ご相談者の体験手記(MOさん)

カウンセリングを経験された方の体験手記を掲載しています。



大林美都子さん(仮名・40歳)

カウンセリングという言葉は
いろいろな所で使われているので
知ってはいても、
心理的なカウセリングが
どういうものなのかは知らず、

ただ話をするだけで何が変わるのか、
料金の価値があるのだろうか、
などと思っていました。



家庭や子どもの問題を
自分でどうにか乗り越えようとして来て
行き詰まってしまい、

どうしていいか分らなくなった時に、
もしかしたら何か・・・
と、まさに藁にもすがる思いで
ホームページから申し込みをしました。

最初に伺ったときは
いま思うと、精神的に
普通じゃない状態だったと思います。

でも先生と対話をしていると、
「あれ?」と思うことが出てくるのです。

そして、次のカウンセリングまでの間
そのことを考えてみる・・・。



それを続けるうちに、

親との関わり・生まれ育った環境
・・・記憶にないところから
ずっとつながったところに、

今の問題を抱えた私がいるんだ・・・
と分ってきたのです。

自分では当然と思っていることも
もしかしたら
そうではないのかも知れない・・・。

でもその固定観念は、
自分だけで考えていても
「自分の枠」から出ることは難く、

こうして整理しながら考えてゆくことで
少しずつ分ってくるものだと
実感しました。



あの時カウンセリングに行ってみよう
と思えなかったら
いま頃どんな日々を送っていたのか。
考えると、ちょっと怖いものがあります。

まだ道の途中ですが、
心配事のひとつであった
子どもとの関係について、

子どもを本当に心からかわいい
愛おしいと思えるようになったことは
とても嬉しく、本当に感謝しています。

子どもはかわいくて
一生懸命育てているけど、
何故か気持ち良く関わってあげられない。

心の何処かに
何かがひっかかるような気がする
・・・というお母さんがいらしたら、

カウンセリングでお話しをしてみるのも
ひとつかもしれません。



・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

上の体験談に続いて、
書いて下さったものが下の詩です。


   鏡 ~ かがみ ~

本当の自分が何を感じているのか、と
観察していると

感情には理由があるんだな、と
考えるようになった。

初対面で人に会ったときに
好ましく思うとか
嫌な感じに思うとか

人の言動に反応したり
気持ちがざわめいたり
緊張したり まったくしなかったり。

あまりにも日常の 当然すぎて
気にも留めていなかったところに
自分が自分である理由のヒントが
たくさんあって・・・・

相手に何かを感じるということは
相手に映った
自分を感じることなんだな、と思う。



●●●●●●●


・・・・・・・・・・

ご相談者からの言葉・感想






カウンセリング案内

ご相談内容

カウンセリングをお考えの方へ

・・・・・・・・

カウンセリングの前に

ご質問にお答えして/ 目次

・・・・・・・・

体験手記・目次

ご相談者からの言葉・感想












Copyright(c) カウンセリング森のこかげ.