メンタルヘルスを考える 

案山子(かかし)モデルと
 弥次郎兵衛(やじろべえ)モデル


「メンタルヘルス」とは、直訳すると
「精神衛生」となるのかも知れませんが、

実際には、
心の健康のあり方、という意味だったり。
あるいは
ストレス対策としての心のケアを指して、
使われることが多いようです。

そういう意味では、時折
メンタルヘルスのあり方について、
間違ったイメージをお持ちの方が
いらっしゃいます。

間違ったイメージというのは、

メンタルの健康のあり方というのが
ブレない」だとか、
揺れ動かない
バランスを崩さないように
 自分をコントロール出来る

・・・などのイメージで、
口にされることが多いように
感じるのです。

こうした姿を指して
「メンタルが強い」と云ったりします。


上のようなイメージを、わたしは
案山子(かかし)モデル〟と呼んでいます。

案山子モデルの対照が
弥次郎兵衛(やじろべえ)モデル〟です。

意外に思われるかも知れませんが、

「ブレないこと」
「揺れ動かないこと」が
メンタルヘルスとしての
わたしたちが目指す姿ではない気がします。

たとえば、弥次郎兵衛は何かあると
たえずフラフラと揺れ動いて、
不安定に見えるかも知れません。

来るものに合わせて
時に、大きく左右に揺れ動きます。

でも右に傾いても、左に傾いても、
いつもその都度
バランスの取れる位置に
自ら戻ることが出来ます。

そのまま行きっ放しになるのではなく、
やがて本来の自分の場所に
戻ることが出来る。

それに対して案山子はどうでしょう。



たしかに、雨が降っても風が吹いても、
微動だにせず
しっかりと立っているように見えます。

でもそれは、
少しでも・一度でも、傾いてしまうと
自分自身では、もう二度と
元には戻れなくなるからです。

そのままの格好で
必死に足を踏ん張って
頑張り続けるしかないからです。

もちろん、
弥次郎兵衛にも限界というものが
自ずから在ります。

しかしメンタルヘルスのあり方とは、

案山子の硬さではなく
弥次郎兵衛の柔らかさを、
目指すものであって欲しいと思います。

そのような認識が
広く行き渡るようであって欲しいと、
思ったりします。


カテゴリーこころ ストレス 身体