ご相談者の手記(外畑広江さん・仮名)

カウンセリングを経験された方の体験手記です。

外畑 広江さん(仮名・52歳)

今では大人から子どもまで、スレトスという言葉を普通に使っています。

私も、なんとなく分かったつもりで
気楽に使っていました。

でも本当は、そのストレスが何処から生まれてくるのか、殆どの人は、分からないように思います。

カウンセリングを経験するまで
何より私自身がそうだったからです。



毎日いつも何かにイライラして
不満やイライラを
夫にぶつけている自分がいました。

でもある時
このままだと夫婦関係が壊れていく。
なんとかしたい、と思いました。

自分にも何か問題があるなら
解決したいと思い
いろいろ探しているうちに
森のこかげのサイトを見つけて
カウンセリングに申し込みました。


自分のことを先生に話していくうちに
自分が本当は
何に対してイライラしていたのか。

どんなことを相手に一方的に期待して
勝手に不満やストレスを募らせていたのか。

気がついた時にはショックと同時に
目からウロコが落ちた思いがしました。

悩み多き私は
現実に満足できないところが
とてもあったのです。


今は現実を現実として受け入れて
できる事を少しずつやりながら
進んでいくようにしています。

カウンセリングがきっかけになって
夫婦関係を見直すことができて
いま夫と一緒に終の住み処を
見つけることが出来ました。


●●●●●●●

▷▷ ご相談者の体験手記・目次