ご相談者の手記(HKさん)

カウンセリングを経験された方の体験手記を掲載しています。



上山英樹さん(仮名・35歳)

体験手記 1
8回目の面談後のものです。


人間関係で何かストレスを強く感じると、
そこから逃げたい気持ちが強く働いて、
なんだかんだと理由をつけては

学校や会社を
転々と変えてしまうことを
10年以上も繰り返していました。

実家にいた時期が長かったので、
金銭的に楽な環境が
そういう行動に拍車をかけていた
とは思います。

でも一人暮らしを始めて
生活が苦しい時もそれは変わらず、
何故そうなってしまうのか
理由を、自分でも掴めませんでした。



私は、人の表情をすごく気にします。

そして、相手の表情の中に
強い不快感のような、あるいは
怒りのようなものを感じると

それが自分に向けてなのかどうか
定かでない時も、
そこから、とても逃げ出したくなります。

「単に臆病なだけ」
「ケンカらしいケンカの経験がないから」
などと、自分では思っていました。

でも今は、本当の理由は
別に幾つかありそうだ、と思っています。

その一つは、
先生と話していて気づいたのですが

愛情が欲しかった自分は、
理由は分りませんが

「いろんな事を常に心配しないと
 愛情が貰えない」と
幼子心に思っていたようで、

それ以後は、
クセのように(無意識に)
それを行なうようになっていました。



幼い頃の記憶は曖昧ですが、
そんな風に思えるようになってから

少し、肩の荷が
軽くなったように思います。

気にし過ぎる傾向が少なくなり、
余りクヨクヨ悩まなくなった感じです。

カウンセリングは
身近な人には話しにくいような話を
ちょっと聞いてもらうようなつもりで、
試しに行ってみるのも
良いかと思います。


体験手記 2
13回目でのカウンセリング終結後に
書かれたものです。



カウンセリングを通して、
人とコミュニケーションをとることに対して、大きな怖れを持っている自分に、改めて、気づくことが出来ました。

高校時代に登校拒否をしていたことを始まりに、
社会人になってからも、人と関係を作ることを苦手として、人とのコミュニケーションを、避ける傾向がありました。

人とコミュニケーションをとる時に、どうして良いのかよく分らない事が多く、
いつも逃げ腰になっていたように、今は思います。



人から見れば、簡単に分る事だったかもしれませんが、自分が「見たくない自分」を見つめることは、自分の力だけでは難しいことで、自分だけでそれに気づくことは、うまく出来まないものだということが、今は分かります。

でもカウンセリングを通して、「見たくない自分」を、少しだけ見ることが、私も出来たように思います。



お陰で、人とコミュニケーションを図る時も
心の奥にある自分の気持ちを、理解できているので変な怖れを抱かずに、

以前に比べて積極的に、人と話せるようになったと思います。

また、うまく話せない時にも、理由がだいたい分るので、そんな自分にイラつくことが、減ったようにも思います。


●●●●●●●


・・・・・・・・・・

ご相談者からの言葉・感想






カウンセリング案内

ご相談内容

カウンセリングをお考えの方へ

・・・・・・・・

カウンセリングの前に

ご質問にお答えして/ 目次

・・・・・・・・

体験手記・目次

ご相談者からの言葉・感想












Copyright(c) カウンセリング森のこかげ.