ご相談者の手記(加藤佳子さん・仮名)

カウンセリングを経験された方の体験手記です。

加藤佳子さん(仮名・28歳)

今から考えると、森のこかげでカウンセリングを受ける前には、「物事を完璧にこなさなくてはいけない」という思いに囚われていました。

しかも異常に人の目を気にして、自分で自分を追い込んでいたように思います。

カウンセリングを何度か受けていくうちに、自分の中でいろんな変化がありました。

しかし、すぐに悩みが消えて無くなるわけではなく、一番大切なのはカウンセラーさんと話す事をきっかけに、自分を理解しながら、少しずつ心のわだかまりを、解いてゆくことだと思います。



昔は誰かにヒドイ事を言われても、何も言い返せなかったけど、今は言い返せる強さが生まれました。

一見関係のない話の中に、自分自身を知るヒントが隠れていることがあるので、とにかく、自由に思いつくまま、いろんな話をしてみると、何かのヒントが見つかると思います。

私も、完璧に問題が解決したわけではありませんが、一歩一歩出来ることから、いろんな事にチャレンジしていきたいと思っています。
無理せず、ゆっくりと。


●●●●●●●

体験手記・目次