ご相談者の手記(MHさん)

カウンセリングを経験された方の体験手記を掲載しています。



機織美智子さん(仮名・50歳)

カウンセリングを通して私が経験したこと、ということで、書いてみたいと思います。

私には子ども二人、娘と息子がいます。
そして息子が高校2年の途中から学校へ行けなくなったため、学校をやめることになりました。

その頃は私自身、精神的にとても落ち込んでいる状態で、人に勧められて、ある親の会に参加し、そこでレポートを書くという宿題を与えられました。



そして書いたレポートを娘に見せたところ、娘は私のレポートを読んで、泣き出したのです。

「お母さんはひどい。いちばん悲しんでいるのは雄太(仮名)なのに、雄太が一番かわいそうなのに、それなのにお母さんは自分が悲しくて泣いている。

実は私も高校の時に、不登校をになってもおかしくない子どもだった。でも、それをすると面倒な事になるので、私は我慢して学校へ通った。

私の高校生活はあってないようなものだ、無に等しい」そう娘が言うのです。

私はショックで、愕然としてしまって。
それまでの私は、ただ学校に行ってさえくれたら、という気持ちだけで接していたのです。



私は子どもの頃、父と母、特に母の愛情というものを、上手く言えないのですが、なにか遠くにしか感じられずにいました。
カウンセリングでも、特に母のことについて話すことを避けたい、話したくない、という気持ちが強くて、どうしても話せない時期が続きました。

夫については、今から考えると、私は夫に父親像を求めすぎていたのかも知れません。

夫はとにかく自分の意見を絶対に押し通すところがあって、もう何を言っても無駄だ、という思いになっていました。子どもをかばおうとすると「お前は黙ってろ!」と、大声で怒鳴られたり。

そんなことから、私は夫の前では自分の言いたいことを、少しも言えなくなっていました。



ある時、カウンセリングの中で「結婚できましたか?」と訊かれました。何を言っているのかな、と思って、なんて答えていいのか分かりませんでした。

それで家に帰って夫に、そのことを話してみました。すると夫は少し考えてから

「結婚というものは、お互いになんでも話せて、許し合えて、お互いに助け合っていけると思った時に、決意するものじゃないか。
おれはお前と結婚したとき、そう思って結婚した。なのにお前は、何か奥歯に物の挟まったような、なにか一呼吸置いてから話しをする。
この家では、お前がまずおれになんでも言えるようになることが先決だ」と言ったのです。

私は、本当に何を言ってもいいの? 本当にいいの? という感じで、少しずつ今まで持っていた不満を、言い始めたのです。
すると夫は、今までなら絶対に怒り出すようなことでも、聞いてくれるようになりました。



そして私が夫に不満を言うようになると、今度は娘も、私と夫に不満をぶつけてくるようになったんです。

「私はハッキリいって勉強ばっかりさせられてきた。一つの方向だけ与えられて、そこからはみ出すことを許されなかった」とか。

「本にしても服でも音楽でも、お母さんたちの気に入るものしかやらせてもらえなかった。それにお母さんには自分自身というものがない。他人から見た自分というものしかない」そんなことを娘が言うのです。

それまでは家の中に、張り詰めたような空気がいつも流れていて、家族で何かを話し合うという雰囲気はなかったのです。それがいつの間にか、皆んなすきな事を言い始めるようになっていました。

そして気がついてみると、娘の洋服が変わっていました。美容院に行くのが嫌だといって、長く伸ばしていた髪を突然短く切ってきたり、息子も、父親と一緒にご飯を食べるのは嫌だといって、絶対に一緒に食事をしなかったのが、一緒に食べるようになっていました。

そして「うちの親父も、普通の親父になりさがった」と言ったんです。



ある日、夫が「もし今子育てをしていたら、もっと違う子育てが出来るような気がする」とポツリと漏らしました。すると娘が「それって子育てに失敗したっていうこと? 私たちは失敗作ってことなの?!」って父親に食ってかかったんです。

娘が夫に対して、そういう口がきけるというのは、今までなかったことなんです。だから私は、本当に嬉しかったんです。

いろいろなことを経験して、私は、とにかく自分のブライドの高さとか、虚栄心をなんとか捨てたいと思って、勤めを変えたんです。
それまでの仕事とはまったく違う仕事に就きました。

これからは、子どもにも夫にも、自然で無理のない自由な気持ちで接していかれたら、と思っています。


●●●●●●●


・・・・・・・・・・

ご相談者からの言葉・感想






カウンセリング案内

ご相談内容

カウンセリングをお考えの方へ

・・・・・・・・

カウンセリングの前に

ご質問にお答えして/ 目次

・・・・・・・・

体験手記・目次

ご相談者からの言葉・感想












Copyright(c) カウンセリング森のこかげ.