実感しています。

カウンセリングが、自分の成長につながったのは言うまでもなく
辛くなったらここに来ればいいんだ、と一つ心の拠り所ができたということが、本当に大きいなと思っています。

最後に、カウンセリングを考えていらっしゃる方に私から伝えたいことは

あまり身構えず
フラッと寄ってみた! という気軽な感覚で
行ってみてほしい、ということです。

私が相談員の仕事をしていても日々思うことですが

「私はまだまだ大丈夫」「もっと辛い人がいるし・・・」と謙虚すぎるが故に
誰にも相談できず
限界まで抱え込んでしまう方が山ほどいらっしゃるように感じます。

そんな方こそ、相談のハードルを上げすぎず
ちょっと愚痴を聞いてもらおうという軽い感じで
カウンセリングを受けてみてほしいです。

私自身も、しんどい時は萩原先生をはじめ、第3者にどんどん助けを求めていきたいと思っています。

・・・とはいうものの、どんな人に相談するかということも本当に大事ですよね。

自分自身、話してよかったと思える相談相手になれるよう
これからも精進したいと思います。


ただこれだけは言えます!
最後まで読んでくださった方は
もうお分かりかと思いますが

どこに行くか迷ったら
ぜひ森のこかげを利用してみてほしいです!



●●●●●●●

体験手記・目次